DMMプリペイドカードの基本事項

おすすめサービス

DMM

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回はDMMプリペイドカードの基本事項について紹介します。

この記事をご覧の方にはAmazon(アマゾン)ギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

関連記事

DMMプリペイドカードの基本事項

DMMプリペイドカードとは

DMMプリペイドカードとは、ゲームや動画配信などさまざまなサービス提供をしている「DMM.com」でのあらゆる支払いに利用できるプリペイドカードです。利用するためにはDMM.comへの会員登録が必須ですが、そもそもDMMのサービス利用のために使うものなのでこの点は問題がないでしょう。

全国の金券が発行できるコンビニや取り扱い点でDMMプリペイドカードを購入し、DMMの公式サイトからコードを入力、その後はすぐにチャージされて利用できる仕組みです。販売価格は2,000円、5,000円、10,000円、さらに2,000円~50,000円の範囲で1円単位でチャージが可能なバリアブルシステムがあります。例えば2,100円などの商品に利用したい場合はバリアブルでの購入が便利でしょう。

DMM.comはオンラインゲームであっても18歳以下での登録を不可としていますし、クレジットカードでの支払いも可能なため、特にプリペイドカードの利用価値を感じない人もいるかもしれません。

DMMプリペイドカードの利用価値は、クレジットカードの請求書に載らないなどのプライバシー強化面の意味合いが強いと思います。

DMMというと、昔はアダルトコンテンツのみを配信していた会社ですし、今でもそのようなコンテンツに力を入れている非常に有名な会社なので、DMM=アダルトコンテンツとすぐに連想してしまう人も多いのです。

オンラインゲームのみの利用であっても、DMMにお金を払っているということを家族に知られたくないな…というケースも多々あるのではないかと思います。そのような場合にDMMクレジットカードを利用することで家族間のプライバシーを強化できるというわけです。

また、単純にオンラインでの決済にクレジットカードを利用したくないという場合にもおすすめですので、DMMのコンテンツに興味はあるが支払い方法で躊躇していたという人にも利用価値があるはずです。

DMMプリペイドカード
使えるお店・お釣り・有効期限について

お店|店舗紹介|お店外観

DMMプリペイドカードと名前がつくくらいですから、使えるお店は必然的にDMMプリペイドカードとDMM.comが提供しているサービス全般となります。DMMが力を入れてきたアダルトコンテンツはもちろん、近年話題のオンラインゲームでの課金などに使うことができます。

オンラインコンテンツ主流の時代だけれどオンライン決済にクレジットカードを使いたくない!という人にもおすすめです。

DMMのオンラインゲームと言えば大ヒットした艦これ、刀剣乱舞、最近は文豪とアルケミストなどもあり、また他のサービスで大ヒットしたゲームのDMM版リリースがあるなど、女性ユーザーも大きく取り込んでいます。

DMMは近年は同人誌や同人ソフトのDL販売などもしているので、アダルコンテンツを利用しない人でもDMMは.comに登録しているケースはとても増えています。

これらの課金にクレジットカードを使うと、請求書にDMMの社名が載ってしまうので、なんとなく嫌だな…という人も安心して利用できるのがDMMのプリペイドカードになるわけです。

オンラインゲームとのコラボキャンペーンもあり、DMMプリペイドカードの購入金額に応じてゲーム内アイテムが当たるなど、ユーザーに嬉しい企画が用意されていることもしばしばあります。

もちろん、DMMのアダルトコンテンツの支払いにも利用でき、家族間のプライバシーを守ることが可能です。

チャージ分が半端に残ったら、お釣りの扱いはどうなるの?という点は、プリペイドカードの残高としてきちんと残るので安心してください。中途半端に残っている場合でも、新しいプリペイドカードを購入して合算することができます。

DMMのプリペイドカードには1年間の有効期限がありますが、注意したい点はそれぞれのコンテンツのポイントとしてチャージした場合でも有効期限が発生するところです。

コンテンツによってポイントの有効期限に多少の差があるので、自分が利用しているコンテンツのポイントの利用規約を確認してみてください。

DMMプリペイドカード
金券ショップでの販売価格

価格相場|価格比較

DMMプリペイドカードはVプリカなどの仮想クレジットカードとは違い、クレジットカードとしての扱いではないので金券ショップでの購入は可能となっています。しかし、DMMプリペイドの金券ショップでの販売価格はまだ安定していないというのが現状です。

というのも、DMMプリペイドカード自体が提供されてからあまり時間が経っていないこと、そのために知名度もまだ低いことから、取り扱い自体をしていない金券ショップが多いためです。

