テレホンカードとは|金券ショップで取り扱いのある商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
テレホンカード|テレカ|公衆電話

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

プリペイドカードの1つテレホンカードも金券ショップで売買されている商品です。

このページでは、テレホンカードについての説明を行います。

スポンサードリンク

テレホンカードとは
金券ショップで取り扱いのある商品一覧

テレホンカードとは

紹介|案内|利用方法

テレホンカードとは、公衆電話から電話をかける時に利用するプリペイドカードです。主に駅や病院などの公共施設や大型店舗の一角に公衆電話があり、そこで利用できるようになっています。

テレホンカードはお釣りは出るの?

テレホンカードの利用時にはお釣りがでません。500円分のテレホンカードを利用して300円分の通話をした場合は、カードにその情報が記録され、残りの200円は次回の利用時に使えることになります。

ちなみに、テレホンカードでは度数という数値を利用していて、10円分を1度と換算しています。そのため、50度数のテレホンカードの定価は500円、100度(おまけ有で105度の場合もある)のテレホンカードの定価は1000円となっています。

それ以外の額面(320度など)も以前はありましたが、現在では偽造などの問題から販売されていません。今では50度か100度、105度のテレホンカードが一般的です。

テレホンカードの額面一覧

テレホンカードには下記の額面があります。

  • 500円(50度数)
  • 1000円(100度数・105度数)
  • 3000円(300度数・320度数)※現在販売なし
  • 5000円(500度数・540度数)※現在販売なし

 テレホンカードの現在での利用方法

テレホンカードは今では携帯電話の普及により、ほとんど利用する人がいませんが、今でも有効に利用する方法はいくつかあります。

  1. 子供に携帯電話を持たせないようにする教育方針の場合の連絡手段
  2. 病院に入院する際の連絡手段としての利用(お見舞いなど)
  3. NTT固定電話の通話料金支払いに充当する方法

1.の利用は今では少なくなりましたが、金券ショップに来店するお客様には小学生などの子供に携帯電話を持たせない教育方針のため、テレホンカードを何枚か持たせるようにしている方がよくいらっしゃいます。

2.の利用はご年配の方に多く、家族や友人が入院する際に連絡手段としてテレホンカードをお見舞いなどで持っていくために購入することが多いようです。

3.の利用方法はあまり知られていませんが、NTTの固定電話での通話料金(※基本料金は不可)への充当として、未使用のテレホンカードを利用することができます。

この利用方法はNTTにテレホンカードを所定の方法で郵送し、1枚あたり54円(磁気テレホンカード)の手数料を払うことで適用できます。

金券ショップでテレホンカードを購入する時に
注意しておきたい点

チェック・ポイント・注意

テレホンカードの利用者が激減しているため、金券ショップでは額面の50%程度でテレホンカードを販売しています。金券ショップでテレホンカードを購入する際に注意しておきたい点を下に挙げておきます。

  1. 買取が商品仕入れの基本となるので、デザインを指定することはできません。
  2. 販売しているテレホンカードの種類によっては、利用できる公衆電話が限られてくる場合があります。
  3. 商品購入時は数の数え間違いなどを防ぐため、店員と商品数を確認しておいた方がいいです。

一番注意しておきたいのは2.です。金券ショップでもテレホンカードは主力の商品ではないため、買取時の店員の確認が不十分であることがあります。

そのため、金券ショップで購入したテレホンカードが公衆電話によっては使えないということもたまにあります。お店によってはレシートなしだと交換に応じてくれない場合もありますから、利用までの間はレシートなどを保管しておく方が無難です。

金券ショップにテレホンカードを売却する時に
注意しておきたい点

チェック・ポイント・注意

テレホンカードは金券ショップで全くと言っていいほど人気のない商品なので、換金率もかなり安くなる商品となっています。

金券ショップにテレホンカードを売却する際に注意しておきたい点もありますから、ここで紹介しておきます。

  1. テレホンカードが利用されていた場合(穴があいている場合)は買取できません。
  2. テレホンカードのデザインによっては買取を断られることがあります。
    ※アダルト系など商品として販売するのに適さないと思われるデザインの場合
  3. テレホンカードの種類によっては買取を断られる場合があります。
    ※自分で作成したカードやアイドルの写真テレカ、お寺や神社などのテレホンカードは分厚いものが多く、利用できる公衆電話が限られてくるため
  4. 金券ショップの在庫状況や市況によって、買取価格が変わってしまう事もあります。
    ※店舗によっては買取不可となることもあります。
  5. 買取依頼を受けた際には、お客様の住所・氏名・年齢・職業・連絡先を所定の用紙に記載していただき、免許証などの本人確認証の提示を求めることがあります。
    ※1万円以上の買取依頼では必須の手続きと法律で定められています。

1.はたまに気付かずに売ろうとしてしまうこともありますから、事前に確認しておいた方がいいと思います。2や3の関係で買取を断られる場合もありますから、事前に承知しておいてもらえると助かります。

全国相場もかなり低く設定されていて、50度のテレホンカードは50円~200円程度、100度や105度のテレホンカードでも、200円~400円程度となっています。

このページを見ていただいた方へのおすすめ記事

このページを見ていただいた方へのおすすめ記事を紹介します。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加