在来線ってどういう意味?普通列車のことを在来線と呼びます

おすすめサービス
在来線・電車

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

金券ショップでお客様のお相手をしていると、意外に普通列車のことを在来線と呼ぶことを知らない方が多いと感じます。在来線の格安チケットを買おうと思っているお客様は「電車の切符」とか「じゅうらいせん」などとおっしゃっていますが、在来線の読みは「ざいらいせん」です。

こちらとしては分かればいいので全然問題ありませんが、せっかくの機会ですし、今回は在来線に関しての基礎知識についてお伝えしたいと思います。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

関連記事

在来線ってどういう意味?
普通列車のことを在来線と呼びます

在来線とは?

在来線・電車

在来線に関しては、JRも明確な決まりを設けています。在来線とは、新幹線に当てはまらない鉄道路線全てのことを指しています。

となると、今度は新幹線の定義を知っていないといけませんが、新幹線の定義は、主な区間を200km/h以上の速度で走行できる幹線鉄道のこととなっています。

なので、新幹線以外の鉄道は在来線となりますから、私鉄列車に関しても広い意味では在来線となります。JR在来線の格安チケットは基本が回数券のバラ売りとなりますが、私鉄列車の格安チケットは株主優待乗車証がメインの商材となります。

他にも、長距離在来線の格安チケットを利用して新幹線料金を安くする方法などもあります。詳しくは関連記事をご覧ください。

新幹線回数券が利用できない期間には、新幹線を安く利用することができないと思っている方も多いと思います。ですが、ちょっと待ってください。新幹線回数券が利用できない期間でも、比較的簡単に新幹線を安く利用することができる方法はあります。今回は長期休暇でも新幹線に安く乗れる裏技を紹介していきます。

在来線に分類される列車

種類|カテゴリー

在来線が新幹線以外の鉄道であることは分かりましたが、具体的にはどんな列車が在来線になるのでしょうか?

在来線のイメージとしては普通列車を思い浮かべる方が多いと思いますが、新幹線以外の列車となると意外と範囲が広いことが分かります。

しばしば新幹線と混同されがちになりますが、瀬戸内マリンライナー、うずしお、こうのとり、くろしお、サンダーバード、しおかぜ、しらさぎ、ワイドビューなどの特急列車は新幹線にはなりません。

新幹線が通過しない地域にとっては、これらの特急列車がほぼ新幹線と同列に扱われていると思います。ただ、新幹線の定義が200km/h以上で主な区間を走行するものですから、これに当てはまらない特急列車も数多くあるのです。

新幹線という名称がついていても在来線になるもの

新幹線格安チケット|新幹線回数券

秋田新幹線や山形新幹線は通称「ミニ新幹線」と呼ばれています。これらの路線は「新幹線」という名称が付いているのですが、新幹線の定義からすると在来線の特急列車となります。

理由は最高速度が200km/h以上にならないことです。東海道新幹線は285km/h、山陽新幹線は300km/h、東北新幹線や上越新幹線も200km/hをゆうに超える速度で走行しています。

一方、秋田新幹線や山形新幹線は最高速度が130km/hとかなり遅い列車となっています。この速さは、特急列車のサンダーバード号の営業速度とほぼ一緒であるので、列車のスペックも新幹線のものとは違うようです。

表記は新幹線なのに、実際は在来線になる列車があるなんて、JRもちょっと面白い分類をしてますね。

青春18きっぷを使う方は知っておきたい在来線のこと

2017春の青春18きっぷ見本

青春18きっぷについては当ブログでも読者の多いジャンルなので、「青春18きっぷのバラ券を金券ショップで購入する4つのコツ」をはじめ様々なテーマの記事を作成しています。

そんな青春18きっぷを利用する方は、在来線の分類についても少し知っておいた方がよさそうです。その理由は、青春18きっぷを乗車券として利用できる列車と利用できない列車があるからです。

基本的に青春18きっぷは特急料金を必要としない在来線の列車のみ利用できる特別切符で、新幹線や特急列車を利用する場合は、特急券だけでなく、利用する区間の乗車券も必要になります。

ただ、ホームライナーやムーンライトながらなどに代表される一部の列車に関しては、乗車券を別途必要とせず、指定席券の購入だけで乗車できる列車もあります。

基本として覚えておきたいのは、上記で紹介したホームライナーのように「~ライナー」と呼ばれる列車、ムーンライトながらに代表される「夜行列車」、ホリデー快速などの「行楽臨時列車」、マリンライナー・みえなどの長距離快速列車になります。

この他にも北海道新幹線の一部区間に限り、2,300円の追加料金で利用できる北海道新幹線オプション券といった特別ルールもあります。

これらの在来線の特徴や分類もしっかり覚えておくと、意外なところで役に立つことがあります。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。