青春18きっぷを金券ショップで売り買いするつもりの人が注意すべき3つのこと

あなたにおすすめのサービス
2017春の青春18きっぷ見本

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

3月1日から春の青春18きっぷが利用できるようになっています。青春18きっぷを毎シーズン利用している方の中にはJRで購入している人も多いと思います。でも、金券ショップでも青春18きっぷの未使用券(5回券)は300円ほど安く購入できますから、毎回金券ショップを利用しているという方もいると思います。

先日「青春18きっぷの1回券・2回券が金券ショップでまだ購入できない理由」という記事を公開しましたが、今回は青春18きっぷを金券ショップで購入する方や、金券ショップに使いかけの青春18きっぷを売却する予定の人が注意しておいた方がいい3つのことについてお伝えします。

あなたにおすすめの記事

金券ショップではなんで青春18きっぷを安く売っているの?

疑問|質問|分からない|なぜ

店頭で青春18きっぷを販売している時に、たまにお客様から「なんで金券ショップでは青春18きっぷを安く販売しているの?」と聞かれることがあります。

私が働いている金券ショップでもそうなのですが、基本的には旅行会社などと提携をして、「今シーズンは○枚売るからちょっと安く卸売してくれない?」といった交渉をしながら青春18きっぷを仕入れるようにしています。

他のサイトなどで、金券ショップの新幹線回数券や青春18きっぷはカード現金化によるものだから購入しない方がいいという話もありますが、正直なところカード現金化で入荷する商品数では販売数に全然足りないというのが現状です。

店舗の立地などにもよりますが、金券ショップでは青春18きっぷを1シーズンに200枚程度は売るのが普通で、立地の良い店舗になると数千枚販売するようなところもあります。

新幹線格安チケットの場合は、同じ金券ショップでも都心や地方などに店舗があるといった条件でも販売数は変わってきます。しかし、青春18きっぷの場合は都心なら東京-大阪間などで利用できますし、東北地方や九州地方、中国地方などでは青春18きっぷを利用するメリットがかなり大きくなります。

なので、青春18きっぷは駅に近いかどうかなどの立地条件やJR在来線の使い勝手のよさなどで違いが出る程度で、どこの金券ショップでも非常に人気のある商品となっています。

青春18きっぷをJRで買うのと
金券ショップで買うのは何が違うの?

ポイント|理由|おすすめ|チェック

青春18きっぷの利用方法や利用条件に関しては、JRで購入したものでも金券ショップで購入したものに違いはありません。ですが、1点だけJRで購入した青春18きっぷと金券ショップで購入した青春18きっぷに違いがあります。

それは、5回分未使用の場合にJRの切符売り場で返品・返金ができるかどうかになります。

JRで購入した青春18きっぷは、利用期間内であれば所定の手数料(現在は220円)を払えば払い戻し(返品・返金)に対応してもらうことが可能です。

現金で購入した青春18きっぷであれば、基本JRの駅であればどこでも払い戻しが可能ですが、クレジットカードで購入した場合や、旅行会社の窓口で購入した場合は、購入した窓口でなければ払い戻しに応じてもらえないことがほとんどです。

金券ショップで青春18きっぷを購入した場合、仮に5回分未使用であったとしても払い戻しに応じる金券ショップはありません。

この理由は、最初に紹介した金券ショップと旅行会社などとの取引に関係することで、金券ショップでは○枚売るから安く卸してくれという交渉をしているのに、旅行会社に売れなかったから返すといったことはできないことが原因です。

仮にこういった行為を行えば、金券ショップが旅行会社などとの取引が完全に不可となってしまうリスクがあります。また、問題が大きくなってしまった場合は、全国の金券ショップにまで問題が飛び火する危険も孕んでいます。

そのため、たとえ未使用であっても金券ショップで購入した青春18きっぷは払い戻しをしてもらうことはできません。

ただ、JRで購入した青春18きっぷでも、1回でも利用してしまったら払い戻しは不可になりますから注意をしてください。

金券ショップが提示している買取金額や買取期限は
絶対に守られるものではない

チェック・ポイント・注意

この点を誤解している方も多いのですが、金券ショップで提示されている青春18きっぷの買取金額や買取期限は、必ずその金額で行うというものではありません。

金券ショップが行っているのはあくまでも中古品の売買ですから、青春18きっぷのバラ券におおよその買取期限を設定し、おおよその買取価格を記載しているにすぎません。

中古ゲームなどでも、発売初日には高価買取の金額を掲示していても、日が経つにつれて買取金額が下がってくることはよくあることだと思います。

青春18きっぷも中古品という性質からこの例に漏れず、買取金額が変わってしまうリスクというのは少なからずあるのです。

ただ、金券ショップが都合よく買取金額を変えるようなことを行っていては、お客さんが離れてしまうので、ほとんどの金家ショップでは維持できる買取金額を提示しています。しかし、地震などの天災や、店舗の買取状況・在庫状況などによっては価格が変更されてしまうこともあるというのは注意しておくべき点です。

また、多くの金券ショップでは自店舗で購入してもらった青春18きっぷの方を他店舗(JR含む)で購入した青春18きっぷより高く買取する(A買取・B買取)設定をしていることが多いです。その場合、他店舗で購入した青春18きっぷの買取価格の方が金券ショップの都合で変更されることが多いという点もよく覚えておいてください。

金券ショップとしても、自分のお店を利用してくれたお客様の買取金額を下げることは信用を失うことにもつながるのであまりやりませんし、やるとしてもそれは最後の手段としているはずです。

しかし、他店舗で購入した青春18きっぷなら話は別です。自店の在庫が多くなってしまったら買取金額を下げればいい話ですし、何より高い買取金額を提示しているライバル店舗がその提示した金額で買取していないことが容易に予想できるので、他店舗からの買取が増えてきた時点で買取金額が下げられてしまうというのもよくある話です。

なので、金券ショップで購入した青春18きっぷを購入した店舗以外で売ろうと考えている人は特に注意しておいた方がいいです。よっぽどの理由がない限り、購入した店舗に買取依頼をすることをおすすめします。

この記事をご覧の方には「青春18きっぷのレンタル方式について説明している」もおすすめです。

金券ショップでは青春18きっぷをレンタル方式で販売しています。でもレンタル方式って何だろう?住所や名前は書きたくないんだけどな…。なんて方のために今日は青春18きっぷのレンタル方式について紹介します。

青春18きっぷを実際に利用している
おすすめの旅行記事を紹介

当サイト”なぜなに金券ショップ”が勝手に応援している旅行情報WEBサイトのSPOT(スポット)」が青春18きっぷを使った旅行の参考になるおすすめの記事「青春18きっぷで日本縦断。丸5日間、14,150円で最南端の鹿児島から稚内まで行ってみた[PR]」を作成しました。

この記事は駅メモ!という全国9,000ヶ所以上ある駅を対象とした位置ゲームのPRです。青春18きっぷと相性もいいゲームですから、この機会に遊んでみるのもいいかもしれません。

5日間の移動については、1日目は九州地方、2日目は山口から大宮まで、3日目は大宮から青森まで、4日目は青森から札幌まで、5日目は札幌から稚内まで移動しています。

なお、4日目の移動では「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も利用しています。たまにPR要素が出てきますが、青春18きっぷを実際に利用したらどんな旅行になるのか雰囲気をつかむのにおすすめの記事です。

青春18きっぷを使い日本を縦断した記事をお届け!今回の旅では、旅の記録にアプリ「駅メモ」を使用。実際に行った駅全てでチェックインし、使用した鉄道のルートや、所要時間、料金まで細かくレポートいたします。青春18切符で日本縦断をする中でも、最短の「5日間」で達成したその記録をとくとご覧ください。(読了時
ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

モバオクに便利なアプリが登場しました

青春18きっぷの購入など、金券の購入はヤフオクを利用するのがおすすめですが、利用者が若干少ないモバオクの方が穴場になっていて安く購入できるかもしれません。

iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

青春18きっぷの旅行の際に便利なグッズ

青春18きっぷを利用して旅行する際にあると便利なグッズを紹介します。
時刻表 ネックピロー アイマスク
このページをご覧の方には下記の関連記事もおすすめです。
あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする