喪中はがきを送るタイミングはいつ?

おすすめサービス

喪中はがき

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回は喪中はがきを送るタイミングについてお伝えします。

この記事をご覧の方には定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧(2017年6月1日以降の料金)もおすすめです。

2017年6月1日から郵便料金が変わりました。基本的に郵便料金は重さで決まりますから、キッチンスケールなどで重さを量って終わりのことが多いです。ただ、いつも面倒で困るのが特定記録や速達・簡易書留などのオプションを付けようとした時に、事前に調べようとしても料金表のようなものがネット上のどこにもないのです。
このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

関連記事

喪中はがきを送るタイミングはいつ?

喪中はがきはいつまでに送っておくのが望ましい?

身内の不幸による新年の挨拶を控えるという旨を知らせる喪中はがきですが、出す時期について悩む人は少なくありません。一体いつまでに出すのが望ましいのか、またいつ頃からなら送りはじめて良いのでしょうか。

喪中はがきの性質上、お知らせを送る相手がこちらへの年賀状を準備する前に届くようにするのが基本的なマナーとなっています。遅くても郵便ポストなどに年賀状を投函する前にはお知らせしておきたいものです。

つまり、郵便局にて年賀状の受付が始まる12月15日より前に届くように心がけましょう。もっと早く余裕を持ってお知らせの準備ができる場合は、年賀はがきが発売となる11月1日より前の10月中に届くようにするのが理想です。

なので、喪中はがきを送りはじめて良い時期は10月からと言って良いでしょう。これよりも早すぎると年賀状の時期より離れすぎてしまい、相手によっては記憶が薄れてつい年賀状の準備をしてしまったなどのケースもありえます。

喪中はがきの基本は早すぎず、遅すぎずとおぼえておくと良いでしょう。喪中はがきを送る範囲はどの程度なのかについては、個人の考えかたで差がある部分です。両親や兄弟姉妹などの親しい間柄については送るという人がほとんどですが、おじ、おば、いとこ、祖父母、兄妹や姉妹の配偶者については出す人と出さない人がまちまちになっています。

喪中はがきに何を書くべきかについてはとてもシンプルです。近況などは書かず、家族の誰に不幸があり、年始の挨拶を控えるのかを相手にわかりやすく伝わるような内容にします。

文例がわからない…という場合でも、喪中はがきのマナーや文例について調べることで何を書けば良いのかが理解できます。

喪中はがきは人生のなかで頻繁に送るものではありませんし、文例などを参考にすることはまったく恥ずかしいことではないので、わからない部分は調べて相手へのマナー違反にならないように心がければ問題ありません。

11月や12月に訃報があった場合の対処法について

人の死はいつどんなタイミングで起こるかは予想することができません。例えば、11月や12月に入ってからや年末に不幸があった場合、喪中はがきの扱いはどのようにすれば良いのでしょうか。

喪中はがきは絶対に送るべきものではありません。ただ、毎年年賀状を送っている相手や親しい間柄に「今年は年賀状が出せない」という事を知らせる意味合いもあり、大半の人が不幸があれば喪中はがきを出すのがマナーと考えていることでしょう。

仮に12月に身内に不幸があり、慌てて喪中はがきを送ったとします。送る時期が12月の初旬であれば、届いた相手も送る前で良かったと思うでしょうが、問題は12月半ばを過ぎて届いた喪中はがきです。

この時期になると既に年賀状を投函していることも多く、喪中はがきを受け取った人が「しまった、年賀状が出せない相手なのに送ってしまった、悪いことをした」というような精神的な負担を感じる場合があります。

いくらこちら側がお知らせするのが遅かったからと言っても、やはり新年のめでたさを書いた年賀状を送ってしまったことを相手はとても気にするはずです。

また、12月という通常でも忙しくなりがちな時期に不幸が出ることで慌ただしくなり、いろいろなことに気がまわらない状態にもなります。

喪中はがきが相手に届く時期やこちらの都合を考慮し、喪中はがきを送らないという選択をとることは実は悪いことではないのです。

喪中はがきを送らない選択をとった場合、相手から年賀状が届いても特に問題はありません。
喪中に年賀状を受け取ってはならない決まりはないのです。

喪中はがきが出せなかった場合は、年賀状のお返しではなく寒中見舞いを用意し、喪中で年賀状が出せなかったことを相手に知らせるのが良いでしょう。

まとめると、喪中はがきを送る理想的な時期から外れた場合は無理をして送る必要はない、また必ず送らなければならないというものではない、ということになります。

年賀はがきを購入する人が多いのは12月の3週目ぐらい

年始の挨拶ができないと知らせる喪中はがきは、相手が年賀状を送る前に、相手側に届くようにするのが基本的なマナーと言われています。そのため、余裕があり早めに送ることが可能な場合は、年賀はがきの発売前である10月~11月初頭までに送るのが理想的です。

しかし、実際はそれより遅い時期に届くほうが多いでしょう。相手がこちらに年賀状を出す可能性が高いのであれば、遅くても12月初旬までに出しておくのがベターです。

年賀状の準備を始める時期には個人で差がありますが、平均では12月の第3週目あたりに年賀はがきの購入を始める人が多いというデータがあります。年賀状の受付が始まる12月15日頃は、実際には投函よりも購入を始める人が多いのです。

つまり、喪中はがきを10月~11月に送ることが難しいのであれば、12月中旬までに届くように送るのが目安ということになります。喪中はがきを出す範囲はこちらで決める事になりますが、喪中はがきを送っていない人から年賀状が届いたというケースは珍しくはありません。

それまでは送ってこなかった場合も、引っ越しや転勤などで生活環境が変わったなどで近況報告も兼ねて年賀状を送るという場合もあります。このような場合は年賀状のお返しをするのではなく、1月の7日を過ぎた頃に寒中見舞いとして挨拶を送れば問題ありません。

喪中の期間は絶対に年賀状を受け取ってはいけないというルールはありませんし、小学生の子供などがいる場合は子供には普通に友達と挨拶のやり取りをさせたいという家庭もあります。

10月~11月初旬、または12月初旬までに喪中はがきを送ることが難しい場合や、さまざまな事情で喪中はがきを送らない選択をとったとしても焦ることはありません。

どうしても気になる場合や年賀状に対してお返しがしたい場合は、寒中見舞いとして挨拶を送ることによって、やりとりが一方的になることもなくスマートな印象を与えられます。

最悪12月1週目中に届いていればいい

喪中はがきを早めに送るのを忘れてしまっていた、またはできなかったという場合、一体いつ頃までであれば相手に負担をかけることがなくなるのでしょうか。平均的な年賀はがきの購入時期は12月の第3週目だと言われています。

郵便局の日程的には年賀状の投函受付が始まる12月15日頃~と覚えておくと良いでしょう。
年賀はがき自体は11月の1日に発売されますが、年末と言うには少し早いため、この時期に購入する人はごく僅かです。

年賀状の投函受付の話題は必ずテレビなどのニュースで取り上げられますし、年末感も高まる時期にあたるので、実際はこの時期に年賀はがきの購入に動く人が多いのです。このことから、喪中はがきを送るのに適した時期がある程度割り出せます。

年賀はがきを購入する時期の平均が12月中旬頃なので、この時期より前に相手に届くようにするとスマートでしょう。具体的に言うのであれば12月の第一週目には届くように心がけます。

これを越えるようなケースの場合は、喪中はがきを送るのをやめて、相手から届いた年賀状に寒中見舞いを送る方法をとるのもおすすめです。喪中はがきが遅くなるケースにはさまざまあり、また不幸が出てしまうタイミングもそれぞれです。

なかには大晦日の12月31日に身内に不幸が出てしまう可能性もあります。このようにさまざまなケースがありますし、不幸が出た場合は精神的に落ち込んでしまうのが当たり前なので、例えば12月初旬に不幸が出たとしても自分の気持や都合を一番に考えて喪中はがきを出さないという選択をとっても問題はありません。

逆に12月中旬を過ぎてから届いた喪中はがきに相手側が焦ってしまうことも考えられます。
喪中はがきを出すか出さないかはこちらで判断してもかまわないということは覚えておくと良いでしょう。

また、喪中の期間というものにも明確なルールはなく、自分で立ち直れるなと感じた期間でかまいません。平均的には1年間を喪中とする人が多いようです。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。 今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。