新幹線指定席の空席情報を調べる簡単な方法を紹介

おすすめサービス

新幹線の空席状況

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

以前の記事「新幹線の予約方法と予約開始時期について」で新幹線の予約方法や予約の開始時期について案内していますが、新幹線の指定席を予約するかどうかの判断基準に、列車の混み具合を挙げる方も多いと思います。

新幹線は自由席を利用する場合は予約を必要としませんが、指定席やグリーン席、グランクラス席を利用する場合には必ず予約が必要となっています。なお、JRで予約を受け付けてもらえるのは1ヶ月前の10時からになります。

新幹線については別の記事でも、新幹線の予約学生割引(学割)往復割引子ども料金新幹線の乗り方自由席の確保の仕方などについても紹介しています。

空いていれば自由席を利用したいけど、立ちっぱなしで移動するのは嫌だから、列車が混んでいたら指定席を利用したい。こう考える方も多いはずです。

ただ、JRや旅行会社、金券ショップでは、列車の混み具合については聞かれても絶対に応えることができません。列車が混んでいるかどうかや、自由席に座れるかどうかは、その列車に乗ってみないと分からないので、聞かれても答えることができないのです。

それでも何とか新幹線の混雑具合が分からないかとお悩みの方に、今回は新幹線指定席の空席情報を調べる簡単な方法を紹介します。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

関連記事

新幹線指定席の空席情報を調べる簡単な方法を紹介

東北・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線をご利用の方

北陸新幹線

JR東日本が運営する新幹線である、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、山形新幹線、秋田新幹線を利用する場合、空席情報はえきねっとを利用するのがいいでしょう。

えきねっとはJR東日本が運営するウェブサイトで、会員登録をすれば切符の購入・予約もできる便利なサイトになっています。

利用料金などは特にないので、東日本のエリアで新幹線を利用することが多い方は会員登録もしておいた方がいいでしょう。なお、会員登録をしていなくても空席情報の検索は可能です。空席情報を検索した場合は下のような画面になります。

えきねっとで新幹線の空席情報を検索

えきねっとより

空席情報も「○」「△」「×」程度の目安ではありますが、「○」なら座席に余裕がある「△」なら3人席の確保が困難、複数人での移動の場合は座席が離れてしまうかも、「×」なら満席といった具合で座席の状況を判断することができます。

また、空席情報を検索したタイミングでも、数日前で「△」なら急がないと満席になってしまう状況ですが、当日で「○」といった状況もあるかもしれません。当日で「○」なら自由席が利用できる車両なら自由席で十分なのが普通ですが、利用者皆がそう考えていた場合、指定席がガラガラであっても、自由席は混みあっているという状況はあり得ます。

あくまでも指定席の混み具合という目安であることに注意した方がよさそうです。

東海道新幹線をご利用の方

東海道新幹線

東京から新大阪までの区間を運行する東海道新幹線を利用する方は、空席情報の検索にJR東海が運営しているJRサイバーステーションを利用するのがいいでしょう。

JRサイバーステーションはデザイン性はあまりないウェブサイトではありますが、空席情報が知りたいという要望はしっかり満たせています。むしろ、最近のウェブサイトはデザイン性が高いのですが、どこにどんな情報があるのかすぐに分からない場合も多く、ご年配の方などは苦手意識が高いかもしれません。

しかし、JRサイバーステーションなら、無駄な装飾やリンクが一切ない親切設計になっているので、普段ウェブサイトの利用をしない方でも十分活用できると思います。

JRサイバーステーションのサンプル画像をいくつか紹介しておきます。

JRサイバーステーションTOPページ

JRサイバーステーション空席情報1

JRサイバーステーション空席情報2

JRサイバーステーションより

山陽新幹線をご利用の方

新幹線500系・山陽新幹線

新大阪から博多の間を運航する山陽新幹線を利用する方は、空席情報の検索にJR西日本が運営しているe5489を利用するのがいいでしょう。

山陽新幹線は、先程紹介した東海道新幹線と乗り合わせで運行しているため、東海道・山陽新幹線として認識している方も多いと思います。また、JRサイバーステーションでも山陽新幹線の区間の空席情報を閲覧できるようです。

ただ、e5489はJRサイバーステーションと違い、切符の予約・購入もできるようになっているため、新大阪以西の山陽新幹線を利用する機会が多い方はJR西日本が運営するe5489を利用した方が利便性が高いでしょう。

e5489を利用する際は、切符の受取は基本的にJR西日本・JR四国・JR九州の管轄エリアの駅でないと予約した切符の受取ができない点に注意が必要です。

これまで紹介したウェブサイトの中でもe5489が最も分かりやすく綺麗なウェブサイトになっていました。JR西日本の管轄となる米原駅以西にお住まいの方で西方面の切符を購入する場合はe5489を利用するのがおすすめです。

e5489きっぷ受取エリア

e5489より

EXカードを持っている方

東京駅 丸の内北口 改札・EXカードイメージ

東海道新幹線・山陽新幹線をご利用いただく方なら、当サイトでも何度か紹介しているJRのサービスである、エクスプレス予約の画面から空席情報を確認することもできます。

エクスプレスカード(EXカード)は年会費1,080円で入会できるJRのサービスで東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約&IC乗車サービスです。エクスプレスカードにはJR西日本とJR東海の2種類があり、自分が利用する駅に近いエリアのものを所持するのが普通です。

エクスプレス予約の画面からならリアルタイムで空席情報が確認できますし、気に入った席があればそのまま予約することも可能です。予約もPCだけでなくスマホからも可能になっていますから、かなり便利なサービスになっていることが分かると思います。

年会費もさほど高くないので、個人で入会しておくのもいい選択だと思います。

この記事をご覧の方には「金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について」の記事もおすすめです。

新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

初心者にもおすすめできる新幹線の格安チケット購入方法

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


新幹線指定席の空席情報を調べる方法は色々ありますが、どうせなら空席状況が分かった段階で新幹線を予約購入しておきたいですよね。

JRなら1ヶ月前から新幹線指定席を予約することができますが、適用される割引が往復割引を除いて、初心者にはなかなか利用しづらいものが多いのも事実です。

最も簡単にできる格安チケットの購入は金券ショップを利用することです。利用する新幹線の発着駅によっては自由席券しかない場合もありますが、切符も乗車券と特急券がセットになった1枚だけの切符で、主要な区間であれば指定席を利用できるチケットも販売されています。

注意しておきたいのが、利用できない期間があることと、会計が現金のみであること、返金などの補償がないことです。接客に当たり外れがあるかも知れませんが、利用したい区間を伝えることさえできれば、金券ショップでも切符の購入は簡単です。

もしかしたら初心者の方には難しい方法になるかもしれませんが、新幹線の往復切符とホテルの宿泊がセットになって料金が安くなるプランもあります。もし、切符はJRの往復割引、後は自分で宿泊先のホテルを探す、または予約するなら世界最大の宿泊予約サイト、Booking.comもおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。