楽天KCギフトカードの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

おすすめサービス

お店|店舗紹介|お店外観

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

楽天KCギフトカードは2017年3月20日をもって公式販売所での販売が終了しています。

楽天KCギフトカードは楽天KC株式会社が発行しているギフトカードです。ともともKCギフトカードとして知られていたものの、2005年に楽天が買収して現在の会社名になることでカードの名前も変更されました。商品面の前面に「楽天」のロゴマークが大きく掲載されているのが大きな特徴です。

このカードの特徴としてはKCカードをそのまま引き継ぎつつ楽天グループとしてのメリットをさらに付け加えている点が挙げられるでしょう。そのため使用できる店舗も非常に幅広く、百貨店での買い物からスーパーマーケットでの食品の購入まで、支払いにあてることができます。

このあたりは百貨店や有名なグループが発行している商品券に比べて使い勝手のよさという点では優れているといえそうです。

この記事をご覧の方には金券ショップを利用して節約|JCBギフトカード利用の8つのポイントもおすすめです。

昨日は全国百貨店共通商品券の紹介をしましたが、今日はJCBギフトカードの紹介をしたいと思います。どちらも金券ショップで人気の商品なので、使いやすい金券です。
金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

関連記事

楽天KCギフトカードの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

楽天KCギフトカードの基本事項

楽天KCギフトカードの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

楽天KCギフトカードの基本事項
基本事項 摘要
商品券名 楽天KCギフトカード
発行会社 ワイジェイカード株式会社
券種 1,000円・5,000円
有効期限 なし
お釣り 出ない
使えるお店 全国の主な百貨店やスーパー
家電、衣料、雑貨など
購入場所(例) 2017年3月20日に公式販売所での販売が終了
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

楽天KCギフトカードは楽天グループのKCが発行している商品券です。もともとKCが発行していた商品券でしたが、2005年に楽天が買収したことで会社名が楽天KC株式会社に変更されて現在の名称になりました。

そのため商品券の歴史そのものはまだ浅いものの、KCギフトカードとして多くの人に愛用されてきた歴史があります。こうした実績から支払いに利用できる店舗の数も幅広く、全国の主な百貨店やスーパー、家電、衣料、雑貨などのジャンルに及びます。

対象となる店舗も全国各地にあるので特定の地域に住んでいる人しか使い道があまりないといった偏りが見られないのもこの楽天KCギフトカードの特徴でしょう。

額面は1,000円券と5,000円券の2種類。お釣りが出ないこともあって1,000円券の方が使い勝手の点で優れていますが、お歳暮やお中元、あるいはお祝い事などの贈答品として使用する場合には5,000円券の方が適しています。

お釣りが出ないので原則として額面よりも大きな買い物の支払いに使用することになりますが、不足している金額は現金で支払うだけでなくクレジットカードや電子マネーの使用も可能です。ですから楽天KCギフトカードと楽天カードを組み合わせて買いものをする、といった使い方も可能です。

楽天グループは現在でも事業の拡大を積極的に行っているのでこの楽天KCギフトカードの使い道もさらに広がり、商品券としての魅力をアップしていく可能性があります。その意味では実績のある商品券であるとともに将来性も備えているといえるのではないでしょうか。

楽天KCギフトカードが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

楽天KCギフトカードは全国の主な百貨店やスーパー、家電、衣料、雑貨で利用することができます。

楽天KCギフトカードの利用可能店舗
店舗種類 店舗名
楽天グループに関係ない
店舗でも利用可能
伊勢丹や松坂屋などの百貨店
西友やパルコなどのスーパー
ホームセンターナカイ、ルミネなど

楽天KCギフトカードはインターネットのショッピングモールでおなじみの楽天が発行している商品券です。となるとどんなお店で使用できるのか、不安になる方も多いかもしれません。楽天といえばネットショッピングのイメージが強いですから、商品券の使い道をイメージするのが難しい面もあるからです。

実際にはこのギフトカードは非常に幅広い範囲で使用することが可能です。楽天グループかどうかに関係なく、いろいろな店舗が対象となっています。

たとえば伊勢丹や松坂屋、また東急や大丸、そして高島屋、東武、さらに三越といった百貨店での利用が可能です。さらにスーパーでは西友やパルコ、ホームセンターナカイ、またルミネといった有名どころが対象に含まれています。

ほかには制服の青山やユナイテッドアローズ、さらに三愛などの衣料品系、オートバックス、ビックカメラなどの家電系など、お店の数も範囲も幅広いので贈答品としてもらったけど使い道がないということはないでしょう。

注意したいのはお釣りです。楽天KCギフトカードでは額面よりも少ない支払いに利用した場合にはお釣りが出ません。そのため必ず額面と同じか、より多い金額の支払いに使用することになります。この分少々使い勝手の面でマイナス評価となるのは避けられないでしょう。

有効期限は設けられておらず、いつでも使用ができるのも大きなメリットとなります。5年先、10年先に使用することもできるのです。

楽天KCギフトカードはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

楽天KCギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、楽天KCギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

楽天KCギフトカードの購入可能場所
楽天KCギフトカード
購入可能場所
(一例)
  • 2017年3月20日
    公式販売所での販売が終了
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販

2017年3月20日をもって公式販売所での販売が終了しています。そのため、贈答用に楽天KCギフトカードを購入したいと思っても、購入できないことになっています。

金券ショップやヤフオクなどの中古市場を探してもいいのですが、それなら同じように利用可能店舗の多いJCBギフトカードを購入した方がよさそうです。贈答用に楽天KCギフトカードを購入したいと考えていた方は、JCBギフトカードの購入も視野にいれておくといいでしょう。

楽天KCギフトカードの金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

楽天KCギフトカードは楽天がKCを買収することによって誕生したギフトカードです。楽天グループに入ることで使用できる店舗が増えるなどのメリットから商品券としての評価もアップしています。

そのため金券ショップの販売価格も高水準を維持しているのですが、一方で有名グループや百貨店が発行している商品券に比べるとやや低い設定になっているケースも見られます。

具体的な販売価格に関しては額面の97~98%程度、もっとも高い評価を得ている主要他社に比べると1%くらい低くなっているのですが、それにはこのカードの特徴や難点が深くかかわっています。

この楽天KCカードの弱点はお釣りが出ない点です。そのため額面よりも多い金額の支払いで使用する分にはよいのですが、少ない金額で使用すると損をしてしまうことになるわけです。

金券ショップで安く購入してもお釣りが出ないために損をしてしまうようでは意味がありません。またお釣りが出ないとどうしても使い道が限られてしまう部分もあるため、販売価格も少しだけですが低めになっています。

評価が急に下落といったことがなく高水準を維持している一方で最高レベルの販売価格に設定されることも少ないといったところでしょうか。

ですから金券ショップで楽天KCギフトカードを使用する際にはその販売価格で購入したとして本当にメリットがあるのか、使用するシチュエーションがなくて結局役に経たないといったことがないかどうか、よく検討したうえで判断したいところです。これは贈答品として購入する場合でも同様です。

楽天KCギフトカードの金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

楽天KCギフトカードは現在でも「KCギフトカード」と呼ばれているように、2005年に楽天がKCを買収する前からギフトカードとして使用されていきました。そのため「楽天KCギフトカード」としての歴史はまだ浅くても商品券・ギフトカードとしての評価は高く、金券ショップでの買取価格も安定した安定した水準を維持しています。

また楽天グループになることで使用できる店舗が増えるなど使い勝手が向上したことでますます評価が高まっている面もあります。

こうした理由から金券ショップの買取価格も百貨店や有名デパートクラスとまでは行かないにしろ高いレベルとなっています。平均では額面の94~95%程度。主要他社の97%前後に比べるとやや落ちる、といった水準です。

贈答品などでもらったものの使う機会がないという方にとってはなかなかの換金率で現金化できるギフトカードといえるでしょう。

もともと楽天KCギフトカードはお釣りが出ないという難点があります。そのため額面よりも高い金額の商品を購入することが大前提となるので使う時に注意が必要です。

この点も主要他社の商品券に比べると買取価格がやや低い理由となっています。そのため、額面によって買取価格に差が出てくることもあります。

楽天KCギフトカードには1,000円券と5,000円券の2種類がありますが、お釣りが出ないという特徴があるためどうしても5,000円券は使い勝手があまりよくない面があり、それが買取価格に反映されることもあるのです。

1,000円券に比べて買取価格が低く設定されている場合には他の店舗ではどれぐらいの価格になっているのか、情報収集が必要です。

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回は楽天KCギフトカードの紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

この記事をご覧の方におすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカード8選|ポイントがザクザク貯まるカード

おすすめクレジットカード13選|海外旅行に最適なカード

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。