2017年6月の郵便料金改定でも年賀はがきの販売料金が据え置きになる理由

あなたにおすすめのサービス
料金|金額|支払い|お釣り|安い

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

2017年6月1日から適用される郵便料金改定2017年かもめーるの販売価格は62円で一部触れていますが、郵便料金改定後も年賀はがきの料金は52円で据え置きとなっています。

ちなみに、郵便物が年賀はがきと判断される条件は次のようになっています。

12月15日から翌年1月7日の間に差し出された通常葉書であって表面に「年賀」の文字を明瞭に朱記して差し出されたもの

日本郵便の郵便料金改定詳細より

かもめーるの販売価格が62円に改定され、通常はがきや往復はがきも62円・124円と改定されているのに、年賀はがきだけ52円で据え置きになることに若干疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか?

2017年販売のかもめーるを紹介する記事で郵便料金改定についてはお伝えしています。しかし、年賀はがきについては、恐らく金券ショップの関係者以外には分からない理由があるでしょう。今回はそんな裏話を提供できればと思います。

このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

あなたにおすすめの記事

2017年6月の郵便料金改定でも
年賀はがきの販売料金が据え置きになる理由

2017年6月1日から郵便料金が改定

料金|金額|支払い|お釣り|安い

まず、2017年6月1日から郵便料金が改定されることについて簡単にお伝えします。

今回の郵便料金改定では、はがきが52円から62円に変更になり、往復葉書も104円から124円に変更されます。

また、定形外郵便に規格というサイズ規定ができ、規格内と規格外で料金が変更になります。規格内なら今までと同じか少し安く、規格外だとゆうパックやレターパックプラスの方が安くなることが多い料金設定に変更されます。

なお、規格になるサイズはレターパックを組み立てた際の大きさとほぼ同じ大きさになっています。郵便受けに入るサイズと言い換えてもいいかもしれません。

詳しい料金に関しては「2017年6月1日からはがきの料金と定形外郵便の料金が変更になります」をご覧ください。

まだ知らない方も多いようですが、2017年6月1日に郵便料金が大幅に改定されます。対象となるのは、はがきと定形外郵便で、はがきは52円から62円に、定形外郵便には規格内と規格外ができ、軽くても大きい荷物の料金は高くなります。

年賀はがきだけが62円に料金改定されず
52円据え置きになる理由

チェック・ポイント・注意

今回の郵便料金改定で、はがき、かもめーる、往復はがきの料金がそれぞれ値上げされることになりましたが、年賀はがきだけは52円で価格据え置きになっています。

この理由に関して多くの方は、年賀はがきは利用者も多く値上げによる買い控えや年賀状を送る枚数を減らす方が増えてしまっては元も子もないからだと考えている方がほとんどだと思います。

もちろん、上記の理由も価格が据え置きになった理由の1つだとは思いますが、恐らく本当の理由はこれからお伝えする裏話ではないかと考えています。それは、金券ショップに流通してしまう年賀はがきの価格を上げてしまわないようにするためです。

金券ショップに年賀はがきの買取依頼が多くなる理由

ポイント|理由|おすすめ|チェック

インターネットで簡単に情報が得られる昨今では半ば公然の事実となっていますが、年賀はがきには郵便局員にノルマが設定されるようになっています。かもめーるにもこのノルマがあるのですが、年賀はがきのノルマに比べれば、まだ達成してもおかしくない枚数設定になっています。

私が金券ショップで働き始めて一番驚いたのが、かもめーる年賀はがきは販売開始されたと同時に大量の買取依頼が金券ショップにくることです。

かもめーるの場合は、社員の方で大体1,000枚程度、役職がある方でも5,000枚ぐらいが最大のノルマになるようです。

一方、年賀はがきの場合は、社員の方で4,000枚から、役職がある方だと2万枚くらいは普通に設定されます。また、アルバイトやパートの方にも200枚から1,000枚程度のノルマが割り振られるようです。

入社したばかりの若い方ほど、ギリギリまで頑張って売ろうとする方が多く、12月ぐらいに残った分を金券ショップに持ち込まれる方には若い方が多く見受けられます。

一方、30代後半以降のベテラン職員さんは、販売開始と同時に全量金券ショップに持ち込む方がほとんどで、かなりまとまった枚数の買取依頼をされる方が多くなります。

年賀はがきの買取価格相場の推移を考えれば、ベテラン職員さんの対応が正解になります。金券ショップでも1店舗で受けられる年賀はがきには限界があります。

私のお店で50万枚を突破したあたりから買取価格を段階的に下げていくことになります。そして、残念なことに買取価格が下がり始めるのは11月10日ぐらいが目安になります。

それだけノルマを達成できずに苦しんでいる方がいるということですね…。

金券ショップに売られる年賀はがきの枚数はどのくらい?

疑問|質問|分からない|なぜ

さて、金券ショップで年賀はがきの買取が行われている理由や、その原因についてはご理解いただけたと思います。ここで疑問になるのが、年賀はがきの発行枚数のうち、どのくらいの割合で金券ショップに流れているのかということだと思います。

それでは、2017年の年賀はがきの発行枚数についてみてみましょう。日本郵便が公開している資料では、2017年に発行された年賀はがきの数は28億5,329万6,000枚となっています。ちなみに、2016年の年賀はがき発行数は30億2,285万2,000枚なので、2017年発行数は前年の約94.3%とかなり減っているようです。

一方、2017年の年賀郵便物元旦配達物数を見ると、2017年1月1日に配達された年賀はがきの枚数は16億4,397万枚となっていることが分かります。年賀状は1月7日ぐらいまでに届けばいいとはいえ、残りの12億932万6,000枚がそれまでの間に配達されるとは考えにくいのではないでしょうか?

この約12億枚の年賀はがき全てが金券ショップに流れているとは考えにくいですが、半数の6億枚程度なら金券ショップに流れてしまった数と考えて十分な数字になると思います。

となると、年賀はがきは全体の発行数が約28億枚、金券ショップに流れる数が6億枚とすると、発行した年賀はがきの約21%が金券ショップに流れていることになります。

金券ショップを経由して売れた年賀はがきも、発送されれば配達される年賀はがきにはカウントされるので、6億枚という数字は金券ショップに残る年賀はがきの数字と考えるといいでしょう。

金券ショップを経由して販売される年賀はがきもかなりの数になるはずなので、個人的にはもう少し多くてもいいと思うのですが、現実的な数値として6億枚ぐらいの年賀はがきが金券ショップに流通していることになります。

金券ショップは年賀はがきが売れ残ってもいいの?

売れ残り・余り・廃棄品

ここまでの概算で、6億枚ほどの年賀はがきが金券ショップで売れ残ることになりました。もしかしたら、金券ショップで年賀はがきが売れ残ってしまっても大丈夫なのかと心配していただける方が出てくるかもしれません。

今のところは、金券ショップでは年賀はがきが売れ残ってしまっても全く問題ありません。というのも、郵便局では未使用のはがきや切手・レターパックを、所定の手数料を払えば別の商品に交換してもらえるからです。

手数料は交換する商品によって変わりますが、年賀はがきやかもめーる、切手、はがきの場合は交換する商品1枚につき5円の手数料で交換できます。

郵便局で交換できる商品ははがきや切手、レターパックなら額面さえ揃っていれば何でもいいので、年賀はがきが売れ残ってしまっても、切手やはがき、レターパックに交換して販売すれば問題ないようになっているのです。

なので、金券ショップでは年賀はがきの買取価格を決める時に、販売予定数量がいくつになるかを出しておきます。その販売予定数量までは高価買取ができますが、それを超えた場合は交換に回ることになるので、買取価格がかなり下がることになります。

このあたりは「金券ショップが年賀はがきを高価買取するのはいつ?年賀状買取相場情報」でも説明しているので、興味のある方はそちらをご覧ください。

11月1日から2017年用の年賀状が販売開始となります。 こちらはかもめーるとは比べ物にならないほどのノルマがありますから郵便局員のみなさんも毎年大変だと思います。 年賀はがきも金券ショップでは高価買取しています。今回はその相場情報についてお知らせしたいと思います。

まとめ

OK・大丈夫

2017年6月1日からの郵便料金改定になぜか年賀はがきの料金改定が行われなかった理由についての裏話をお伝えしました。

年賀はがきのノルマについてはかなり情報も出回っているようですが、金券ショップ側からの情報提供はほとんどないので、より現実味のある話ができたのではないかと思っています。

かもめーるや年賀はがきのノルマ達成に苦労している方は、販売先の開拓をするより金券ショップに早い段階で売ってしまった方が損失が少なくなることが多いです。

もし、最寄りの金券ショップの買取価格が下がってしまった場合は、切手などに交換してから売却するという方法もあります。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする