2017年春ムーンライトながらの情報|青春18きっぷのお得な利用方法

あなたにおすすめのサービス
ムーンライトながら

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

2017年春の間もJRはムーンライトながらを運行するようです。

私もそろそろ時期になると思って検索などで調べていたんですけど、全然検索だと出てこないんですよね。JRのプレスリリースをチェックしてみてようやく気付きました。

今回は青春18きっぷを使う方はよくご存じのムーンライトながらについてです。

ぜひ最後までご覧ください。

青春18きっぷの基本情報についてはこちら

春・夏・冬のそれぞれの時期で販売・利用が始まる青春18きっぷをご存知でしょうか?青春18きっぷは1回分2,370円で1日乗り降り自由となる特別切符で、意外かもしれませんが利用に年齢制限はありません。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

ムーンライトながら最新情報についてはこちら

2017年~2018年冬の間もJRはムーンライトながらを運行するようです。今回は青春18きっぷを使う方はよくご存じのムーンライトながらについてです。

あなたにおすすめの記事

ムーンライトながら最新情報
青春18きっぷのお得な利用方法

ムーンライトながらって何?

疑問|質問|分からない|なぜ

ムーンライトながらは、東京駅 – 大垣駅間東海道本線経由で運行する夜行快速列車です。青春18きっぷの発売期間にほぼ合わせる形で1日1往復が運転されています。

ムーンライトながらの時刻表

時刻表は夏の期間と変わらずとなっています。

東京23:10→名古屋5:22→大垣5:51
大垣22:49→名古屋23:20→東京5:05

ムーンライトながらの運転日

東京発 23:10  3/17~3/25運行
大垣発 22:49  3/18~3/26運行

ムーンライトながらの指定席料金

指定席料金も夏の期間と変わらずです。

ムーンライトながらに乗るには、乗車券のほかに指定席券が必要です。基本的には520円ですが、閑散期は320円(冬の期間はなし)になります。

停車駅の紹介

東京駅|停車駅

ムーンライトながらの停車駅は上り線と下り線で若干違いがあります。

上り線の停車駅

東京駅 – 品川駅 – 横浜駅 -沼津駅 – 静岡駅 – 浜松駅 – 〔豊橋駅〕 – 名古屋駅 – 岐阜駅 – 大垣駅

※〔〕内が上り線のみの停車駅です。

下り線の停車駅

東京駅 – 品川駅 – 横浜駅 – (小田原駅) – 沼津駅 – 静岡駅 – 浜松駅 – 名古屋駅 – 岐阜駅 – 大垣駅

※()内が下り線のみの停車駅です。

 青春18きっぷを利用してムーンライトながらを利用するには

ポイント|理由|おすすめ|チェック

青春18きっぷは乗車券のみの利用が可能なので、ムーンライトながらを利用するには、上で紹介した料金の指定席券が別途必要です。

東京駅から大垣駅に行く場合のお得情報

東京駅から大垣駅に行く場合、普通に購入した場合の乗車券代は6800円になりますが、小田原から大垣までは当日中に運行するので、青春18きっぷを使った方が安くなります

その場合、東京-小田原間1490円+2370円=3860円となり、乗車券代を2940円も安くできます。

※青春18きっぷ1回分を5回分÷5で計算(11850÷5=2370)

青春18きっぷを2回分利用してもいいのですが、1490円<2370円のため、東京-小田原間は普通に切符を購入して利用した方がお得になります。

大垣駅から東京駅に行く場合のお得情報

大垣駅から東京駅に行く場合も、普通に購入した場合の乗車券代は6800円になりますが、豊橋駅から東京駅までは当日中に運行するので、ここでも青春18きっぷを使った方が安くなります

その場合、大垣-豊橋間1940円+2370円=4310円となり、下り列車ほどではありませんが、ここでも乗車券代を2490円も安くできます。

※青春18きっぷ1回分を5回分÷5で計算(11850÷5=2370)

ここも、青春18きっぷを2回分利用してもいいのですが、1490円<2370円のため、東京-小田原間は普通に切符を購入して利用した方がお得になります。

指定席切符の販売開始日の注意点

チェック・ポイント・注意

ムーンライトながらは青春18切符利用者に大人気の列車で、なかなか予約を取れないことでも有名です。

通常、JRで指定席券を購入する際は、最速でも1ヶ月前にならないと購入できないので、目的の日付のムーンライトながらの指定席券を購入するために、販売開始日に購入することを目指す必要があります。

1ヶ月前っていつから考えて1ヶ月前なの?

ここで注意しておきたいのは、1ヶ月前は乗車日の1ヶ月前で考える方が多い点です。

実際には、指定席券の発売開始は「乗車する列車が始発駅を発車する日の1か月前の10時」となっているので、日付が変わった後に停車する小田原以西から下り列車に乗車する予定で指定席券を購入する場合にも、発売開始日を「乗車日の1か月前」と誤認していると、同日の10時に購入しようとしても既に完売となっている場合があるのです。

つまり、7月25日に小田原駅から大垣駅にムーンライトながらを利用して旅行に行こうとした場合、指定席券が購入できるのは、7月24日の10時からとなるということです。

確かに、小田原駅を出るのは7月25日なのですが、その列車は東京駅を7月24日に出発しているので、1ヶ月前を7月24日とみなすということです。

ムーンライトながらなど、夜行列車を利用する際には、十分に注意した方がいいですね。

青春18きっぷを実際に利用している
おすすめの旅行記事を紹介

紹介|案内|利用方法

普段は慌ただしくてなかなか夜行列車などに乗ったりできないと思います。でも夏休みなど時間がある時に合わせて、青春18きっぷを使ってお得に列車の旅なんかもすごく素敵だなって思います。

お店でもよく聞かれることなので、勉強がてら調べてみました。お役にたてれば幸いです。

さて、当サイト”なぜなに金券ショップ”が勝手に応援している旅行情報WEBサイトのSPOT(スポット)」が青春18きっぷを使った旅行の参考になるおすすめの記事「青春18きっぷで日本縦断。丸5日間、14,150円で最南端の鹿児島から稚内まで行ってみた[PR]」を作成しました。

この記事は駅メモ!という全国9,000ヶ所以上ある駅を対象とした位置ゲームのPRです。青春18きっぷと相性もいいゲームですから、この機会に遊んでみるのもいいかもしれません。

5日間の移動については、1日目は九州地方、2日目は山口から大宮まで、3日目は大宮から青森まで、4日目は青森から札幌まで、5日目は札幌から稚内まで移動しています。

なお、4日目の移動では「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も利用しています。たまにPR要素が出てきますが、青春18きっぷを実際に利用したらどんな旅行になるのか雰囲気をつかむのにおすすめの記事です。

青春18きっぷを使い日本を縦断した記事をお届け!今回の旅では、旅の記録にアプリ「駅メモ」を使用。実際に行った駅全てでチェックインし、使用した鉄道のルートや、所要時間、料金まで細かくレポートいたします。青春18切符で日本縦断をする中でも、最短の「5日間」で達成したその記録をとくとご覧ください。(読了時

モバオクに便利なアプリが登場しました

青春18きっぷの購入など、金券の購入はヤフオクを利用するのがおすすめですが、利用者が若干少ないモバオクの方が穴場になっていて安く購入できるかもしれません。

iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

青春18きっぷの旅行の際に便利なグッズ

青春18きっぷを利用して旅行する際にあると便利なグッズを紹介します。
時刻表 ネックピロー アイマスク
このページをご覧の方には下記の関連記事もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする