東京-大阪は対象外!?新幹線の切符で往復割引が適用になる区間を案内

あなたにおすすめのサービス
切符|新幹線|在来線|都区内|市内

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

新幹線については別の記事でも、新幹線の予約学生割引(学割)空席状況の確認子ども料金新幹線の乗り方自由席の確保の仕方などについても紹介しています。今回みなさんにお伝えするのは、学割の案内をした時にちょっとだけ触れていた往復割引についてです。

首都圏や都市部の会社を目指して就職活動をしている方の中には、新幹線を利用して本社の面接に行く必要がある方もいるでしょう。私は逆向きでしたが、都内から地方に新幹線を利用して面接を受けに行ったことがあります。 そんな時、学生割引を利用すれば乗車券の料金が2割引になることをご存知でしょうか?

新幹線の乗車券に限らず、JRで購入する切符には往復割引が適用になる条件があります。往復割引の条件は簡単で片道601km以上の距離がある駅間の切符を往復分購入することです。

JRで購入する切符の有効期限も駅間の距離によって決まるのですが、往復割引が適用になる区間なら、切符の有効期限は10日以上あることになります。

ただ、最も利用者が多いとされる新幹線の「東京-新大阪」間の乗車券については、駅間の距離が約552kmになるため、残念ながら往復割引の対象外となっています。

さて、今回は往復割引の条件についてもう少し詳しく説明し、東京駅から新幹線を利用する場合に往復割引が適用になる駅も案内していきます。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

あなたにおすすめの記事

東京-大阪は対象外!?
新幹線の切符で往復割引が
適用になる区間を案内

往復割引について

チェック・ポイント・注意

最初に往復割引について軽く説明していますが、もう少し詳しく往復割引の条件についてお伝えします。

往復割引は片道の営業キロが601km以上になる区間で往復乗車券を購入した際に適用されます。割引率は1割引(10%)で1円単位は切捨てとなります。

切符の有効期限は片道101kmから2日以上の下記有効期限になります。

駅間の距離と有効期限
駅間の距離有効期限
200キロメートルまで2日
400キロメートルまで3日
600キロメートルまで4日
800キロメートルまで5日
1000キロメートルまで6日

※1001キロメートル以上は200キロメートルごとに1日を加えます。

なお、切符の有効期限は往復切符を購入した場合には2倍になるため、往復割引が適用される601km以上の区間なら片道で5日以上の有効期限になることが確実なので、往復切符なら10日以上の有効期限になることが確定しています。

また、往復割引の条件には関係ありませんが、全国で5社あるJR各社が管轄する区間をまたがって利用する場合の切符の料金計算方法は条件で異なる場合があります。具体的には下記のケースになります。

  1. JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)のみをご利用の場合
  2. 本州3社とJR北海道・JR四国・JR九州とをまたがってご利用になる場合
  3. JR北海道・JR四国・JR九州のみをご利用の場合

往復割引の料金を営業キロから計算する場合は注意しておきたいところです。料金計算について詳しく知りたい方はJRおでかけネットのきっぷのルールを参照ください。

東京駅から新幹線を利用して
往復割引が適用になる区間

東海道新幹線

東京駅から新幹線を利用した場合に、往復割引が適用になる駅は下記の通りです。

東京駅から新幹線を利用して往復割引が適用になる駅
新幹線種類往復割引が適用になる駅
東北新幹線二戸(にのへ)、八戸、七戸十和田、新青森
秋田新幹線大曲、秋田
北海道新幹線奥津軽いまべつ、木古内、新函館北斗
東海道新幹線西明石、姫路、相生、岡山
新倉敷、福山、新尾道、三原
東広島、広島、新岩国、徳山、新山口
厚狭、新下関、小倉、博多
山形新幹線なし
北陸新幹線なし
上越新幹線なし

利用者が最も多くなる東海道・山陽新幹線でも、東京駅から新幹線を利用する場合なら、西明石駅から西側の駅であれば往復割引が適用になる区間となっています。

東北新幹線や秋田新幹線の利用では、終点にかなり近づかないと往復割引の対象になりませんが、秋田や新青森、新青森から先の北海道新幹線は全ての駅が往復割引の対象になります。

山形新幹線や北陸新幹線、上越新幹線に関しては、往復割引が適用になるほどの距離がありませんでした。

九州新幹線については、東京駅から利用する場合は全て往復割引の対象となるので割愛しています。他にも、四国地方へ行く場合も岡山駅が乗り換えの駅となるため、全ての駅で往復割引の適用を受けることができます。

遠出をする方の中には、現地でホテルを利用する方もいると思います。JRで切符を購入する場合、長距離で安くなるのは往復割引ぐらいです。しかし、JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

もし、切符はJRの往復割引、後は自分で楽天トラベルも便利ですが、宿泊先のホテルを探す、または予約するなら世界最大の宿泊予約サイト、Booking.comもおすすめです。

この記事をご覧の方には金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件についてもおすすめです。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする