金券ショップの新幹線回数券だけじゃない!?新幹線格安チケットを購入する方法

あなたにおすすめのサービス
新幹線格安チケット|新幹線回数券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

旅行や出張で一番頭を悩ませるのは移動にかかる新幹線代やホテル代ですよね。私も最近彼女と旅行に行ったのですが、ホテルをどこにするかでずいぶん悩みました。

最近ではホテルの予約サイトも増えていますし、値段もサイトで全然違ったりしますから、そういう面でも悩むことがありました。

さて、遠出をする時には車より新幹線を利用してもらった方が移動時間の短縮にも繋がりますし、人数が少なければ料金も安くなります。

金券ショップを利用いただく方も、大体は出張か旅行で移動をするために格安チケットを購入するようです。

金券ショップで販売している新幹線回数券の利用方法や注意点に関しての関連記事もおすすめです。

単純に移動をするためだけなら金券ショップで新幹線格安チケットを購入するだけでいいのでお手軽ですが、1泊以上する場合はホテルの料金も関係してきますから、それぞれの料金をどうやって安くすればいいのか迷うことがありますよね。

そんな時はJR・新幹線+宿泊セットプランというお得なサービスがあるので、今回はこのサービスを紹介します。

新大阪の新幹線格安チケットをホテルと一緒に往復分購入して安くする方法も紹介しています。

今回は新大阪に行こうと考えている人のために、色々な駅から新幹線を利用して新大阪に行き、1泊して帰ってくる場合の料金を調べてみました。 今回利用するサービスは金券ショップの格安チケットではなく、JR・新幹線+宿泊利用のプランです。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

あなたにおすすめの記事

金券ショップの新幹線回数券だけじゃない!?
新幹線格安チケットを購入する方法

移動するだけなら金券ショップで
新幹線回数券を購入するのが最もお手軽です

旅行の場合はあまりないかもしれませんが、出張では日帰りになる場合も多いと思います。ホテルやレンタカーの利用がない場合では特に金券ショップで売っている新幹線格安チケットを購入するのが最もお手軽に新幹線の料金を安くできます。

例として「東京-新大阪」の新幹線格安チケットの金券ショップでの販売価格を見てみましょう。金券ショップはお店によって価格も違いますが、概ねどの店でも同じぐらいの金額になっています。

東京-新大阪の新幹線格安チケットは13,450円ぐらいになります。

定価は14,450円なので、片道あたり1,000円安くなります。

ちなみに、新幹線回数券のJR販売価格は82,140円ですので、1枚あたり13,690円となります。金券ショップでの販売価格の方がJRの回数券1枚あたりの値段より安くなっていますね。

ここで新幹線回数券の仕様について説明しておきたいと思います。

「東京-新大阪」の新幹線回数券はのぞみ指定の回数券となっています。

つまり、新幹線回数券を利用して指定席が取れるようになっているので、自由席の利用でさらに安くするという利用はできないようになっているのです。

ちなみに、東京-新大阪の新幹線自由席のJR定価は13,620円です。

金券ショップで売っている新幹線回数券の方が若干安くなっていますね。

新幹線回数券には利用できない期間があるなど注意点もあるので、関連記事もご覧いただくのをおすすめします。

関連記事:金券ショップで販売している新幹線回数券の種類と利用条件について

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

もっとお得な方法はないの?
エクスプレスカードの利用で
新幹線の料金は最も安くなります

エクスプレスカードについては以前の記事で少し触れていますが、年会費1,080円を払うことで、新幹線指定席特急券が通常より安く購入できるサービスとなっています。

年会費は別として「東京-新大阪」の新幹線チケットをエクスプレスカードを利用して購入すると下記の料金になります。

13,570円(e特急券+乗車券)

13,370円(EX-IC+EXきっぷ)

12,340円(IC早得)

通常のe特急券+乗車券の値段が13,570円なので、金券ショップで売っている新幹線格安チケットの方が安いのですが、JRで新幹線回数券を購入するよりお得になっています。

また、紙のチケットを一切利用しないEX-ICの場合はさらに200円安くなりますし、3日前までの購入で席数も限定されていますが、IC早得きっぷを購入すれば12,340円と、金券ショップの新幹線格安チケットよりもさらに1,000円近くも安く購入することができます。

あまりおすすめしませんが新幹線回数券を
自分で購入するのもありです

東京発着の新幹線格安チケットに関しては、JRで販売している新幹線回数券よりも1枚あたりの金額が安く設定されていることが多いので、特におすすめすることはありません。

