東武鉄道株主優待券の使い方|お得になる区間・料金のまとめ

あなたにおすすめのサービス
東武鉄道株主優待券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

今回は「東武グループ」で親しまれている東武鉄道の株主優待券を紹介します。

東武鉄道の株主優待券は、乗車証の定期券タイプと切符タイプ、東武動物公園の入園券などが含まれる冊子タイプの株主優待の3種類があります。

東武鉄道の公式サイトにも記載がありますが、株主優待券の配布は年に2回で、送付される時期は6月上旬、12月上旬となっています。それぞれの配布時期と有効期限の関係は下記の通りです。

  • 6月上旬送付の株主優待券:同年12月31日まで
  • 12月上旬送付の株主優待券:翌年6月30日まで

なお、金券ショップでの販売価格は750円~850円程度となっているようです。東武鉄道は最大で1,550円の区間があるので、かなりお得になるチケットと言えるでしょう。また、買取価格は550円~650円が相場となっています。

ヤフオクの落札価格相場は次の通りです。

  • 定期券タイプ:72,000円~88,000円
  • 切符タイプ:700円~750円
  • 冊子タイプ:900円~1,000円

それでは、東武鉄道株主優待券の主に乗車証(切符タイプ)をメインに紹介します。

この記事をご覧の方には「西武鉄道株主優待券の使い方|お得になる区間・料金のまとめ」も参考になります。

株主優待券が配られる時期になってきました。権利確定の早い株主優待券はもう配られ始めていますね。 今日は「西武グループ」で親しまれている西武鉄道の株主優待券を紹介します。
株主優待をもらうには証券口座の開設が必要です。1日合計10万円以下の株取引手数料が無料で初心者も始めやすい松井証券がおすすめです。

あなたにおすすめの記事

切符タイプの株主優待券の特徴

紹介|案内|利用方法

東武鉄道では、3,000株以上の株式を取得している株主を対象に株主優待券を発行しています。3000株以上取得すると、東武鉄道株主優待券(切符タイプ)が4枚渡されます。

同じく5,000株以上で10枚、1万株以上で20枚、15,000株以上で30枚、2万株以上で40枚、25,000株以上で50枚配布されます。29,000株以上になると定期券方式の電車全線優待乗車証が1枚配布されます。

58,000株以上所有している人には先ほども定期券方式の優待乗車証1枚と東武鉄道株主優待券(切符タイプ)が50枚渡されます。さらに29,000枚以上の株式を3年以上にわたって保有し続けた人には、東武鉄道株主優待券(切符タイプ)が追加で10枚配布されます。

株主優待券の使い方

東武鉄道株主優待券(切符タイプ)は、いわゆる回数券タイプで発行されます。電車に切符を使って乗車するときと同じような感覚で利用できます。

すなわち改札機に切符を入れて、受け取ります。そして下車するときには改札機に再度切符を入れて回収してもらうような形式です。1回の乗車で1枚有効になりますから、途中下車して再度東武線を利用する場合には、もう1枚新しい優待券を提示する必要があります。

もし行き帰りに東武電鉄を利用する予定があれば、2枚株主優待券を持参する必要があります。東武電鉄では特急も運行していますが、特急列車に乗車する場合には、優待券だけではだめで、特急券を購入しなければなりません。

また東武電鉄の株主優待券とPASMOやSuicaのようなICカード乗車券、並びに定期券を併用することは改札機ではできません。もし併用を希望するのであれば、駅窓口の係員に伝えることです。

切符タイプの株主優待券の利用可能区間

チェック・ポイント・注意

東武鉄道株主優待券(切符タイプ)は、東武鉄道であれば前線で利用することができます。ただし先ほど少し紹介したように、あくまでも1回の乗車で1枚使える切符と同じシステムをとっています。

このため、例えば移動するにあたって間に他社線を利用した場合には、優待券が目的地まで到着するために2枚必要になります。たとえば本線系統を利用して、その後他社線に乗り換えて、また東上本線を利用するルートを辿ったとします。

この場合間に他社線が入ってしまっているので、他社線を利用した時点で株主優待券の効力はここでいったん切れてしまっています。このように東武鉄道の範囲内で1回利用するシステムになります。

