LINE(ライン)プリペイドカードの基本事項

おすすめサービス

LINE・ライン

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回はLINE(ライン)プリペイドカードの基本事項について紹介します。

この記事をご覧の方にはAmazonギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

関連記事

LINE(ライン)プリペイドカードの基本事項

LINEプリペイドカードとは

今や子供からお年寄りまで生活の中で身近に触れているスマートフォンですが、その普及とともに知名度が上がったアプリがLINEです。LINEプリペイドカードは、このLINEコンテンツへ課金できるプリペイドカードです。

1,000円、3,000円、5,000円の3種類があり、LINEでおなじみのキャラクターのデザインが施されています。おもしろいのは取り扱うコンビニによってデザインに違いがあることです。

ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンなどコンビニで購入ができ、その他にもドン・キホーテ、イトーヨーカドー、ヨドバシカメラなどでの取り扱いもあります。LINEプリペイドカードで楽しめるのはLINEの利用に欠かせないスタンプの購入、またLINEゲームへの課金などです。

また大きな特徴として、LINEプリペイドカードを介した課金をすることによりApple税の節約が可能になるというものがあります。Apple税とは、iPhoneでLINEアプリの買い物をした時に徴収される税の事で、なんと30%も取られるのですが、LINEプリペイドカードを用いてLINEストアを利用すると、この30%の税を節約する事ができるのです。

クレジットカードでいいじゃない?と思っている人にとっても、LINEプリペイドカードを使うメリットは十分にあるということです。LINEプリペイドカードは主にコンビニ等の実店舗での購入が前提となっており、カード自体をネット購入は出来なくなっています。

もし、どうしてもネットで購入したいという場合は、ヤフオクなどの各種オークションサイトにてLINEプリペイドカードの出品を検索してみるのが良いでしょう。

ただし、カード自体の価格は額面より安くなっていることも多いものの送料や手数料がかかることがほとんどなので、実店舗で購入するほうがトータルでお得だったということは珍しくはありません。

使えるお店・お釣り・有効期限について

お店|店舗紹介|お店外観

LINEプリペイドカードが使えるお店は基本的にLINEストア内となります。公式スタンプやクリエイターズスタンプはもちろん、LINEゲームへの課金、LINEミュージック、LINE PLAY、LINEマンガ、LINEOut、きせかえなどの各種コンテンツが楽しめます。

そのため、LINE系のコンテンツにハマっている人へのプレゼントなどにもおすすめです。1つ注意したいのが、LINEアプリからの購入はできるのにLINEストア内では購入できないスタンプが存在する点です。

主にディズニー系などのキャラクター関連でよく見られる現象ですが、今後もまったく買えないわけではなく、買えるようになる可能性は残っているとのことなので、続報を待ってみるのも良いかもしれません。

自分が欲しいスタンプがLINEストアで購入可能なものかどうかを事前に調べておくとがっかりしないのではないでしょうか。

LINEプリペイドカード1,000円分で、例えば300円分の買い物をしたらお釣りはどうなる?と思う人も多いでしょう。プリペイドカードなのでお釣りというものはありませんが、カード残金としてきちんと残っているので安心してください。

LINEプリペイドカードの有効期限は購入日から1年間となので、この期間内に残金も使い切ると良いでしょう。ただ、LINEストアでチャージしてLINEクレジットに登録すれば有効期限がなくなり、気にせずに使えるという意見もあります。

登録をせずにカードのままとっておくと危険かな、程度に思っておいても良いかもしれません。ただし、LINEストアの利用規約の改定などがあればこのあたりも変わってくる可能性があります。

有効期限内なのにLINEプリペイドカードの登録ができない場合、システム側の不具合のこともありますが、カード裏面のPINコードを見るために力を入れて削りすぎ、肝心なコード部分まで削ってしまったということも多いようです。削る際は力を抜いて、優しく扱うようにしてみましょう。

LINEプリペイドカード
金券ショップでの販売価格は

価格相場|価格比較

LINEプリペイドカードをできるだけ安く手に入れたい!という時、プリペイドカードだから金券ショップでの取り扱いがあるのではと考える人も多いと思います。しかし実際に金券ショップを訪れると、取り扱いのなさに驚くのではないでしょうか。

実は、現時点でLINEプリペイドカードの買い取りや販売はおこなっていないという金券ショップが多いのです。

理由としては、LINEプリペイドカード自体の知名度と需要がまだまだ低い事もありますが、カード自体の仕組みが「実際に登録しないとわからない」性質のものだという部分が大きいのです。

LINEプリペイドカードは購入から1年が有効期限ですが、カード本体に「購入した日付」が刻まれる仕組みではないので、いつ購入したカードか第三者が確認できません。

いくら口頭でひと月前に購入しましたと言っても、相手もお金を扱う商売ですから、使えないものをお客さんに売ってしまっては信用に関わります。そのため、取り扱いに慎重なのです。

LINEプリペイドカードのシステムが変わり、例えば有効期限がなくなるとか、カードに購入した日付が刻まれるようになれば話が変わってくるのかもしれません。ネットオークションなどを利用してLINEプリペイドカードを安く入手しようとする人もいるかもしれません。

しかし、金券ショップでの買い取りが難しい理由をもとに考えてみると、届いたところで本当に使用できるカードなのかをオークションの画面から確かめる術がありません。

ダメだったら勉強代と思おう程度の気持ちで購入することができないのであれば、やはりコンビニなどで直接カードを購入するのがもっとも安全で確実な方法でしょう。

家電量販店などでは独自のポイントカードがあり、たまったポイント分でLINEプリペイドカードの購入が可能な場合が多いので、このポイントを利用して少しお得に購入するというのも安く手に入れる1つの方法です。

LINEプリペイドカード
金券ショップでの買取価格は

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

金券ショップでLINEプリペイドカードを買取に出したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。金券ショップでの金券買取換金率はおおよそ80~70%となっていますが、LINEプリペイドカードのようなプリペイドカードは買取不可としている所が多くなっています。

買取不可とされる理由としては需要が少ないということも少なからず影響していますが、それだけではありません。買取不可の大きな理由は「使い方」にあります。

LINEプリペイドカードは裏面に記載されているコードを携帯・スマートフォンに入力することでお金がチャージされ、利用することが出来ます。一度カードに記載されているコードを使用してしまうと、そのプリペイドカードの効力はなくなってしまいます。

そのため、プリペイドカードが有効がどうかを判断することが難しいため金券ショップでは買取不可とされていることが多いのです。しかし、LINEプリペイドカードが買取されないわけではありません。

LINEプリペイドカードを買取可能な所としては「ギフト券専門売買サイト」などが挙げられます。そのギフト券専門売買サイトの中でもオススメとなるのが「ギフル」です。

ギフルとはAmazonやGooglePlay、LINEプリペイドカードを安全に個人間で売買出来るサービスとなっています。ギフルでのLINEプリペイドカードの換金率は平均約80%で、原価とほぼ同等の買取価格となっています。

私自身ギフルを利用したことがありますが、とても使いやすくて便利ですよ。ギフルの利用には登録が必要となりますので、LINEプリペイドカードを買取してもらいたいという方は指定の情報を入力し、新規登録を行いましょう。

LINEプリペイドカードを買取に出す際にまず確認しておくべきことがあります。それは「カードが未使用なものであるかどうか」を必ず確認することです。これは当然なことですよね。使用したLINEプリペイドカード売買をしてしまうと、トラブル等が発生してしまうので注意しましょう。

電子マネーを売買できるウェブサイトを紹介

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】

今人気急上昇中の格安ギフト券でお得にお買い物!
Amazonギフト券等電子ギフト券が格安で!
そして安全にやり取りできる
電子ギフト券売買(トレード)サイト

オススメ

今回はLINEプリペイドカードの紹介をしました。LINEプリペイドカードの買取をしている金券ショップもありますが、地域によっては電子マネーを買取していない店舗もあるでしょう。

そんな方には電子マネーの個人売買サイトがおすすめです。金券ショップで買取を断られてしまった電子マネーでも売却することが可能です。

格安の電子マネーが欲しい方にもおすすめのサービスです。

この記事をご覧の方はAmazon(アマゾン)ギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。