金券ショップで新幹線の格安チケットをスムーズに買う方法

おすすめサービス
急ぐ人・走る・急ぎ

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

朝の通勤のついでや出張の当日に新幹線の切符を購入する日もあると思います。事前に切符を購入しておいた方が当日スムーズに新幹線にも乗れるのですが、急な予定だった場合などはどうしても当日に新幹線格安チケットを購入することになってしまいますよね。

また、最寄りの新幹線が停車する駅まで、徒歩ではなく電車やバスを利用する方も多いと思います。そうなると、どうしても金券ショップに入店するタイミングが他のお客様と被ってしまったりして、急いでいいる時には焦ってしまうこともあると思います。

今では、金券ショップの店頭に近い場所に自動販売機を併設していることも多くなっていますが、新幹線の切符を買うだけなら店頭の方が早く済ませることができますよね。

今回は、そんな朝のラッシュの時間帯に新幹線の格安チケットを購入する方に向けて、金券ショップで新幹線の格安チケットをスムーズに購入する方法をお伝えします。

金券ショップで販売している新幹線格安チケットについてはこちらの記事も参考になります。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

関連記事

金券ショップで
新幹線の格安チケットを
スムーズに買う方法

自動販売機で買うより店頭の方が早い!?

新幹線回数券販売場所|切符自動販売機

最近では金券ショップの店頭に近い場所に自動販売機を併設しているお店も増えてきています。商品券やギフトカード、図書カードなど、商品によっては店頭で購入するしかないものもありますが、新幹線の格安チケットは金券ショップの主力商品でもあるので、よく売れる区間は自動販売機で購入することもできます。

ただ、自動販売機で新幹線格安チケットを購入するのは、慣れていないとスムーズに行かないことが多く、特に女性の方は苦手とする場合も多くあるようです。

自動販売機も休日などであまり人と話したくないような場合にはいいのですが、時間がなく急いでいるような場合には不向きです。さらに、購入時に操作を間違えてしまってやり直すことになる場合もありますし、ボタンを押し間違えてしまったり、商品を買い間違えてしまったり、自動販売機から出てきた商品が間違っているという場合もあります。

なので、急いでいる時は店頭で店員に商品を伝えて購入した方が早く買えることの方が多いのです。

店員が知りたいのは区間と枚数だけ

ポイント|理由|おすすめ|チェック

首都圏や大都市圏にお住まいの方は新幹線に乗る機会もそれなりに多く、切符を購入する機会も多いので、それほど金券ショップで新幹線格安チケットを購入する時にも戸惑うことはないでしょう。

しかし、地方都市などの普段電車や新幹線を利用することが少ない地域にお住まいの方は、どうやって切符を購入したらいいのか分からないという方もたくさんいらっしゃいます。

私が住んでいるところはちょっと田舎の地方都市なので、学生など切符を買ったことがあまりないお客様もいるのですが、割とご年配の方でも新幹線に初めて乗るといった方もいらっしゃいます。

ただ、それほど怖がることもありません。金券ショップで販売している新幹線格安チケットは、新幹線回数券のバラ売りであることがほとんどです。

なので、行き帰りの区別もありませんから、JRで新幹線の切符を購入する時と違って、金券ショップで新幹線格安チケットを購入する時に伝えればいいことは、「区間」と「枚数」だけになります。

注文の例としては、「○○枚」といった形で全く問題ありません。片道なら1枚、往復なら2枚買えばいいだけです。「新大阪2枚」とか言うだけですね。

新幹線の最寄り駅に2つの候補が上がる場所にある金券ショップで購入する場合は、乗車区間も伝えた方がより効果的になることもあります。

往復2枚だと聞き返されてしまうのはなぜ?

チェック・ポイント・注意

金券ショップの店員が一番気を付けていることの1つに商品の渡し間違いがあります。3人に1人ぐらいの確率でいらっしゃるのですが、「○○駅往復2枚」といった注文の仕方をされる場合があります。

この場合、店員は必ず「1名様ですか?」または「2名様ですか?」などと聞き返す必要が出てくるので、急いでいる方には時間のロスになってしまいます。

なぜこのような問いかけをするかというと、「○○駅往復2枚」といった注文の仕方では、往復分の切符が1名様分(往復分で2枚)でいいのか、往復分の切符が2名様分(往復分が2枚)必要なのか、どちらのパターンも存在してしまうためです。

なぜかは分かりませんが、男性の方は「○○駅往復2枚」の場合1名様分の注文のことが多く、女性の場合は2名様分の注文のことが多いと感じています。

考え方にちょっとした違いが表れるのかもしれません。

こういった注文の仕方なら、「○○駅往復2名」「○○駅片道1名」など、「区間」「片道・往復」「人数」の組み合わせで伝えていただくと、再確認が不要になるのでスムーズに会計まで進めます。

上手く伝えられない時は目的を言えばOK

OK・大丈夫

ここまでのことをまとめると、金券ショップで新幹線の格安チケットをスムーズに注文するためには、切符の「区間」と「枚数」のみ伝えるか、切符の「区間」「片道・往復」「人数」を伝えるだけで、お会計を済ませれば切符の購入は完了します。

金券ショップが急いでいる時に便利な理由の1つに、JRと違って切符が既に発券済みとなっているため、切符が発行されるのを待つ必要がないことがあります。

金券ショップを利用する人の中には、価格が安いからという理由だけでなく、JRで切符を買うより早くすむからという理由がある人もいるかもしれません。

もしかしたら、お客様の中には目的地の最寄り駅が分からない方など、切符の区間を伝えられない人もいると思います。

そんな方は、自分がどんな目的で新幹線を利用するのか伝えてもらえればOKです。

例えば、「中華街まで日帰りしたいんだけど、切符はどこまで買えばいいんですか?」とか、「USJに2人で泊まりで遊びに行くんだけど、安い切符はありますか?」など、これからお客様がどんなことをするのかを伝えてもらえれば、よく聞かれる場所ならすぐに、あまり聞かない場所でも調べれば分かるのでお調べしています。

最近では、インターネット環境さえあれば、目的地の最寄り駅は簡単に分かりますし、乗り換え検索をすれば、どこまで切符を購入すればいいのかもすぐに分かります。

混雑時には少し対応が遅くなってしまうかもしれませんが、大体2分~3分もあれば十分な情報を調べることができます。お気軽にお聞きください。

ただ、全ての金券ショップでこういったサービスをしているわけではありません。できるだけ、利用する区間は自分で調べてもらってから金券ショップに来店いただくことをおすすめします。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


下の地図からJR+宿泊セットプランの検索ができます

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。