2017年6月1日からはがきの料金と定形外郵便の料金が変更になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
料金|金額|支払い|お釣り|安い

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

まだ知らない方も多いようですが、2017年6月1日に郵便料金が大幅に改定されます。対象となるのは、はがきと定形外郵便で、はがきは52円から62円に、定形外郵便には規格内と規格外ができ、軽くても大きい荷物の料金は高くなります。

金券ショップでも切手やはがきを販売していますから、料金がどのように変わるのかも含めてみなさんにご案内しておこうと思います。

しばらくの間は切手やはがきの買いだめは避けた方がよさそうです。

定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧も人気の記事です。

定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧
郵便料金は基本的に重さで決まりますから、キッチンスケールなどで重さを量って終わりのことが多いです。ただ、いつも面倒で困るのが特定記録や速達・簡易書留などのオプションを付けようとした時に、事前に調べようとしても料金表のようなものがネット上のどこにもないのです。なので、今日は料金表を作っちゃいました。
このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

関連記事

2017年6月1日からはがきの料金と
定形外郵便の料金が変更になります

はがきの料金は52円から62円に変更

はがき
はがきの料金は現行の52円から62円に引き上げられます。それに伴い往復はがきの料金も20円上がります。一点気になるのは年賀はがきの料金は据え置きで変更がない点です。

はがき料金変更について
料金の区別 現行料金 新料金
通常はがき 52円 62円
往復はがき 104円 124円
年賀はがき 52円 52円

郵便局は年賀はがきの定義を以下のように定めています。

年賀はがきは12月15日から翌年1月7日までの間に差し出された通常はがきのうち、表面に「年賀」の文字を明瞭に朱記して差し出されたものとします。

はがきの料金改定は分かっていたことでもあります。現状で最も郵便局に負担が大きい配送方法がはがきだと思います。小さくて軽いとはいえ、届けるのは定形郵便とほぼ同じぐらいの手間ですから、それだけで30円もの差がついていると、収益をかなり圧迫する要因になるのではないでしょうか?

クロネコヤマトがAmazon側に対して料金の改定を申し出る可能性が高くなるなど、今までのサービスには何らかの犠牲が伴っていたと考えざるをえません。

サービスには料金がかかるのは仕方がないことなので、はがきの料金改定は妥当とも思います。

一つ気になるのが、年賀はがきが対象外となっている理由です。これは恐らく郵便局員の販売ノルマの存在と、金券ショップへの転売量の関係からだと考えられます。

年賀はがきの発行部数は大体50万部ほどではありますが、実際に配達されているのは半分ぐらいの25万部と言われています。データをどこで見かけたかは忘れてしまいましたが、金券ショップには11月から12月の間に年賀はがきの買取依頼が大量にきます。

半分ぐらいは金券ショップの在庫に消えていっているのもあながち間違いではないでしょう。

また、郵便局側としても、若者が年賀状を出さなくなって久しいご時世では、年賀はがきがこれ以上売れなくなってしまう原因を作りたくないのだとも思います。

2017年6月の郵便料金改定でも年賀はがきの販売料金が据え置きになる理由はこちら

2017年6月の郵便料金改定でも年賀はがきの販売料金が据え置きになる理由
2017年販売のかもめーるを紹介する記事で郵便料金改定についてはお伝えしています。しかし、年賀はがきについては、恐らく金券ショップの関係者以外には分からない理由があるでしょう。今回はそんな裏話を提供できればと思います。

定形外郵便に規格内・規格外のサイズ規定が新設

郵便ポスト・切手・はがき・レターパック

はがきの料金変更は値段を除けばさほどのことではありませんが、定形外郵便の料金改定には、新しい基準となる規格内、規格外という概念が新設されるので注意が必要です。

定形外郵便の変更は下記の通りです。

定形外料金変更について
重量 現行料金 新料金
規格内
新料金
規格外
50gまで 120 円 120 円 200 円
50g超100gまで 140 円 140 円 220 円
100g超150gまで 205 円 205 円 290 円
150g超250gまで 250 円 250 円 340 円
250g超500gまで 400 円 380 円 500 円
500g超1kgまで 600 円 570 円 700 円
1kg超2kgまで 870 円 1,020 円
2kg超4kgまで 1,180 円 1,330 円

定形外の料金設定には元々重量のみで決まっているという欠点(利用者側にとっては利点)がありました。現行のように、重量のみで料金を決めている場合、大きくて軽い荷物の送料を非常に安く抑えることができます。

これは以前の記事「チケットの郵送にも便利なレターパック・送料を安くする定形外郵便」でも少し触れていますが、ヤフオクなどで個人間売買が増え、ネットショップの普及で発送数は増えていますが、軽くて大きい荷物は運ぶ側からすればやっかい極まりありません。

定形外郵便はポスト投函となりますが、現行のルールでは、宅配便でいうところの60サイズ(3辺合計が60cm以内)まで送れてしまうので、荷物の大きさによってはポストに全く入らないこともあります。

こういった場合に、扉の近くに置いておけばいいのですが、丁寧な配達員さんの場合、宅配便と同様の配達方式をとってしまうこともあったようです。現場からすれば荷物がなくなってしまったなどのクレームが来たら非常にめんどうだからという理由で対応していたようですが、結果として料金に対して過剰なサービスとなってしまっていました。

2017年6月1日の料金改定で新設される規格内・規格外の基準をご案内します。

規格は長辺34cm以内短辺25cm以内厚さ3cm以内及び重量1kg以内となっています。この規格はレターパックの大きさと同じで、ポストに入るギリギリの大きさともなっています。これ以上大きい荷物はポストに入れることができません。

ポストに入るか入らないかがネックになっていた定形外郵便の問題を規格で解決しようという狙いのようです。なお、規格内の定形外郵便では、250g~500gの料金と、500g~1kgの料金は現行より安くなっている点にも注目です。

このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!? 切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。
 
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加