Google Play(グーグルプレイ)ギフトカードの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

おすすめサービス
グーグルプレイギフトカード

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回はGoogle Play(グーグルプレイ)ギフトカードの基本事項をはじめ、使えるお店や購入可能場所を紹介します。

この記事をご覧の方にはAmazon(アマゾン)ギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

関連記事

Google Playギフトカードの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

Google Playギフトカードの基本事項

Google Play(グーグルプレイ)ギフトカードの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

Google Playギフトカードの基本事項
基本事項摘要
商品券名Google Playギフトカード
発行会社グーグル合同会社
券種1,500円、3,000円、5,000円
1万円、1万5,000円、2万円
1,500円~5万円で入金できる
「バリアブルカード」というタイプもあり
有効期限なし
お釣り出ない
ポイントなし
使えるお店google play
購入場所(例)主要なコンビニエンスストア、大手小売店
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

google playギフトカードとはgoogle playが提供しているサービスの料金を支払うときに利用できるカードです。

google playといえばネット上のコンテンツ、アプリケーションや動画配信、音楽、コミック、ニュースの閲覧などを提供しているところですが、そのサービスを利用する際にかかるお金をこのギフトカードで決済することができます。

このgoogle playギフトカードの魅力はクレジットカード決済の代わりに利用できる点でしょう。

その多くはネット上のコンテンツということもあり、google playの支払いをクレジットカード決済で行っているケースが非常に多いのですが、いろいろな理由でクレジットカードを使えない、使いたくない場合にこのカードが役立ちます。

またクレジットカードのように、知らず知らずたくさんのサービスを利用しすぎて後で請求が来たときにビックリ!といったことがない点も魅力です。

購入できる店舗も幅広く、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといった主なコンビニのほか、イオンやドンキホーテといった大手小売店でも購入することができます。

チャージが可能ですが、購入の際には1,500円、3,000円、5,000円、1万円、1万5,000円、2万円とあらかじめ6種類の額面が用意されているタイプもあります。まずどの金額から使い始めるのか、利用したいサービスの料金に合わせて選びましょう。

それに対して購入時に1,500円~5万円の間で好きな金額を自分で決めて購入できる「バリアブルカード」というタイプもあります。

サービスの中には細かい利用料金のものもありますし、複数のサービスの料金をまとめて決済する場合にはどうしても区切りのいい金額にはならないものです。

そんな時にこのバリアブルカードを使うとよいでしょう。額面が決められたものはギフト用、バリアブルカードは自分で利用するときにとくに適しています。

なお、このgoogle playギフトカードでgoogleストアに残高をチャージする形でサービスを利用することになるため、複数のgoogle playギフトカードを合算させることも可能です。

Google Playギフトカードが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

Google Play(グーグルプレイ)ギフトカードはgoogle playで利用することができます。

Google Playギフトカードの利用可能店舗
店舗種類店舗名
google playgoogle playに出店している
デジタルコンテンツ提供企業

google playギフトカードは、google playストアにラインナップされている有料のコンテンツを利用する際の決済に利用できるカードです。

無料のコンテンツも多く取り揃えられているgoogle playですが、本格的にゲームや音楽、映画などを楽しもうと思ったらやはり有料のコンテンツもいろいろと試してみたいものです。

そんな時にこのgoogle playが役立ちます。クレジットカード決済ができない、利用したくない場合などに代わりにも便利です。

そんなgoogle playギフトカードの使えるお店・お釣り・有効期限については、まず当然のことながら利用はgoogle playストアのみとなります。

実店舗ではなくネット上の決済でもっぱら使用することになるのが特徴のひとつでしょう。電子マネーの一種と考えてもよいかもしれません。

ギフトカードや商品券はどれだけ幅広いサービスや店舗に利用できるかが評価を決める大事な基準になるものですが、このgoogle playはかなり用途を絞ったカードといえそうです。

そのため贈り物にする場合には相手が日ごろgoogle playのサービス・コンテンツを利用しているかどうか確認しておくことも大事です。

お釣りに関してはネット上の決済の形になるのでそもそも存在しません。たとえば1,250円の利用料金に対して1,500円のgoogle playギフトカードを利用した場合には、250円の残高が残るという形になるのです。

しかも複数のカードの残高を合算することもできるので残高が半端な金額になってしまったという場合も心配ありません。この点は一般的な商品券・ギフトカードにはない大きなメリットでしょう。

有効期限も設けられておらず、いつまでも使い続けることが可能です。google playのコンテンツには継続して料金を支払い続けるものと、一回だけ利用料金を支払うものがありますが、後者の支払いがメインで使う間隔があいてしまった場合でも問題なく使うことができるので安心です。

用途が狭いという点ではマイナスな面もありますが、もともとgoogle playでの利用のみを前提に作られたカードなので、むしろ使い勝手のよさを高く評価するべきなのでしょう。

Google Playギフトカードはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

Google Play(グーグルプレイ)ギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、Google Play(グーグルプレイ)ギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

Google Playギフトカードの購入可能場所
Google Playギフトカード
購入可能場所
(一例)
  • 主要なコンビニエンスストア
    大手小売店のサービスカウンター
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販

まず一番最初に紹介するのが主要なコンビニエンスストアや大手小売店にあるサービスカウンターで注文する方法です。ここでは熨斗も無料ですし、小箱に料金もかからないところが多いです。また、ラッピングなどもしてもらえます。

贈答用にGoogle Play(グーグルプレイ)ギフトカードを購入する場合は、主要なコンビニエンスストアや大手小売店にあるサービスカウンターがおすすめです。なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。

Google Playギフトカードの金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

google playギフトカードはgoogle playが提供しているさまざまなコンテンツの支払いに利用できるカードです。ゲームや音楽、映画、あるいはニュースなど継続して利用し続けるコンテンツが多いということもあって安く購入できるならぜひ欲しい、という人も多いようです。

たとえばネットゲームの支払いに5%安く購入できたgoogle playギフトカードを利用すれば事実上サービスそのものを5%安く利用できる形になるからです。

では金券ショップにおけるgoogle playギフトカードの販売価格はどの程度になっているのかというと、扱ってはいるが在庫状況にばらつきがあるというのが実情です。

とはいえ、最近では金券ショップで扱える商品が少なくなっていることもあり、google playギフトカードの取り扱いを行っている金券ショップも増えてきています。

現在増えているネット決済用のプリペイド式カードはなかなか金券ショップで取り扱うのが難しく、店舗でも扱いかねているというのが実情です。

google playギフトカードには大きく分けてあらかじめ額面が決められているものと、購入時に自分で設定できるバリアブルカードの2種類があります。

前者は額面がすぐに判断できるので金券ショップでも扱いやすいのですが、後者の場合は店頭で残高を確認することができないので買取そのものを行っていないケースが多く見られます。

ですから金券ショップで売られているものは、その多くが額面が決まっているタイプと考えてよいでしょう。

具体的な販売価格に関しては93~95%程度。有名な商品券や図書カードに比べると安い金額となっており、うまく利用すればかなりお得になるでしょう。

具体的な金額に関しては店舗によって異なり、安いところでは額面の90%くらいで売られている場合もあります。

ですから金券ショップでgoogle playギフトカードを購入しようと思った場合にはまず扱っている店舗を探し、そのうえで額面の95%程度を目安にできるだけ販売価格が高いところを探していく、というのがもっとも基本的なパターンとなるでしょう。

ちょっと面倒になるかもしれませんが、ネットでいろいろと情報収集をしてみましょう。

Google Playギフトカードの金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

google playが提供している有料コンテンツの利用料金の支払いに使うことができるgoogle playギフトカード。クレジットカードでの決済ができない、もしくはしたくない場合などにも便利なのでプレゼント用だけでなく自分で使用する場合にも非常に便利です。

また、このカードにはあらかじめ額面が設定されているタイプと、購入の際に1,500円~5万円の範囲内で好きな金額を指定できるバリアブルカードというタイプの2種類が用意されています。この違いやギフトカードの特徴は金券ショップでの取り扱いと深くかかわっています。

通常の商品券とはカードタイプなのでお釣りが出ない一方、金券ショップとしては扱いづらい部分もあります。残高や未使用なのかどうかを店頭で確認するのが難しいからです。

また、バリアブルカードタイプの場合、そもそも未使用の段階で残高がどれぐらいなのかわからないという難しい面もあります。それだけ取り扱いそのものを行っていない金券ショップも少なくないのです。

金券ショップで取り扱っている場合にも買取の際にさまざまな条件を設定している場合が多く、どのような形で持ち込むかによって実際の買取価格に大きな差が出てくることもあります。

商品券やギフトカードの類は額面の何%分で買い取るという形になっているのが一般的ですが、google playギフトカードの場合は店舗だけでなく持ち込む環境によってその設定が違ってくるので注意しましょう。

ポイントは購入時のレシートか納品書がついてくるかです。これがあれば購入時の残高を確認・証明できるので店舗としても安心して買い取れるため高い買取金額となります。

それでも額面の80~85%程度、全国百貨店共通商品券などの有名デパートや百貨店で利用できる商品券に比べるとやや低めです。

一方レシートや納品書がついてこない場合にはガクっと下がって額面の65~70%程度の買取価格になってしまうので注意しましょう。なお原則として買取は未使用のみ、裏面に登録番号にシールが張られている状態で持ち込むことになります。

電子マネーを売買できるウェブサイトを紹介

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】

今人気急上昇中の格安ギフト券でお得にお買い物!
Amazonギフト券等電子ギフト券が格安で!
そして安全にやり取りできる
電子ギフト券売買(トレード)サイト

オススメ

今回はGoogle Playギフトカードの紹介をしました。Google Playギフトカードの買取をしている金券ショップもありますが、地域によっては電子マネーを買取していない店舗もあるでしょう。

そんな方には電子マネーの個人売買サイトがおすすめです。金券ショップで買取を断られてしまった電子マネーでも、個人間で売却することなら可能です。

格安のGoogle Playギフトカードが欲しい方にもおすすめのサービスです。

この記事をご覧の方はAmazon(アマゾン)ギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。