新幹線の自由席回数券の方が指定席回数券より割引率が高い理由

おすすめサービス
新幹線格安チケット|新幹線回数券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

以前の記事「金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について」で新幹線回数券には自由席回数券と指定席回数券があることを紹介しています。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

東海道新幹線では、東京-新大阪間の新幹線回数券のように、のぞみが停まる新幹線停車駅が区間となる新幹線回数券は自由席回数券が販売されておらず、指定席回数券のみの販売になっています。また、東北新幹線などでは指定席回数券のみの販売となっている区間も多く、これらの区間では新幹線の指定席回数券であっても、それなりに割引率が高く設定されています。

しかし、「東京-静岡」間のように、新幹線回数券に自由席回数券と指定席回数券がある区間では、自由席回数券の割引率は比較的高く設定されていますが、指定席回数券の割引率はほとんどおまけ程度の割引になっていることが多いのです。

今回は、新幹線の自由席回数券が販売されている区間では、指定席回数券の割引率が低く、自由席回数券の割引率が高くなっている理由を紹介します。

新幹線回数券に関する基本情報はこちらが参考になります。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

新幹線回数券は金券ショップでかなり売れる商品ですし、その分問い合わせも多いので、買取価格払い戻し方法指定席への変更方法有効期間使えない期間途中下車や乗り越し精算クレジットカードで購入した新幹線回数券の特徴など、個別の情報についても詳しく紹介しています。

気になる方はこれらの記事も参考にしていただけると嬉しいです。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

関連記事

新幹線の自由席回数券の方が
指定席回数券より割引率が高い理由

東海道新幹線の区間に多い自由席回数券

新幹線回数券販売場所|切符自動販売機

東海道新幹線が通っている区間内の新幹線回数券には、自由席回数券と指定席回数券、グリーン車回数券があります。新幹線自由席回数券が販売されている区間はJR東海の公式サイトに詳しく掲載されていますが、東京発着や新横浜発着、名古屋、京都、新大阪が発着となる区間でも新幹線自由席回数券の販売がされている区間も多くあります。

東海道新幹線が関係する新幹線回数券の中には、のぞみが停車する駅同士を区間とする回数券をはじめとして、新幹線指定席回数券が販売されている区間もあります。

その中には、冒頭で紹介した「東京-静岡」間の新幹線回数券のように、指定席回数券と自由席回数券の両方が販売されている区間もありますが、どの区間も指定席回数券の割引率は低く、自由席回数券の割引率が高く設定されています。

のぞみには自由席車両が少ない

新幹線指定席・予約・変更

のぞみが停まる区間同士の新幹線回数券には指定席回数券しか販売されていない区間が多いです。大都市圏同士を結ぶ「東京-新大阪」や「東京-京都」、「東京-名古屋」などが該当しています。

これの理由は区間を移動する際に利用する列車がのぞみになることが多いためです。新幹線はのぞみでは3車両しか自由席を用意しておらず、基本的に指定席を利用することが推奨されています。

新幹線回数券は出張などのビジネス利用で何度も利用する企業などを想定して作られたサービスでもあるので、出張の際に「東京-新大阪」「東京-京都」「東京-名古屋」などの区間を自由席で移動することはあまり考えにくいとも思います。

さらに、仮にこれらの区間において自由席回数券を販売したとしても、座席に座れなくなってしまう方が増えてしまうだけで、新幹線での移動に不快なイメージが付いてしまう原因にも繋がりかねません。

こういった理由もあって、のぞみが停まる区間を結ぶ新幹線回数券では指定席回数券しか販売されておらず、割引率も自由席回数券しか販売されていない区間と同じくらいの高めの設定になっているのです。

自由席回数券と指定席回数券の両方が販売されている区間

新幹線改札|新幹線への乗車・降車|乗り換え

何度か紹介している「東京-静岡」間の新幹線回数券のように、自由席回数券と指定席回数券の両方が販売されている区間では、自由席回数券しか販売されていない区間と比べて、距離が長めで利用者数も多い駅間の回数券であることが分かります。

定価より安く販売することが前提となる回数券では、指定席回数券よりも自由席回数券の方が座席数に制限がないため、JR側としてもより多く販売したいと考えているはずです。

かといって、指定席を利用する方が全くいないわけではありませんから、自由席回数券だけを販売しているようでは、ユーザビリティの向上にはつながらないという難しい区間ともなっています。

そこで、JRは新幹線回数券の値段でどちらをより利用してもらいたいかを明確に区別しています。

「東京-静岡」間の新幹線回数券を例にすると、指定席回数券は1枚あたり6,350円、自由席回数券は1枚あたり5,390円で販売されています。

「東京-静岡」間の新幹線切符の定価を調べると、指定席が6,350円(通常期)、自由席が5,830円となっています。

自由席回数券は440円安くなっていて約7.5%割引となっているのに対し、指定席回数券は通常期なら定価で購入しても新幹線回数券を購入しても6,350円で割引すらされていないのが分かります。

新幹線の指定席料金には「繁忙期」「通常期」「閑散期」と3種類の値段設定がされていて、それぞれ自由席料金から+720円、+520円、+320円されるようになっています。

なので、「東京-静岡」間の新幹線指定席回数券を利用する場合、「繁忙期」料金の時に利用しなければ、逆に定価より高くなってしまう場合もあることに注意が必要です。

このことからも、「東京-静岡」間では、JRがより利用して欲しいと考えているのは自由席であることが分かります。この区間では空席率も割と高めになっているのでしょう。

新幹線回数券のバラ売りなら金券ショップの利用がお得
宿泊施設も一緒に利用するなら他の方法も

ポイント|理由|おすすめ|チェック

出張などで新幹線を利用する場合、1人なら往復で2枚の切符、2人でも往復で4枚の切符しか必要になりません。新幹線回数券は6枚綴りでの販売になっていますから、ほとんどの場合は数枚余ってしまうことになります。

こういった方におすすめなのは、金券ショップを利用して新幹線回数券のバラ売りを購入することです。

金券ショップでは新幹線回数券のバラ売りを新幹線格安チケットとして販売していますから、急な出張の時などに非常に重宝します。

注意点は返品や返金を受け付けていない金券ショップが多いことと、クレジットカードでの支払いができないことです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

金券ショップも商売としてやっているため、新幹線回数券1枚あたりの値段より10円~100円ほど割高になった値段設定ですが、通常価格で購入することを考えれば利用した方がお得です。

また、JRで切符を購入する時のように切符の発券時間もありませんから、慣れれば新幹線の自動券売機やみどりの窓口で購入するより早く切符を買えると思います。

さらに、最近では自動販売機を設置している金券ショップも増えています。切符の購入に慣れていない方や店員とのやりとりが苦手な方でもお手軽に新幹線の格安チケットを購入できるようになっています。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


さて、新幹線を利用する出張の場合、日帰りになることも多くありますが、現地で1泊~数泊して取引先を周るようなこともよくあるケースだと思います。

宿泊先の手配も同時に行う場合、金券ショップの利用より旅行会社が提供する宿泊+新幹線往復切符のセット販売の方がお得になる場合もあります。

金券ショップを利用する場合と比較してみて、より安い方を利用していただくのがおすすめです。

金券ショップを利用するより安く新幹線格安チケットを購入する方法はこちら

単純に移動をするためだけなら金券ショップで新幹線格安チケットを購入するだけでいいのでお手軽ですが、1泊以上する場合はホテルの料金も関係してきますから、それぞれの料金をどうやって安くすればいいのか迷うことがありますよね。 そんな時はJR・新幹線+宿泊セットプランというお得なサービスがあります。

下の地図からJR+宿泊セットプランの検索ができます

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。