金券ショップで購入した新幹線回数券を指定席に変更する方法

おすすめサービス
大黒屋トラベルの国内格安航空券

新幹線指定席・予約・変更

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

新幹線回数券はJRで6枚綴りになっているものを購入するのが基本ですが、金券ショップでバラ売りしている新幹線回数券を購入する方法もあります。

1枚あたりの価格はJRで6枚綴りの新幹線回数券を購入する方が安くなる場合が多いのですが、一部の区間に関しては、金券ショップで購入した方が安くなっている場合もあります。

さて、今回は新幹線回数券を指定席に変更する方法についてお伝えします。

新幹線回数券に関する基本情報はこちらが参考になります。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

新幹線回数券は金券ショップでかなり売れる商品ですし、その分問い合わせも多いので、買取価格払い戻し方法有効期間使えない期間自由席券と指定席券の料金設定途中下車や乗り越し精算クレジットカードで購入した新幹線回数券の特徴など、個別の情報についても詳しく紹介しています。

気になる方はこれらの記事も参考にしていただけると嬉しいです。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

関連記事

金券ショップで購入した新幹線回数券を
指定席に変更する方法

JRや金券ショップで購入できる
新幹線回数券は2種類あります

比較|比べる

JRや金券ショップで購入できる新幹線回数券には大きく分けて2種類の切符があります。新幹線回数券の種類は下記の通りです。

他にも往復切符を回数券のような形で販売している場合や、グリーン回数券もありますが、できるだけお得に新幹線を利用しようと考えている方にはほとんど縁がない新幹線回数券だと思います。

なので、ここでは新幹線指定席回数券と新幹線自由席回数券の指定席変更方法について紹介します。

なお、新幹線回数券の有効期限は購入から約3ヶ月となっていますが、新幹線回数券の指定席への変更に限らず、通常切符を購入する場合でも、指定席の購入や変更は1ヶ月前にならないとできません。

なので、新幹線回数券を利用して指定席を取る場合でも、利用日の1ヶ月前にならないと変更の手続きができない点には注意が必要です。

新幹線回数券には利用できない時期があるので注意

カレンダー|予定

以前の記事「金券ショップで売っている新幹線回数券|使えなくなる期間はいつ?」でも取り上げていますが、新幹線回数券には利用できない時期があります。GW・お盆・年末年始の下記期間が該当します。

  • 4/27~5/6
  • 8/11~8/20
  • 12/28~1/6

上記の期間は毎年同じ日付になっていて、曜日などで変更になることもありません。新幹線回数券の表面にも利用できない期間が有効期限内にある場合、切符の下に小さく印字されています。

この期間に乗車するために、新幹線回数券を利用することはできません。ご注意ください。

ここ最近よくお店で聞かれるようになったことで、「新幹線の回数券が使えなくなる期間がいつからになるか?」があります。今日はその情報を紹介したいと思います。金券ショップで売っている新幹線回数券-使えなくなる期間はいつ?

新幹線指定席回数券を指定席に変更する方法

紹介|案内|利用方法

新幹線指定席回数券を利用して指定席の予約・変更をする方法は下記の2通りです。

  1. 自動券売機で新幹線指定席回数券を変更
  2. みどりの窓口で新幹線指定席回数券を変更

知らない人も多いと思いますが、新幹線指定席回数券は新幹線の自動券売機を利用して指定席券に変更することができます。新幹線の自動券売機には切符を入れる機能があるので、操作のあとに新幹線指定席回数券を入れて、新幹線指定席回数券と新幹線指定席特急券を受け取るようになっています。

自動券売機で新幹線指定席回数券を指定席に変更する場合は、列車が空いている時でも隣に人がいる席が座席として指定されることがあるので注意が必要です。

私が実際に経験した例では、通路側の席を座席指定した際に、誰もいない席があるにもかかわらず、窓際の席を取っている人が隣にいました。

その時は私も含めて3人しかその車両に乗っていなかったので、さすがに空いている席に移動しました。基本的に新幹線の乗車後に席を変更することができないのですが、車掌さんが切符の確認に来た際に事情を説明したら、そのまま座って大丈夫と言われたのでよかったです。

自動券売機を利用した指定席の予約ではこういった座席指定になってしまうパターンがよくあるので、あまりおすすめできない方法となっています。

自動券売機を利用するより手間と時間はかかりますが、みどりの窓口に並んで指定席へ変更した方がいいです。みどりの窓口で指定席の座席指定をする場合、空いている車両なら隣に人がいない席にしてくれますし、混んでいる時なら、通路側でなく窓側なら隣に人がいない席があるなど案内もしてくれます。

新幹線自由席回数券で指定席を利用する方法

チェック・ポイント・注意

新幹線自由席回数券は、前提として自由席の利用に限定しているため金額が安くなっているという特徴があります。そのため、新幹線自由席回数券を新幹線の自動券売機やみどりの窓口で指定席に変更することはできません。

ただ、指定席を利用する方法が全くないというわけではなく、列車への乗車後に空いている指定席があれば、自由席と指定席の差額(520円±200円)を支払うことによって、指定席の一時利用が可能となります。

この手続きは車掌が切符の確認に来た際に、「乗車変更お願いします」と一言添えるとスムーズに手続きができます。

ここで注意しておきたいのは、あくまでも新幹線自由席回数券を購入して指定席を利用する場合、指定席の利用は一時的な利用となることです。

つまり、今だれも利用していない指定席でも、その後に停車する駅でその指定席を予約している人が乗ってくる可能性は全ての席で0ではないということです。

新幹線の車内で空席状況を把握したり、席の予約や変更をリアルタイムで行えるようにはなっていないのです。

そのため、空いている指定席を利用していても、駅に停車する度に「そこは私の席なのですが…」「すみません、すぐどきます」といったやり取りが生じてしまう可能性があります。

私も1度新幹線自由席回数券を購入して、車内で指定席の一時利用に変更しましたが、上記のやり取りがかなり苦痛でした。この経験をしてからは自由席の利用か指定席の利用かは切符の購入前に決めるようにしています。

新幹線自由席回数券を購入してから車内で指定席に変更する方法は、よほど面の皮が厚いひとなら別ですが、一般的に日本人にはあまり馴染まないシステムだと思います。

ちなみに、自由席と指定席の差額を520円±200円と表記している理由ですが、JRには繁忙期と閑散期、そしてどちらでもない通常期という設定があります。

厳密にはJRのみどりの窓口で掲示していますが、基本的に三連休や長期休暇の時期は繁忙期、6月や2月などのあまり人が移動しない期間は閑散期、それ以外が通常期となっています。

繁忙期や閑散期、通常期に関しては、毎年違うのでJRで確認するのが1番です。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

下の地図からJR+宿泊セットプランの検索ができます

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。