東急電鉄(東急)株主優待券の使い方|お得になる区間・料金のまとめ

おすすめサービス

東急東横線|東急電鉄・株主優待券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

株主優待券が配られる時期になってきました。権利確定の早い株主優待券はもう配られ始めていますね。

今日は「東急グループ」で親しまれている東急電鉄の株主優待券を紹介します。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

関連記事

東急電鉄(東急)株主優待券の使い方
お得になる区間・料金のまとめ

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の特徴・使い方

紹介|案内|利用方法

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の特徴

東急の株主になると、株主優待がもらえます。1,000株以上取得している人が対象で、東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)が5枚もらえます。

以下3,000株以上で10枚、5,000株以上で20枚、1万株以上で40枚、19,000株以上で80枚、24,000株以上で10枚、28,000株以上で30枚、57,000株以上で30枚発行されます。

24,000株以上になるとその他に電車全線のパス1枚が配布されます。また3年以上継続して3,000株以上の株を保有していた人には5枚、1万株以上であれば10枚東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)が追加されます。

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の使い方

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の使い方ですが、普通の切符と同じだと思ってください。つまり1回乗車をすれば、1枚使用する方式です。よって行き帰り両方とも東急線を利用するのであれば、2枚優待券を持っていく必要があります。

ちなみに途中下車した場合も普通の切符と一緒で、最初の優待券の効力は切れてしまいます。次に乗る場合には、新しい株主優待券を準備する必要があります。

株主優待券には、別に名前などは記載されていません。つまり知人や友人、家族に譲渡してもその人がその優待券を使って移動することも可能です。

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の利用可能区間

チェック・ポイント・注意

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)は東急線全線の他にも、東急バスに乗車する場合もこの株主優待券を使用することは可能です。

バスで優待券を使用する場合、支払いのときに優待券1枚を出せば問題なく利用できます。東急バスは原則全線で利用することが可能です。しかし一部路線で利用できないケースがあります。

深夜急行バスのミッドナイトアローや通勤高速バス、羽田や成田空港直行バス、溝の口駅と新横浜駅の直行バス、渋谷区・大田区のコミュニティバス、たまプラーザ駅から東京ディズニーリゾート間の直行バス、東急トランセの代官山線と高速乗り合いバスは例外となりますから注意しましょう。

東急の電車路線を利用する場合、相互乗り入れを行っている路線も見られます。

田園都市線は半蔵門線直通のものがありますし、東横線ではみなとみらい線や地下鉄日比谷線への直通運転の電車もしばしば見られます。そのまま連続で走行していると混乱してしまいがちですが、他の路線では東急の株主優待券は利用できないので注意しましょう。

先ほどの場合、半蔵門線や日比谷線区間に関しては別料金となります。中目黒や渋谷より先に移動した場合には、その部分の運賃は負担する必要があります。

横浜方面の東急東横線を利用した時、みなとみらい線まで使った場合には注意が必要です。東急のホームページには、あたかもみなとみらい線が東急の路線であるかのような表記になっています。

他の乗り入れ線にはない、各駅の名称まで掲載されているので一見すると東急の路線のような感じがしてしまいます。しかしみなとみらい線を運行しているのは、横浜高速鉄道株式会社という、東急とは別会社です。つまり株主優待券の効力はなく、横浜駅から先まで利用した場合には別料金が発生します。

東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)の販売相場

価格相場|価格比較

東急の株主だけれども東急の路線を普段利用しない、使わなくて余った優待券がある人はいませんか?もしそうであれば、東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)は金券ショップもしくはネットオークションなどで売りに出すことも可能です。

もし使うつもりがなければただ置いてあるだけではただの紙切れになってしまいますから、売りに出すのも選択肢の一つです。

先ほども紹介したように株主以外の人が優待券を使ってはならないといったルールもありませんから出品することに関して問題はありません。

オークファンというオークションの落札状況に関して情報収集できるサイトがあるのですが、その情報を見てみると東急電鉄の株主優待券は、300円~600円くらいで取引されているようです。電鉄の優待券だけでは、あまり高値のつくことは少ないようです。

ヤフオクの落札価格相場が簡単に分かる!?
オークションの落札価格相場はオークファンで検索

 オークファン会員登録

 初心者から上級者まで、
 オークションに興味のある方に朗報です
 格安での落札、不用品処分はもちろん、
 お小遣い稼ぎ、副収入、副業などに
 役立つノウハウとツールを一挙に提供!!

オススメ

しかし東急電鉄の株主優待にプラスアルファの商品をつけると、売却価格も変わってきます。たとえば、東急電鉄の株主優待券の他に、美術館共通ご招待券をつけてオークションに出している人がいました。この場合、過去に3400円という落札額がついたこともありました。

付加価値をつけることで、場合によっては東急電鉄の株主優待券の買取価格を上昇させることも可能になるかもしれません。その他にもオアシスの割引券を2名分つけたところ、1000円で落札したというネットオークションの事例もあります。

もし東急電鉄の株主優待券をネットオークションに出そうと検討しているのであれば、東急電鉄(東急)株主優待券(切符タイプ)に付加価値をつけることはできないか検討してみてはいかがでしょうか?

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。