ライブチケットの転売について金券屋が感じていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
ライブチケット

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

今回はいつもの記事みたいに、金券の利用方法や金券に関する情報提供というスタンスではなく、自分の意見を表明する記事になっています。

きっかけは、チケットの転売に関するアーティストの共同声明やそれに関する色々な意見を聞いたり見たりしたからで、この流れを受けて、金券ショップの店員として普段働いている私が日々の接客などから感じるライブチケットの転売について感じていることをまとめようと思いました。

金券ショップにはライブチケットを売りに持ってくる方もいれば、ライブチケットが欲しいと買いにくる方もいます。私が感じていることは、利用者が現状のライブチケット販売システムに対して感じているであろう意見により近いものになると思っています。

チケットキャンプもおすすめです。

スポンサードリンク

ライブチケットの転売について
金券屋が感じていること

金券ショップにライブチケットを持ってくる人の特徴

疑問|質問|分からない|なぜ

今では多くのアーティストがライブチケットの転売対策に力を入れているため、金券ショップでもライブチケットの買取や販売を受け付けているお店と受け付けていないお店があるのですが、大都市圏の金券ショップでは店頭でライブチケットを見かけることも多いため、まだ金券ショップでライブチケットを購入することも可能です。

ただし、買取に関しては恐らくどの金券ショップも行っておらず、委託販売という形式を採用していると思います。委託販売を簡単に説明すると「商品が売れたら買取手続きをしてお金をお渡しするよ」というシステムで、店舗側が在庫リスクを採らない方法になります。

ライブチケットはアーティストの人気によって定価より高く売れるチケットもありますが、ほとんどが定価より安くしないと売れない商品です。このあたりは金券ショップでも判断が難しくリスクも高いため、委託販売で売れた時の方が買取するより高い売却金額になる。という事例も多いです。

さて、ライブチケットを金券ショップに持ってくる方のほとんどは、転売による利益を優先している人ではないことが特徴です。

どういうことかと言うと、ライブチケットは購入の申し込みが少なくともライブ当日の3ヶ月ほど前になっているため、時期が近付いてきた時にどうしても外せない仕事やプライベートの用事が入ってきてしまうことがあるためです。

私も何度も金券ショップの店頭でライブチケットを受付していますが、できれば高く売りたいと考える人がほとんどではありますが、定価以上で売って利益を得たいのではなく、どうしても外せない用事が入ってしまったけど返品返金対応ができないから困ってしまっているという方ばかりなのです。

転売をただ禁止するだけでは
ライブチケットの転売・2次流通は防げない

チェック・ポイント・注意

最初で紹介したチケットの転売に関するアーティストの共同声明でされている転売に対して反対であるという意見はチケットの転売で利益を上げている人がいるという事実に対して向けられているものです。

こういった行為に対して主催者側やファンの方が怒るのは私でも当然だと思います。ましてや、昨今では○KBのように何らかの特典を付けなければCDが売れない時代ですし、アーティストの収入減も看過できない問題であろうと想像はできます。

しかし、現状の販売システムに欠陥があることを長年放置して改善すらしないでおいて、やれ転売はけしからんと言うだけではライブチケットの転売問題は解決しないと私は考えています。

現状のライブチケット販売に関して大きな問題点となるのが以下の2点です。

  1. 良席であるチケットの販売価格が市場価格より低いため転売にメリット(=利益)がある
  2. 何らかの事情で購入したチケットが返品・返金できないため消費者に不利益がある

これらの問題を別々に考えていきたいと思います。

ライブチケットの転売を防ぎたいなら
チケットの転売で利益が出なくなるようにすればいい

便利・ひらめき

そもそもの話になりますが、チケットの転売で利益が出る理由に市場が期待している価格よりライブチケットの定価が安いということが挙げられると思います。

アーティストを生で見ることができるライブの価値はファンにとっては非常に高いものです。B席やC席などは市場の期待価格と同程度ぐらいになっていると思いますが、良席であるS席やSS席、アーティストによってはA席などの販売価格は人気のあるアーティストであればあるほど割安となってしまっていることが転売を助長していると私は考えています。

そこで、「チケット転売」は本当に悪か? 経済学的にはどう考えてもOKですでも述べられているように、チケットの販売を主催者側が初めからオークションで行うようにするだけでチケット転売で利益を得ようとする転売屋のメリットが失われるはずです。

この意見に反対する意見として、「それでは若年層のファンにチケットが行き渡らないじゃないか!けしからん」という意見が出てくると思いますが、そこはファンクラブ限定のチケットを良席の20%確保して割安で販売するなどの対応をすれば済む話だと思います。

既にファンクラブ限定でチケットの販売を行っているアーティストもいると思いますが、良席はオークション形式とすることで転売のメリットをなくしつつ、割安で販売する良席も残しておくことでファンへのサービスも怠らないという姿勢を表明するのはアーティストの利益確保という面でも、ファンに良席が行き渡るという面でもメリットがあることだと思います。

この問題に関してはチケットの転売サービスである【チケットストリート】の社長も持論を展開しています。


私の考えとほぼ同じですが、興味のある方はどうぞ「チケット高額転売反対 #転売NO 」 に感じる違和感

3ヶ月以上前にチケットを販売するなら
突発的な事象によるキャンセルには救済措置が必要

ポイント|理由|おすすめ|チェック

もう1つの問題点として、ライブチケットの販売開始時期が早すぎて、予定が確定しないうちからチケットを確保しなければならないという点があります。

ライブチケットでは遅くとも3ヶ月前にはチケットの販売は行われていることが多いため、ほとんどの人は仕事やプライベートで何らかの突発的事象が発生するリスクを抱えながらチケットを購入することになります。

最初にも指摘していますが、こうした販売方法だと身内の不幸やどうしても外せない仕事が入ってしまうという事態が発生しないわけがありません。こういった事態になってもチケットの転売が禁止されていて、しかも転売が発覚したチケットでは入場できない可能性があるとなっている現状では、購入者は泣き寝入りをするしかありません。これが本当にファンのことを考えた施策なのでしょうか?

この点は以前の記事「USJのエクスプレスパスがヤフオクから消えた!?USJエクスプレスパスを購入する方法」でも言及しています。

USJのエクスプレスパスがヤフオクから消えた!?USJエクスプレスパスを購入する方法
USJのパスポートについては以前の記事でも取り上げましたが、USJでアトラクションを楽しむためにはやはりエクスプレスパスがあるといいですよね。 ただ、このUSJエクスプレスパスが今ヤフオクで全く出品されていないのはご存知でしたか? これにはある理由があります。

ただ、実はこの問題は解決する方法が既にあります。コブクロなどの若手アーティストが導入していることで有名なEMTGというファンクラブの会員内でチケットを融通するサービスがあります。

金券ショップにライブチケットを持ち込むお客様によくあるのがこのパターンです。ヤフオクやチケットキャンプに自分で出品すればいいという考えも分からなくはないのですが、誰もがそういったシステムを使いこなせるわけではありません。

主催者側が積極的に救済措置を考えるのはライブというサービスを提供している以上当然だと思います。

それでもライブに行きたい人は
チケットキャンプがおすすめ

紹介|案内|利用方法

どうしても行きたいライブがあるけどチケットがどうしても手に入らない。こういう状況は今のところ起こりやすくなっていると思います。

主催者がライブチケットのオークション販売をするようになるのも時間の問題だとは思っていますが、現状ではライブチケットが販売開始と同時に売り切れてしまう状況がすぐに改善されるとは思えません。

そんな方に私がおすすめするのがチケット転売を専門で行っているチケットキャンプです。

チケットキャンプではチケットの不正転売を防ぐために様々な施策を用意しているためヤフオクのようにあくまでも個人間の売買を基本とするサイトより安心感の高いサービスとなっています。

チケットキャンプ

どうしても行きたいライブのチケット。
急に行けなくなった演劇のチケット。
チケットキャンプは「譲ってほしい」と
「譲りたい」をつなぎます!
オークションや掲示板より簡単で安心。
登録無料で今すぐ落札OK!
人気の完売チケットが今なら早い者勝ち!
定価以下のチケットも多数!

オススメ

チケットキャンプが安心の理由

  1. チケット代金はチケット受取確認後まで運営お預り
    お支払い頂いたチケット代金は全てのお取引にて事務局が一時的にお預りいたします。万が一、チケットが届かない場合、条件と異なるチケットの場合は全額返金致します。
  2. 電子チケットは入場確認できるまでチケット代金を事務局にてお預り
    偽造QRコードなどのトラブル防止のため、電子チケットや特殊形式のチケットは、入場が確認できるまでチケット代金を事務局が一時的にお預りいたします。万が一、入場できないトラブルなどが発生した場合は全額返金致します。
  3. あんしん補償
    購入したチケット(紙発券のチケットのみ対象)が偽造チケットの場合、チケット代金をチケットキャンプが補償します。
    ※ あんしん補償を受けるには一部条件があります。
  4. チケットの受け渡しは追跡可能な方法のみ
    配送トラブル防止のため、「追跡番号で配達状況が確認でき、対面受け渡しをする配送方法」、または「手渡し」による受け渡しのみに限定しております。
  5. モバイル認証、本人確認による多重アカウント防止
    全ユーザーに電話番号による「モバイル認証」を必須とし、オプションで公的書類による本人確認も行っております。
  6. 365日24時間安心サポート
    操作方法、お取引にお困りの場合はカスタマーサポートまでご連絡ください。
    皆様が快適にチケットキャンプをご利用いただけるようサポートいたします。
  7. 取引評価システム導入
    チケット売買の取引ごとにユーザー様同士で「★★★ 良い」「★★☆ 普通」「★☆☆ 悪い」の3段階評価を行なってます。
    事務局判断により一定基準よりも低い評価を受けたユーザー様は取引停止、強制退会など行い、安心・安全にご利用いただける運営を行っております。

チケットキャンプより

この記事をご覧の方にはチケットキャンプもおすすめです。

チケットキャンプに便利なアプリが登場

チケットキャンプに便利なアプリが登場しました。
iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

いくらチケットの転売が経済学上は問題ないとは言っても、倫理的に問題のある行為であることは間違いないと思っています。それに、ライブという時間を提供してくれるアーティストがいなくなってしまったら最終的に割を食うのはファンのみなさんです。

なのでライブの主催者側もファンもお互いにメリットのある仕組みをもう少し考えていく必要があるのではないかと思います。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加