郵便切手や記念切手を金券ショップで高く買取ってもらうための4つの方法

あなたにおすすめのサービス
ポイント|理由|おすすめ|チェック

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回は、郵便切手や記念切手を金券ショップで高く買取ってもらうための4つの方法についてお伝えします。

この記事をご覧の方には定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧(2017年6月1日以降の料金)もおすすめです。

2017年6月1日から郵便料金が変わりました。基本的に郵便料金は重さで決まりますから、キッチンスケールなどで重さを量って終わりのことが多いです。ただ、いつも面倒で困るのが特定記録や速達・簡易書留などのオプションを付けようとした時に、事前に調べようとしても料金表のようなものがネット上のどこにもないのです。
このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

あなたにおすすめの記事

郵便切手や記念切手を金券ショップで
高く買取ってもらうための4つの方法

記念切手と通常切手では通常切手の方が買取価格が高い

金券ショップでの切手の買取り価格は、大抵の場合で記念切手よりも通常切手のほうが高くなる傾向があります。記念切手のほうが希少性があるし、珍しいはずなのにどうしてそうなる?と疑問に思う人は少なくないでしょう。

記念切手よりも通常切手のほうが買い取り価格が高くなりやすい大きな理由としては、記念切手の類は”商品としての価値が低い”ことが挙げられます。

記念切手なんだからそんなむやみに使うはずがない、コレクション目的なはずと思うかもしれませんが、近年のコレクター趣味のなかで切手収集はかなりマイナーなものとなってきているのです。

若い世代で切手収集が趣味という人は非常に少なく人気がないこと、また今までの収集家が高齢化していることもあり、今後のことを考えて収集よりも処分に回っているというのが現状です。

そのような状況のなかで、記念切手の持つ価値はどんどん下がってしまっているという背景があります。そして、価値が下がっていくなかでさらに処分に回る人が増え、記念切手の在庫数が増加し希少性がなくなる…というサイクルができあがっています。

通常切手として使う場合を考えても、記念切手は通常切手よりも大きなサイズで作られていることが多く、はがきや封筒に貼るには不便な印象です。

さらに、昔に発行された記念切手の額面は10円、5円などのものも多く、現行の郵便料金を満たすように使おうとすると宛名を書く所が狭くなる…などの不都合もあります。

つまり、記念切手の立ち位置はコレクターからの需要も少ないうえに、通常使用での需要も少ないということなのです。金券ショップで買い取り価格が高くなるものは、基本的には需要が高く在庫として揃えるメリットが高いものになります。

つまり、大量購入の可能性や通常使用分としての使い勝手が良い通常切手のほうが商品としての価値が高い、と判断されているのです。これが、金券ショップでの切手の買い取り価格が通常切手のほうが高くなる理由です。

切手はバラよりシートの方が買取価格が高い

基本的に、金券ショップでの切手の買取り価格はシートの状態のほうが高くなる傾向があります。バラの切手、シートの切手という言い方がありますが、バラの切手は文字通り一つ一つに切り離してある状態です。

注意したいのが、シートの切手の判断が金券ショップによって異なる場合がある点です。切手シート1枚=切手100枚分なのですが、金券ショップの判断で50枚でも1シートとみなされる場合があります。

シート状態のほうが買い取り価格が高いわけですから、50枚程度の切手をシート状で売却したい場合はこのような金券ショップに持ち込んだほうがお得になります。

シート状の切手のほうが買取り価格が高くなる理由は、会社の事務担当の人に需要があり、商品としての価値が高いことが挙げられます。

例えば自分が200枚の切手を購入すると考えたとき、バラよりもシート状のほうが買いやすいですし、管理もスマートにできることが想像できると思います。結果的には同じ額面の切手であっても買い取り価格に差が生じるのは、このような理由があるためです。

バラの切手をできる限り高く買い取ってもらうためには少し工夫をしましょう。切手が美しく揃うようにファイルなどを活用して並べ、管理が簡単な状態にすると高く買い取ってもらえる場合があります。

ファイルに揃える場合は額面、柄、大きさなどで分類して揃え、ぱっと見て直感的にわかりやすいようにしましょう。金券ショップによっては、A4サイズ、もしくはA3サイズ用紙に並べて貼り付けることで買い取り額が高くなるケースもあります。

ただし金券ショップによって対応も違いますし、貼り方のルールにも差があるので、事前に確認をとってからおこなうのが望ましいでしょう。

身近な場所に金券ショップがない場合でも、送付による査定で買い取りが可能なことも多くなっているため、地方在住でたくさんの切手の処分に困っていても諦める前にコンタクトを取ってみてください。

バラの通常切手や記念切手を高く買取してもらう裏技
A4用紙に貼り付ける買取依頼する金券ショップに確認する

シートで保管している切手はそのまま買取依頼を出す人が多いものですが、バラで保管している通常切手や記念切手はどのように買取してもらうのが正解なのでしょうか。

切手の買取依頼を出すケースはさまざまにありますが、多くの場合は「できるだけ高く買取してほしい」という希望があると思います。

買取を依頼する金券ショップによっても違いがあるのですが、高く買い取って貰うための方法の1つとして用紙に貼り付けてシート状にするというものがあります。

ある金券ショップを例に挙げると、A3のコピー用紙にバラの切手を同じ額面で揃えて貼り付けた状態であれば高価買取が可能としています。A3用紙とはおなじみのA4サイズの2倍の大きさのことです。

このサイズのコピー用紙はあまり一般家庭にはない場合が多いですが、その場合はA4のコピー用紙を2枚用意し、重なる部分がないように用紙同士をピッタリと貼り付けてA3の大きさにします。

A4コピー用紙の長いほうの辺同士を隙間のないようにくっつけて、セロテープで張り合わせればOKです。金券ショップによっては、印刷して使用できるA4~A3の貼り付けテンプレートを用意しているところもあります。

こちらを使うことで、バラの通常切手や記念切手を美しく貼り付けることができるのが嬉しいですね。買い取る側の気持ちを考えれば当然ではありますが、キレイに貼り付けるほど評価額も高くなる傾向にあるので、ゆっくりと焦らずに美しい並びを意識しながら貼っていきましょう。

切手の貼り付け方のルールはあくまでも一例です。金券ショップによって、この方法での買取をおこなっていない事もあるため、まずは買取を依頼したい金券ショップのサイトや電話問い合わせで確認しましょう。

用紙への貼付けではなく小さな袋に種類ごとに小分けすることを推奨している金券ショップもあります。買取を依頼する金券ショップ側の意向を汲むことも高額買取のヒントになります。

切手屋を前身とする
金券ショップの方が買取価格が高め

通常切手や記念切手をできるだけ高く売りたい、そのような場合は買取を依頼する金券ショップの選び方にもちょっとしたコツがあります。結論から言ってしまうと、もともと切手屋が前身だった金券ショップを選ぶのがポイントとなります。

これは特に記念切手などの希少な切手を買い取ってもらいたいときに重要です。一般の人にはその価値がわからなくても、切手専門の業者の経験があれば切手マニアの間での人気などのプレミアやコレクター性についての積み重なった知識があるからです。

これが切手の知識のない金券ショップだった場合、額面からのみの判断で安く買い取られ、後から非常に貴重な切手だったと知ってからではとても後悔するはずです。

では、一体どのように切手屋を前身としていた金券ショップを見分ければ良いのでしょうか。
一概には言えませんが、金券ショップの名前の一部に「切手」という単語が入っていると確率が高い傾向があります。

例えば「伊神切手」などの○○切手、もしくは切手○○などのショップ名の金券ショップがないか探してみましょう。または、切手の買取のみを専門としているショップに買取を依頼することです。

いずれにせよ、切手の買取価格はショップによって差がかなりあるのが現状です。いくつかの金券ショップや切手買取専門ショップに査定を依頼し、もっとも高い評価をつけてくれたショップに売ることも高額買取のコツとなります。

切手の査定額にはその保存状態がもっとも大きく関わるとも言われています。もし、処分したい切手をなんらかの理由で長期保存する場合は、後々の査定のことを視野に入れ、日の当たらない涼しい場所、カビや湿気の少ない場所など、切手に優しい環境で保存するよう心がけてください。

海外製の切手や消印がついている切手は金券ショップでも買取不可なことがほとんどですが、ネットオークションなどを利用することでコレクターに買ってもらえることがあります。

ただし、こちらは値段は何円からスタートするべきか?などわからない点も多いため、ある程度の切手への知識がある人におすすめの方法となります。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする