JR東海株主優待券の使い方|お得になる区間・料金のまとめ

おすすめサービス

JR東海株主優待券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今日から青春18きっぷが利用できるようになりましたね。初日が祝日ですから、早速どこかに出かけた方も多いのではないかと思います。等ブログでも青春18きっぷの紹介を色々しているので、記事を読んでいただけると嬉しいです。

さて、昨日のJR東日本株主優待券に続いて、今日はJR東海株主優待券の使い方-お得になる区間・料金のまとめを紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

JR東日本JR西日本の株主優待券についても情報を調べて記事にしていきます。よかったら関連記事からご覧ください。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


関連記事

JR東海株主優待券の使い方
お得になる区間・料金のまとめ

JR東海株主優待券

JR東海株主優待券の割引率と割引内容
利用可能枚数について

以前の記事「株主優待券を利用して節約|JR・私鉄・鉄道系株主優待券『JR優待割引編』」でも紹介しましたがおさらいで紹介します。

JR東海株主優待券は、JR東海管轄のみどりの窓口で、JR東海管轄内の切符料金(片道分)が1割引になります。

同時に2枚まで利用できるので、最大で2割引にすることができます。

金券ショップでの相場は1枚1,000円程度です。

東海道新幹線の主要区間と割引価格比較表
東京・品川駅発着

価格相場|価格比較

JR東海が管轄する新幹線は東海道新幹線だけなので、料金がお得になる主要駅をそれぞれ紹介していきます。まずは東京駅からです。

東京・品川発着
新幹線値段比較表-指定席

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
東京-新大阪 14,450 2,890 13,560 13,690 -890 -6.2%
東京-京都 13,910 2,790 13,120 13,070 -790 -5.7%
東京-米原 12,610 2,530 12,080 11,430 -530 -4.2%
東京-名古屋 11,090 2,220 10,870 10,360 -220 -2.0%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

株主優待券利用の方が割安になるのは、東京・品川-新大阪間だけですね。基本的には回数券が利用できない、GW・お盆・年末年始の期間に利用するのがいいと思います。

東京・品川発着
新幹線値段比較表-グリーン席

調べてみたらそれほどお得にならなかったので、グリーン席利用の場合の価格比較表も作りました。

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
東京-新大阪 19,230 3,850 17,380 18,920 -1,850 -9.6%
東京-京都 18,690 3,740 16,950 18,370 -1,740 -9.3%
東京-米原 × 17,390 3,480 15,910 × -1,480 -8.5%
東京-名古屋 14,680 2,940 13,740 14,470 -940 -6.4%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

グリーン席利用の場合は断然株主優待券を利用した方が安いですね。GW・お盆・年末年始の期間には普通指定席が取れない場合もありますから、グリーン席を利用するのもいいと思います。

東海道新幹線の主要区間と割引価格比較表
新横浜駅発着

価格相場|価格比較

JR東海が管轄する新幹線は東海道新幹線だけなので、料金がお得になる主要駅をそれぞれ紹介していきます。次は新横浜駅です。

新横浜発着
新幹線値段比較表-指定席

まずは新横浜発着の普通指定席です。

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
新横浜-新大阪 14,120 2,830 13,290 13,290 -830 -5.9%
新横浜-京都 13,250 2,650 12,600 12,430 -650 -4.9%
新横浜-米原 × 11,860 2,380 11,480 × -380 -3.2%
新横浜-名古屋 10,450 2,090 10,360 9,710 -90 -0.9%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

新横浜になると回数券利用の方が安いか回数券と同じ値段になります。基本的には回数券が利用できない、GW・お盆・年末年始の期間に利用するのがいいと思います。

新横浜発着
新幹線値段比較表-グリーン席

次はグリーン席です。

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
新横浜-新大阪 18,900 3,780 17,120 18,590 -1,780 -9.4%
新横浜-京都 × 18,030 3,610 16,420 × -1,610 -8.9%
新横浜-米原 × 16,640 3,330 15,310 × -1,330 -8.0%
新横浜-名古屋 × 14,040 2,810 13,230 × -810 -5.8%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

新横浜発着もグリーン席利用の場合は断然株主優待券を利用した方が安いですね。GW・お盆・年末年始の期間には普通指定席が取れない場合もありますから、グリーン席を利用するのもいいと思います。

東海道新幹線の主要区間と割引価格比較表
小田原駅発着

価格相場|価格比較

GW・お盆・年末年始の利用も考えて、小田原駅発着の価格比較表も掲載します。小田原は指定席回数券がないので、お得になるかどうかの比較表として使って下さい。

小田原発着
新幹線値段比較表-指定席

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
小田原-新大阪 × 12,830 2,570 12,260 × -570 -4.4%
小田原-京都 × 12,290 2,460 11,830 × -460 -3.7%
小田原-米原 × 10,880 2,180 10,700 × -180 -1.7%
小田原-名古屋 × 8,940 1,790 9,150 × 210 2.3%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

小田原駅-名古屋間では割高になってしまいました。ただ、小田原からはのぞみが出ていませんから自由席でも十分かもしれません。こだまは自由席の比率が多いのでこだまを狙って乗るという方法もありますね。

東海道新幹線の主要区間と割引価格比較表
熱海駅発着

価格相場|価格比較

GW・お盆・年末年始の利用も考えて、熱海駅発着の価格比較表も掲載します。熱海も指定席回数券がないので、お得になるかどうかの比較表として使って下さい。

熱海発着
新幹線値段比較表-指定席

区間 回数券 JR定価 割引価格 優待割引価格 回数券単価 お得額 割引率
熱海-新大阪 × 12,610 2,530 12,080 × -530 -4.2%
熱海-京都 × 12,070 2,420 11,650 × -420 -3.5%
熱海-米原 × 10,560 2,120 10,440 × -120 -1.1%
熱海-名古屋 × 8,610 1,730 8,880 × 270 3.1%

※本記事ではJR東海株主優待券の価格を1枚1,000円として計算します。

※本記事では回数券単価をJR東海の販売価格÷6で設定しています。

やはり、熱海駅-名古屋間では割高になってしまいました。ただ、熱海から名古屋ならそこまで距離がないので自由席でも十分かもしれません。こちらもこだまを狙って乗るという方法もありますね。

終わりに

紹介|案内|利用方法

今日の値段比較表はどうでしたか?意外と利用できる区間が少なくて驚いています。普段は新幹線回数券を利用した方がお得になるんですね。

GW・お盆・年末年始に東海道新幹線を利用する方は、一度この記事を見てもらえれば、お得になる方法が見つかると思います。

JR東日本JR西日本の株主優待券についても情報を調べて記事にしていきます。よかったら関連記事からご覧ください。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


それでは、本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。