2017年かもめーるの販売価格は62円!?商品ラインナップも紹介

おすすめサービス
かもめーる花火2017

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

2017年6月1日から郵便料金の改定が行われます。ざっくり言えば、はがきが52円から62円に値上げされ、定形外郵便に規定のサイズができます。

既定のサイズ内なら今までと同じ料金か少し安い値段で利用できますが、既定のサイズ外になると、レターパックやゆうパックの方がお得になるぐらいの高めの料金設定となっています。

なお、定形外郵便に設定される既定のサイズは、レターパックを組み立てた際の大きさと同じです。

まだ知らない方も多いようですが、2017年6月1日に郵便料金が大幅に改定されます。対象となるのは、はがきと定形外郵便で、はがきは52円から62円に、定形外郵便には規格内と規格外ができ、軽くても大きい荷物の料金は高くなります。

今回はかもめーるの料金がなぜ値上げの対象になってしまったのかについの説明と、2017年かもめーるの商品ラインナップの紹介をします。

かもめーるの当選番号はこちら

このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

関連記事

2017年かもめーるの販売価格は62円!?
商品ラインナップも紹介

2017年6月1日から実施される配達料金の値上げの原因

疑問|質問|分からない|なぜ

2017年6月1日からはがきと定形外郵便の料金が改定されます。この原因は分かり切っていることでもありますが、運送業界が限界になってしまっているということです。

定形外郵便の値上げについて

一時、運送会社の社員が荷物を乱雑にあつかう動画が公開され、社員が批判されると同時に運送業界の労働環境が劣悪になっている点も問題視されました。

最近では、ヤマト運輸がAmazonとの提携を解消するなど、現状のサービス内容を維持したまま料金を割り引くことは無理であると思われます。ヤマト運輸はさらに料金の値上げも行うようですが、正直致し方ないことだと思います。

この状況は郵便局も例外ではありません。今までは大きくても軽い荷物であれば、定形外郵便で安く送ることができました。ただ、レターパックを組み立てたサイズより大きくなる場合、郵便受けに入らないことが多くなります。

こういったケースでは、ドアの前などに置いて帰ってしまってもいいのですが、今のところそのような対応はしておらず、ゆうパックやレターパックプラスの配達時と同じように、手渡しで配送をしていることが多いようです。

そうなると、結果としてゆうパックやレターパックプラスと同程度の料金をもらっていないと仕事しては割に合わなくなってしまいます。これが今回定形外郵便に規定サイズが産まれた大きな原因になるはずです。

はがきの値上げについて

はがきの値上げの原因は、定形外郵便の値上げとは若干違うと思っています。現状郵便物は重さが主な料金決定の要因になりますが、正直なところはがき(52円→62円)と封書(82円変わらず)で配達までの手間が変わるとは思えません。

また、封書は請求書の郵送などの用途がまだあるので、全体の取扱量も多いと考えられますが、はがきはダイレクトメールも毛嫌いされる傾向にある昨今では、利用者が激減していることが予想されます。

また、かもめーるのような暑中見舞い・残暑見舞いの連絡をはがきで行う方は、若年層を中心ほとんどいないと思われます。年賀はがきでなら習慣的に出している方もまだいるようですが、30代以下では年賀はがきでのやり取りすらしないという方もかなり多く見受けられます。(私もそうです)

今回、年賀はがきは値上げの対象とならなかったのですが、理由の1つに利用者数が挙げられると思います。なお、年賀はがきが値上げの対象にならなかった理由については「2017年6月の郵便料金改定でも年賀はがきの販売料金が据え置きになる理由」で紹介しています。興味がある方はこちらの記事を参照いただければ幸いです。

2017年販売のかもめーるを紹介する記事で郵便料金改定についてはお伝えしています。しかし、年賀はがきについては、恐らく金券ショップの関係者以外には分からない理由があるでしょう。今回はそんな裏話を提供できればと思います。

ちょっと話がそれたので戻します。はがきの値上げは封書と配達の手間が変わらない以上、ほぼ必須であると考えられます。今までは我慢していたものを、定形外郵便の値上げを行うついでに値上げしてきたと考えた方が自然かもしれません。

2017年かもめーるの商品ラインナップ

紹介|案内|利用方法

それでは、2017年から販売価格も62円となるかもめーるの商品ラインナップを紹介します。かもめーるは毎年4種類の販売になっていますが、今年も種類数は変わらないようです。2017年は「花火」「金魚」「インクジェット無地」「手書き無地(くぼみ入り)」の4種類が販売されます。

なお、2016年は絵入りでひまわりが販売されていましたが、今回は金魚に変更されているようです。

花火

かもめーる花火2017

金魚

かもめーる金魚2017

インクジェット無地

かもめーるインクジェット2017

手書き無地(くぼみ入り)

かもめーる無地くぼみ入り2017

商品について詳しい情報は郵便局のウェブサイトをご覧ください。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。 今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。