ただ、東京以外の駅から乗降車する新幹線格安チケットの販売価格は、通常JRの新幹線回数券1枚あたりの金額+10円~50円程度となるので、新幹線回数券をJRで購入して自分で利用するのも1つの方法となります。

新幹線回数券を自分で購入する場合のデメリットは、6枚1綴りの回数券を3ヶ月以内に利用しなければいけないことです。

月1回程度出張をするような場合でも、必ず月1回行くというわけではないでしょうから、3ヶ月以内に使い切るというのはなかなか難しいのではないかと思います。

また、余ってしまった新幹線回数券を金券ショップに買い取ってもらう場合は、有効期限によって買取金額がかなり変動するので、定価の8割ぐらいになってしまうことも覚悟しておかなければなりません。

通常金券ショップでの新幹線回数券の買取金額は有効期限が2ヵ月半以上ないと買取率が下がってしまう傾向にあります。また、6枚セットではなく1枚あたりの買取金額の場合だと、さらに買取率が下がる傾向にあります。

普通に考えれば6枚セットのまま金券ショップに売却することは考えにくいのですが、これはクレジットカードの現金化が関係しています。興味のある方は関連記事を参照ください。

関連記事:カード現金化とは!?金券ショップの高い換金率に注目!!

カード現金化で一番よく知られている方法は、クレジットカードで新幹線回数券を購入して、そのまま金券ショップなどに売却してしまうことです。金券ショップではカード現金化の際に非常に高い換金率が提示されていることでも有名です。 今回はこのカード現金化について説明していきます。

出張や旅行などでホテルも利用する場合は
JR+ホテル予約が最もお得

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


旅行では特に1泊してゆっくり遊ぶことが多いと思いますが、出張でも1泊して多くのお客様を訪問するということがあると思います。

そうなると、出張や旅行の費用は「移動の費用+宿泊代金」となるので、新幹線の代金だけではなく、ホテルの代金も考えておかなければいけません。

出張の場合を考えて、今回は10月6日(木)~7日(金)の代金を調べてみました。

ホテルの料金に関しては世界の格安ホテルが検索できるBooking.comを利用しています。

Booking.com

Booking.com (ブッキングドットコム) は
オランダで生まれたインターネット専門の
世界のホテル割引予約システムです。
ネットで即時予約、安心の現地払いで、利用者からも『メリットの高いホテル予約サイト』として、今では世界中の旅行者に愛用されています。

オススメ

「東京-新大阪」の1泊2日でかかる新幹線チケット代金(往復)とホテル代金の合計は下記の通りになっています。

料金の比較が適切になるように、同じホテルを選択した場合の料金比較となっています。

東京-新大阪1泊2日新幹線移動での料金比較
利用サービス 新幹線チケット
(往復)
ホテル代金
(1泊)
合計
金券ショップ+ホテル 26,900 円 9,540 円 36,440 円
エクスプレス+ホテル 27,140 円 9,540 円 36,680 円
JRで購入の新幹線回数券+ホテル 27,240 円 9,540 円 36,780 円
JR・新幹線+宿泊プラン 32,600 円

比較表を見ると「JR・新幹線+宿泊プラン」の安さがよく分かります。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

JR・新幹線+宿泊プランを利用する際の注意点

JR・新幹線+宿泊プランを利用する場合は、出発時間7:00まで20:30以降、または11:00~16:00の間にすることで価格を安くすることができます。それ以外の時間に移動したい場合は、新幹線こだまを利用すれば安くなるようになっています。

ただし、「東京-新大阪」の場合、のぞみで約2時間30分、ひかりで約3時間、こだまだと約4時間となるので、なるべく移動時間が長くならない、出発時間の調整をおすすめします。

ホテルの空き部屋は首都圏や大都市圏なら1週間前ぐらいまで、それ以外の場所なら3日~4日前を目途に予約をすれば希望のホテルに泊まることができると思います。

楽天トラベルも便利ですが、宿泊先のホテルを探す、または予約するなら世界最大の宿泊予約サイト、Booking.comもおすすめです。

旅行先の観光スポットの検索にはSPOT(スポット) -旅行・おでかけコミュニティ-がおすすめです。

SPOT(スポット)は「その土地に詳しい人」が「本当にオススメしたいおでかけスポット」を発信するサービスです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする