新幹線回数券を利用して途中下車や乗り越し精算をした場合の料金計算方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

以前の記事「金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について」などで、新幹線回数券の使い方について紹介しています。

金券ショップを利用して節約する場合では、事前に切符の使い方について調べておいた方が店舗で多くの情報を提供されて混乱する心配もありません。

金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について
新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。

特に、普段切符を使い慣れていない方ほど、購入前の情報収集は大切だと思います。

さほど難しいことではありませんから、「金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について」にざっと目を通しておくだけでも大分違います。

さて、今回は金券ショップなどで購入した新幹線回数券を利用する時に、途中下車や乗り越し精算をした場合の料金計算方法についてご案内します。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

スポンサードリンク

新幹線回数券を利用して
途中下車や乗り越し精算をした
場合の料金計算方法

新幹線回数券を利用した場合に途中下車はできるの?

新幹線改札|新幹線への乗車・降車|乗り換え

回数券を利用する場合途中下車はできません。ただ、前途無効とすることで途中の駅で降りることは可能です。ここでは途中下車と前途無効の違いにつても説明します。

途中下車について

途中下車とは、切符の区間内にある駅で一度列車を降りて改札から駅の外に出て、その後再度改札から駅構内に入り列車に乗ることです。

仮に「東京-大阪」の乗車券を持っていたとしたら、途中にある京都駅で一度駅の外に出て、再度電車に乗り直して大阪駅に行くのが途中下車です。

JRで切符(乗車券)を購入した場合、片道の距離が101km以上ある時は途中下車ができるようになります。また、101km以上の乗車券は距離が長くなるほど有効期間も長くなるようになっています。詳しい有効期間については下に紹介します。

駅間の距離と有効期限
駅間の距離 有効期限
200キロメートルまで 2日
400キロメートルまで 3日
600キロメートルまで 4日
800キロメートルまで 5日
1000キロメートルまで 6日

※1001キロメートル以上は200キロメートルごとに1日を加えます。

途中下車ができる切符は必ず2日以上の有効期限があることになります。また、途中下車の際に日をまたいでもいいので、数日かけて移動することも可能です。

前途無効について

前途無効とは、切符に記載されている区間内の駅から乗車または降車することです。この場合、追加料金は発生しませんが、乗車した駅より手前の区間や降車した駅より先の区間は無効になります。

例えば、新幹線回数券「東京-新大阪」を購入したけど、新横浜から新幹線に乗った方が都合が良い予定に代わったため、新横浜から乗車するというのは可能です。また、新大阪ではなく京都で降車するというのも可能です。

ただし、この場合は「東京-新横浜」間や「京都-新大阪」間は無効となり、切符は降車時に回収されます。

途中下車ができない回数券や駅間の距離が100km以下の切符では、区間の内側で電車に乗ったり降りたりすることはできますが、残っている区間を再度利用することができなくなります。

切符に詳しい人ほど、回数券でも途中下車ができると思っていることが多いので、金券ショップでもたまに案内することがあります。

通常の切符と回数券では
乗り越し精算時の計算式が異なります

比較|比べる

まず、通常の切符を購入した場合、下の図のように本来購入するはずだった区間と、購入した区間の差額が乗り越し精算時に払う料金になります。

乗り越し清算の時に支払う料金は、本来購入するはずだった区間の料金と、購入した区間の料金の差額になります。

そのため、この場合は「本来購入するはずだった区間の料金」=「切符の料金+乗り越し精算時の料金」になります。

乗り越し精算で払う料金1

しかし、回数券を利用して乗り越し精算になった場合は、回数券の区間の終了駅から本来利用した駅までの区間を別途切符を購入して乗車することになります。

そのため、通常の切符購入時のように、必ずしも「本来購入するはずだった区間の料金」=「切符の料金+乗り越し精算時の料金」とはなりません。

むしろ、「本来購入するはずだった区間の料金」>「切符の料金+乗り越し精算時の料金」になることや「本来購入するはずだった区間の料金」<「切符の料金+乗り越し精算時の料金」になることがあります。

乗り越し精算で払う料金2

乗り越し精算で払う料金3

こういった現象が起きる理由は、JRが駅間の距離で料金を決めるため、端数が切り上げられたり切り捨てられたりすることが原因となっています。

詳しくは「普通電車の切符料金は切符分割で安くなる!?乗車料金を簡単に安くする方法」をご覧いただくのをおすすめします。

普通電車の切符料金は切符分割で安くなる!?乗車料金を簡単に安くする方法
みなさんはJRの切符料金がどのようなルールで決まっているかご存知ですか?私は金券ショップの店員になって初めて知ったのですが、距離で料金を決めているんです。 このルールを利用すると、切符を区切った方が安くなる区間があったり、逆に高くなってしまう区間があったりと、色々な発見があります。

金券ショップでは、こういった切符の分割で料金が安くなる区間や切符の分割で料金が高くなってしまう区間をある程度把握しています。

なので、料金表にない区間に関しても安くなる切符の購入方法を案内してもらえるケースがあるかもしれません。

自分が利用したい区間が料金表に記載されていなくても、金券ショップで区間が扱われているかどうか問い合わせしてみるのもいい方法です。

よく聞かれる区間は金券ショップもあらかじめ調べておいていることが多いので、自分で調べるよりも早く結果が分かるかもしれません。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加