できるだけ無駄に優待券を使いたくないと思っているのであれば、他社線を使わずに目的地に行く方法を路線図など見て検討することです。

東武鉄道株主優待券(切符タイプ)を利用するにあたって注意すべきこととしてもう一つ、有効期間が定められていることもチェックしておきましょう。

例年東武電鉄では、年に2回優待券の配布を実施しています。6月と12月に条件を満たした株主に対して、優待券を発行しています。6月発行のものは12月31日まで、12月発行の分に関しては翌年の6月30日までが有効期限となります。

東武鉄道株主優待券(切符タイプ)の株主優待を受けている人は、その時までに切符を使いきらないと紙切れになってしまいますから注意です。

ヤフオク落札価格相場

価格相場|価格比較

先ほども紹介したように東武鉄道株主優待券(切符タイプ)には、有効期限が設けられています。この有効期限までにお手持ちの優待券を使用しきれないと思ったのであれば、売却を検討しましょう。

このような株主優待券は、金券ショップで買取してくれます。その他にもネットオークションに出品すれば、買い手の付く可能性もあります。

オークファンというネットオークションにおける落札状況を見てみると、東武鉄道株主優待券(切符タイプ)1枚あたりで、700~750円程度の価格で落札されている事例を数多く見かけます。かなり高めの値段がついていますから、自分で使用しなければ、ヤフオクに出品するのもいいでしょう。

東武鉄道は東京と北関東まで、広範囲に路線を展開しています。遠出をする時にも活用できる路線のため、購入したいという人も多く、多少お金を出しても欲しいと考える人も少なくありません。

プラスアルファをつけて出品すると、さらに良い値のつく可能性があります。オークファンの過去の実績を見てみると、中には東武動物公園特別入園券も付けて優待券をオークションに出している事例がいくつかあります。

東武鉄道株主優待券の冊子タイプは、単品で出品した場合900円~1,000円程度の落札価格相場となっています。なので、単純に株主優待乗車証と株主優待冊子の価格相場を足した落札価格になることが多いです。

私鉄の株主優待券はここで紹介した株主優待券と同様の仕組みになっているものがほとんどです。切符タイプの乗車証、定期券タイプの乗車証、グループ企業で利用できる冊子になっていることが多いです。

鉄道系の株主優待券カテゴリーにそれぞれの情報をまとめています。よかったらこれらのページも参照ください。

ヤフオクの落札価格相場が簡単に分かる!?
オークションの落札価格相場はオークファンで検索

 オークファン会員登録

 初心者から上級者まで、
 オークションに興味のある方に朗報です
 格安での落札、不用品処分はもちろん、
 お小遣い稼ぎ、副収入、副業などに
 役立つノウハウとツールを一挙に提供!!

オススメ

オークションの落札相場を知りたい方は、オークファンの無料会員を利用するのがおすすめです。メールアドレスとパスワードの設定だけで登録初日から利用できます。無料会員では落札相場は過去6ヶ月までしかありませんが、一番安い有料プランのライトプランなら、月額324円で過去10年間の落札相場の検索ができます。

月額980円のプレミアム会員になれば、月1,000回まで期間をまとめて検索ができて便利です。ただ、これは個人輸入や金券ショップなど事業をやっている方が対象になるプランでしょう。個人の利用なら無料プランかライトプランで十分です。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

モバオクに便利なアプリが登場しました

青春18きっぷの購入など、金券の購入はヤフオクを利用するのがおすすめですが、利用者が若干少ないモバオクの方が穴場になっていて安く購入できるかもしれません。

iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

この記事をご覧の方には「JR東日本株主優待券の使い方|お得になる区間・料金のまとめ」も参考になります。

JR東日本株主優待券を使った場合お得になる区間と料金についてです。東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、秋田新幹線の主要区間と割引価格比較表を東京駅発着で紹介します。新青森、盛岡へ行かれる方はぜひ参考にして下さい。なお、JR東海とJR西日本、JR九州の株主優待券についても情報を調べて記事にしていきます。
あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする