新幹線の子供料金が大人料金の半額になる!?子供料金は何歳から適用なのかも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
子供|小人|子ども

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

以前の記事「新幹線の予約方法と予約開始時期について」で新幹線の予約が必要な列車や予約方法、予約開始時期についてお伝えしています。

新幹線の予約方法と予約開始時期について
新幹線は自由席を利用する場合は予約を必要としませんが、指定席やグリーン席、グリンクラス席を利用する場合には必ず予約が必要となっています。なお、JRで予約を受け付けてもらえるのは1ヶ月前の10時からになります。

新幹線については別の記事でも、新幹線の予約学生割引(学割)空席状況の確認往復割引新幹線の乗り方などの紹介をしています。

新幹線は回数券の利用でお手軽に料金を安くすることができるのでおすすめもしていますが、小学生を対象とした子供料金については、新幹線回数券が販売されていないため、金券ショップで安くするのも難しくなっています。

ただ、新幹線自由席回数券は大人の券1枚で子供2人乗車することもできるので、金券ショップで切符を購入するのもいいでしょう。

新幹線回数券については以前の記事「金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について」でも紹介しています。

金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について
新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

今回は、店頭でも聞かれることが多い、新幹線の子供料金についてお伝えします。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

スポンサードリンク

新幹線の子供料金が大人料金の半額になる!?
子供料金は何歳から適用なのかも紹介

子供料金は大人料金の半額になる!?

ポイント|理由|おすすめ|チェック

新幹線に限らず、在来線でも子供料金は大人料金の半額に設定されています。以前は回数券でも子供用の販売があったのですが、2014年4月に消費税が8%に増税された際に、販売が終了となってしまいました。

公式に理由が発表されたことはないと思いますが、JRの関係者からは消費税増税に伴い、小学生料金を無料にしたり、割引したりするキャンペーンをやるから子供用の回数券の販売を止めたと聞いています。増税してから何かキャンペーンやってましたっけ…?

また、JRで切符を普通に購入する場合以外に、回数券を利用する場合には、大人の回数券1枚で子供が2人乗車することができるようにもなっています。これはJRの規定集にも明確に記載されている情報です。

ただし、指定席回数券の場合は子供2人の利用は不可で、自由席回数券のみ利用可能となっている点には注意しておきましょう。

さらに、在来線回数券でもこのルールは適用されています。利用の際は自動改札を通らずに、駅員さんのいる有人改札を通るようにしてください。

子供料金は何歳から適用になるの?

チェック・ポイント・注意

子供料金は原則として小学生が対象となる料金設定となっています。なので、6歳の4月から子供料金になると覚えておけば基本としては大丈夫です。

ただ、座席を利用する未就学児童(幼稚園生や保育園生、乳幼児など)は保護者のひざの上に座ることとされています。

在来線や新幹線の自由席を利用する場合はそれほど厳密に適用されるルールではありません。ただ、新幹線の自由席が混雑している時に、未就学児童に座席を利用させるのはルール違反になるので気を付けておいた方がいいでしょう。

また、未就学児童でも指定席を利用する時には、子供料金を支払って指定席券を購入する必要があります。なので、未就学児童がいる場合に新幹線を利用するなら、極力自由席を利用した方が料金を節約できることになります。

自由席が空いていれば座席を利用しても文句は言われませんからね。

この記事をご覧の方は「新幹線の予約方法と予約開始時期について」もおすすめです。

新幹線の予約方法と予約開始時期について
新幹線は自由席を利用する場合は予約を必要としませんが、指定席やグリーン席、グリンクラス席を利用する場合には必ず予約が必要となっています。なお、JRで予約を受け付けてもらえるのは1ヶ月前の10時からになります。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加