ダイナースロイヤルチェックの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

おすすめサービス

お店|店舗紹介|お店外観

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

ダイナースロイヤルチェックは2009年11月末で販売が終了しています。

ダイナースギフトカードとはダイナースロイヤルチェックのことです。ダイナースのギフトカードを調べる際に、しばしばダイナースの名前を冠してJCBが発行しているギフトカードと混同してしまいがちなので注意が必要です。

JCBではさまざまな形でギフトカード、商品券を発行していますが、ダイナースの名前が入っているJCBブランドのギフトカードも確かにあります。ただ、基本的な条件や使い方はJCBギフトカードと同じになるので、改めてこのページで説明することはありません。

ダイナースとはもともとアメリカの企業で、世界で最初のクレジットカードとも言われています。創業は1950年、もともと富裕層を対象にしたビジネスを行っており、現在でも国際ブランドとして高い評価を得ています。

このブランドイメージに魅かれてカードを作る人もいるほど。そんなダイナースから発行しているギフトカードということでお中元、お歳暮としても非常に人気が高く、使い勝手はもちろん、その高いブランドイメージからプレゼントに適しているという特徴を持ち合わせています。

この記事をご覧の方には金券ショップを利用して節約|JCBギフトカード利用の8つのポイントもおすすめです。

昨日は全国百貨店共通商品券の紹介をしましたが、今日はJCBギフトカードの紹介をしたいと思います。どちらも金券ショップで人気の商品なので、使いやすい金券です。
金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

関連記事

ダイナースロイヤルチェックの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

ダイナースロイヤルチェックの基本事項

ダイナースロイヤルチェックの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

ダイナースロイヤルチェックの基本事項
基本事項 摘要
商品券名 ダイナースロイヤルチェック
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
三井住友信託銀行傘下
券種 1,000円・5,000円・1万円
有効期限 なし
お釣り 出る
使えるお店 全店
及びグループ店舗全店
購入場所(例) 全国の各店にあるサービスカウンター
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

ダイナースロイヤルチェックは現在発行されているダイナースJCBギフトカードとは違い、ダイナースが独自に発行していたギフトカードです。国際的な価値が高いクレジットカード会社として知られるダイナースの名前を冠したギフトカードということもあって非常に高い人気を得ていました。

ただ、もともと商品券やギフトカードに疎い海外の運営する企業だったせいもあってか、次第に商品券・ギフト券として提供するサービス内容をJCBギフトカードに委託するようになります。

現在ではダイナースクラブが発行するギフトカードはダイナースの名前を冠したJCBギフトカードが主で、その他発行しているH.I.S.商品券(旅行券)、JAL旅行券、JTB旅行券、びゅう商品券(旅行券)も、外部企業と提携しているようです。

そのため、ダイナースクラブ独自のギフトカードであったダイナースロイヤルチェックは現在発行済みのもの以外利用することができませんが、JCBギフトカードなどにダイナースの名前を冠したものはまだ見かけることもあります。

ダイナースのブランドイメージの向上を目的とするならJCBカードを利用するのが最も効率がいいと判断したのも、全国で100万店舗を超えるショップ、施設でのショッピング、サービスの支払いに使用することができるからでしょう。百貨店やデパートでの買い物はもちろん、宿泊施設やレジャー施設など幅広いジャンルにわたっているので便利です。

現在ダイナースロイヤルチェックを新たに購入することはできません。当時は、ダイナースサービスを提供している店舗や施設などで購入する形となっていたようです。ですから少々入手しにくい面もあります。

このギフトカードを購入したい場合にはまずダイナースの公式サイトで詳しい情報を入手しておくとよいかもしれません。

現在では、ダイナースギフトカードは基本的にはJCBギフトカード、それにプラスしてダイナースならではの高級感、ブランドイメージが付け加えられた内容となっています。額面が大きいものは使う用途に困る部分があるかもしれませんが、贈答品にとくに適した商品券といえるでしょう。

ダイナースロイヤルチェックが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

ダイナースロイヤルチェックは加盟店で利用することができます。やや古い券になるため、概要はよく分からないようになっています。

ダイナースロイヤルチェックの利用可能店舗
店舗種類 店舗名
ダイナース加盟店 やや古い商品券のため詳細は不明

ダイナースロイヤルチェックは2009年11月末に販売を終了しています。現時点でも発行されているダイナースロイヤルチェックを利用することは可能ですが、約8年ほど経過しているため加盟店の詳細は不明です。

詳しく知りたい方はこちらの各種資料請求ページよりご依頼ください。

一方、現在発行、及び販売されているダイナースギフトカードは多くの部分でJCBギフトカードと共通している商品券・ギフト券です。ダイナースの冠をつけたうえで実質的にはJCBが発行している面があるため、ギフトカードとしての内容にも差が見られないのです。

JCBギフトカードといえば非常に多くの店舗で使用できる点がメリットとしてよく挙げられますが、この点はダイナースギフトカードにも共通しています。

現在使用できる店舗は全国で100万店舗以上。数の多さではこれを上回るギフトカードは存在しないといってもよいでしょう。

ジャンルも大丸高島屋、松坂屋、松屋、丸井といった有名百貨店、イオンやパルコ、ららぽーとなど日常の買い物に便利な大規模な店舗、西洋、イトーヨーカ堂、ダイエー、東武ストアといったスーパー、ケーズデンキ、ソフマップ、ビックカメラ、ニトリといった家電・家具関連のお店まで及びます。