もし、金券ショップでDMMプリペイドカードをお得に購入したいという場合は、サイトを用意しているショップの場合は検索機能などで、サイトがないショップの場合は電話などで事前に問い合わせするのが確実でしょう。

DMMプリペイドカードが全国的に普及するまでは、コンビニなどで通常購入するのがもっとも確実な入手方法になると思います。しかし、こちらもウェブマネーやビットキャッシュに比べると取扱店がまだまだ少ない傾向があるようです。

さらに、オンラインサービスや電子マネーに疎いコンビニなどの場合は問い合わせへの回答が曖昧だったケースもあります。コンビニ購入を検討する場合も、来店前に電話などでDMMプリペイドカードがプリペイドカードの取り扱いがあるかを確認しておくのが良いでしょう。

可能性は確かではありませんが、土地柄でオンラインコンテンツやゲームコンテンツに詳しい場合などであればその地域の金券ショップでなら購入できる可能性が若干高くなるのでは?とも思います。もしくは、各種オンラインオークションサイトでの出品があるかもしれません。

しかし、現状はやはりコンビニで購入するのがもっとも確実と思われます。DMMのコンテンツは全国的に人気のあるものが多いので、時間が経つにつれて入手方法にもさまざまな幅が出てくるのではないでしょうか。

それまでは、金券ショップでの購入だけを考えるのはやめておいたほうが得策かもしれません。

DMMプリペイドカード
金券ショップでの買取価格

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

DMMプリペイドカードはVプリカなどのクレジットカードとは異なるもので、テレホンカードやバスのカードなどと同じ種類のプリペイドカードになります。そのため金券ショップでの取り扱いも可能となっています。

DMMプリペイドカードの金券ショップでの買取価格は、あまり平均的な金額が出せないというのが正直なところです。DMMプリペイドカードプリペイドカードは数あるギフト券のなかでも比較的発行が新しいため歴史も浅く、知名度や普及率の面でやや弱い印象があります。

金券ショップでの今までのDMMプリペイドカードの買取実績を参考にすると、額面の80%~90%ほどいけば多いほうという印象です。他のギフト券と比べると換金率は劣ってしまっているようです。

ただし、ギフト券の類は時期によって価格が変動するのが特徴なので、一時的に換金率が高くなることもあるようです。

DMMプリペイドカードプリペイドカードはDMM.comのコンテンツ課金に利用できるカードですが、オンラインゲームであってもサイトの規約上18歳以上であることが求められますし、アダルトコンテンツを配信してきた会社なので入学や卒業祝いに…なんてことはまずないはずです。

一概には言えませんが、DMMにて注目度の高いオンラインゲームが発表されたとき、そのオンラインゲームが配信される直前や既存の人気オンラインゲームの大型アップデートの時期などは需要が高まる予感がします。

強化のために課金をしたい!という人がもっとも多くなる時期を狙って換金してみる、というのも1つの方法かもしれません。今後、DMMプリペイドカードの知名度と普及率の高まりとともに換金率が上がっていく可能性もあります。

しかし、注意したいのはDMMプリペイドカード自体の有効期限が発行から1年であることです。このためにずっと保管しておいて期限切れとなってはもったいないですし、自分で使ってしまうのが最良となる場合があることも頭に入れておきましょう。

電子マネーを売買できるウェブサイトを紹介

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】

今人気急上昇中の格安ギフト券でお得にお買い物!
Amazonギフト券等電子ギフト券が格安で!
そして安全にやり取りできる
電子ギフト券売買(トレード)サイト

オススメ

今回はDMMプリペイドカードの紹介をしました。DMMプリペイドカードの買取をしている金券ショップもありますが、地域によっては電子マネーを買取していない店舗もあるでしょう。

そんな方には電子マネーの個人売買サイトがおすすめです。金券ショップで買取を断られてしまった電子マネーでも売却することが可能です。

格安のDMMプリペイドカードが欲しい方にもおすすめのサービスです。

この記事をご覧の方はAmazon(アマゾン)ギフトカードを金券ショップで購入して節約もおすすめです。

金券ショップの商材として最近注目を集めている商材にAmazon(アマゾン)ギフトカードがあります。私のお店でも最近仕入れができるようになったので販売していますが、定期的に売れる人気商品になりつつあります。まだコンビニなどで定価で買っている方も多いと思いますから、ちょっと紹介しておきたいと思います。
この記事をご覧の方には電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。