ただし、ひとつだけ注意したいのはお釣りが原則として出ない点です。とくにダイナースギフトカードは5,000円券、1万円券と額面が大きな種類が発行されているので使い道に困る面も持ち合わせています。

お釣りが出ない以上、額面よりも大きな買い物の際に使用する形になりますから、使いどころをよく考えなければならないでしょう。

ただし、利用可能な店舗によってはサービスの一つでお釣りを出すところもあるので額面よりも少ない金額で使いたい、という場合にはあらかじめ確認しておくとよいかもしれません。

有効期限はなくいつでも利用が可能です。この点も贈答品として喜ばれている理由でしょう。お釣りには注意が必要ですが、それ以外は魅力のあるカードといえます。

ダイナースロイヤルチェックはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

ダイナースロイヤルチェックの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、ダイナースロイヤルチェックの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

ダイナースギフトカードの購入可能場所
ダイナース
ロイヤルチェック
購入可能場所
(一例)
  • 現在は販売されていません
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販
    ほぼ不可能

ダイナースロイヤルチェックは現在発行されていないため、正規の手続きを踏んで購入することはできません。さらに、2009年11月に発行終了となっているため、金券ショップやヤフオクなどの中古販売市場にもほとんど出回っていないギフトカードになります。

もし贈答用にダイナースロイヤルチェックを購入したいという方は、ダイナースの銘が入っているJCBギフトカードを購入するのがいいでしょう。なお、基本的に支払い方法は現金のみになるので注意してください。

ダイナースロイヤルチェック
金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

2009年に販売終了となっているダイナースロイヤルチェックは金券ショップのような中古市場でもほとんど出回ることがありません。そのため、金券ショップでの販売価格を考えても、商品そのものがあまりないので役に立たない可能性が高いでしょう。

現在、ダイナースが発行しているギフトカードは国際的に高級ブランドとして人気があるダイナースの名前を冠したJCBギフトカードです。実際の発行はJCBが行っているのでダイナースのブランドイメージとJCBギフトカードのメリットの両方を兼ね備えたギフトカードという面も持ち合わせています。

そんなダイナースギフトカードの金券ショップでの評価はじつはそれほど高くなく、有名デパートや百貨店が発行している商品券に比べると販売価格、買取価格が少し落ちる面もあります。

理由としてはまずお釣りが出ない点がひとつ。商品券の価値はどれだけ現金と同じ感覚で使用できるかどうかにかかっています。使う機会が少なければわざわざお金を払って金券ショップで買う意味がありませんし、多くの人が売る機会が多くなることで価値が下がるからです。

JCBギフトカードは使用できる店舗の数が非常に多い点ではメリットがあるものの、原則としてお釣りが出ないという大きなマイナス点があるので評価が少し低くなるのです。しかもダイナースギフトカードは1,000円券、5,000円券と、額面が小さい500円券は避けているのでよけい使い道が少ない傾向が見られます。

もうひとつはダイナースギフトカードそのものが他のJCB発行のギフトカードに比べてあまり数が多くなく、買取を行ってはいるものの、店舗に在庫がないケースも多い点です。だからといって希少価値があるというわけでもなく、買取価格が高くならないのです。

販売価格に関しては額面の98~99%程度。贈答品や景品として購入する場合にはあえて額面が大きいギフトカードをまとめて購入するとお得になるでしょう。

ダイナースロイヤルチェック
金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

ダイナースロイヤルチェックは、現在所持している方がほとんどいないため、金券ショップでの買取価格相場を知ったところで、あまり意味のないことでしょう。

現時点でダイナースが発行しているギフトカードは、JCBが発行しているギフトカードということもあって、確かなブランドイメージと幅広い店舗で使用できるというメリットを抱えている一方、原則としてお釣りが出ないという大きなデメリットも抱えています。

このお釣りが出るかどうかは金券ショップでの扱いにも大きな影響を及ぼします。

お釣りが出ないということは額面よりも少ない金額の支払いには使えないことを意味します。ダイナースギフトカードは1,000円券のほかにも5,000円券があり、5,000円のように高額のギフトカードともなるとどうしても使用するシチュエーションが限られてきてしまうのです。

もともとダイナースという企業そのものが高級ブランドですから、高額の支払いを前提に発行されているという面があるわけですが、贈答品としてもらったときなどにはどんな機会に使えばいいのかどうしても困ってしまうものです。

ただし、JCBギフトカードは国内で最も利用可能店舗数が多く、ブランドとしても認知が高いため、ダイナースの銘が入っているからといって買取価格が安くなることはありません。

幸いこのカードには有効期限は設定されていないので店としても長く在庫をとっておくことができるため、他のJCBギフトカードと同様の買取価格で設定されていることがほとんどです。

しかし、店舗によってはブランド銘が入っているギフトカードの場合1%~2%程度買取価格が下がってしまう場合もありますから、売却予定の金券ショップに事前に問い合わせをしておいた方が無難です。

全体的な相場としてはJCBギフトカードと同じ額面の96~98%程度になるでしょう。「2017年現在」

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回はダイナースロイヤルチェックの紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

この記事をご覧の方におすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカード8選|ポイントがザクザク貯まるカード

おすすめクレジットカード13選|海外旅行に最適なカード

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。