金券ショップを利用して節約|全国百貨店共通商品券利用の8つのポイント

おすすめサービス
全国百貨店共通商品券見本

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

さて、別の記事で「百貨店ギフトカードの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介」も紹介していますが、やっぱり金券ショップと言えば商品券ですよね。今日は全国百貨店共通商品券の紹介をしたいと思います。

今回は百貨店ギフトカードの基本事項をはじめ、使えるお店や購入可能場所を紹介します。

このページをご覧の方には下記の関連記事もおすすめです。

金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

関連記事

金券ショップを利用して節約
全国百貨店共通商品券利用の8つのポイント

全国百貨店共通商品券ってなに?

全国百貨店共通商品券見本

金券ショップを利用したことがある方にはおなじみの商品ですが、このブログは金券ショップを利用したことがない人に向けて発信しているので、しっかり紹介します。

全国百貨店共通商品券とは、その名前の通り全国各地の百貨店で共通して使用することができる商品券です。日本百貨店協会に加盟している百貨店ならどこでも使用できるのが魅力です。たとえば高島屋でこの商品券を購入して西武百貨店で使用する、なんて使い方もできます。

額面は1,000円のみですが、何しろいろいろな商品を扱っている百貨店ですから幅広い買い物に利用できます。プレゼントでもらったときなどは高額の商品を購入する際に使用すれば現金の負担を減らすことができるでしょう。逆にお中元やお歳暮など贈答用にも適しています。

現在使用できる店舗の数は全国で約500店舗、北海道から沖縄にまで及んでいるので購入したけど使える場所がまったくないということは少ないでしょう。具体的にどの百貨店で使用できるかは日本百貨店協会の公式サイトで確認することができます。

大企業が多い百貨店、しかもたくさんの百貨店で使用できるということもあって信頼性も高く、安定した評価と需要を保っています。有効期限も設けられていないので入手して数年後に使用する、といった使い方ができるのも大きな魅力でしょう。

現在さまざまな企業や店舗からギフトカードや商品券が発売されていますが、その中でも商品券らしい魅力を備えた製品といえそうです。

お釣りは出るの?

料金|金額|支払い|お釣り|安い

商品券を評価する大きなポイントのひとつが「お釣りが出るかどうか」です。額面よりも小額の代金の支払いに利用した場合、お釣りが出ないとその分がまるまる損をしてしまうことになります。

全国500以上の百貨店で利用できる全国百貨店共通商品券は、さまざまな場面で利用できる商品券として評価されていますが、このお釣りという点ではややマイナス評価になっています。原則として額面よりも小額の清算に使用した場合にはお釣りが出ないことになっているからです。

この全国百貨店共通商品券の額面は1,000円のみなのでそれほどお釣りが出るシチュエーションは少ないかもしれませんが、複数の商品券を使ってある程度高額の商品を購入する場合には発生する機会も出てきます。それだけに十分注意したほうがよさそうです。

ただし「原則として」という但し書きがついてきます。この商品券はお釣りが出ない設定になっているものの、店舗によってはお釣りを出すところも少なくないのです。

この点はサービス向上の意図があるのでしょう。当然商品券を持っている人はお釣りを出してくれるお店で買い物をする機会が多くなるからです。

そのため、ほぼ全ての百貨店ではお釣りを出しています。お客様の利便性をよくするためや、百貨店の評判をよくするための取り組みとしているようです。

スーパーやショッピングモールでは使えるの?

チェック・ポイント・注意

全国百貨店共通商品券はその名前の通り全国各地の百貨店での買い物・サービスの代金の支払いに使用できる商品券です。使える店舗の数は全国で500店舗。有名百貨店ならたいてい使用することができます。

ではイオンに代表される大規模なショッピングモールやスーパーなどで使うことができるのでしょうか?

現在ではこうした規模の大きなショッピングモールと百貨店の区別がほとんどなくなりつつあるだけに、この商品券がどのあたりまで使えるのか、あらかじめ確認しておく必要も出てきます。

結論から言えばイオンやららぽーとといった大規模なショッピングモール、スーパーではこの商品券を使用することはできません。あくまで百貨店に限定されるので注意しましょう。

例外としては大規模な商業施設を展開しているパルコ、関西を中心に店舗展開をしているスーパーのイズミヤなどが挙げられます。

このように基本的には百貨店のみ。このあたりは全国で使用できるお店が100万店舗を超えるといわれるJCBギフトカードに比べるとマイナス評価になるかもしれません。

昨日は全国百貨店共通商品券の紹介をしましたが、今日はJCBギフトカードの紹介をしたいと思います。どちらも金券ショップで人気の商品なので、使いやすい金券です。

百貨店をよく利用する方に商品券・ギフトカードの類をプレゼントする場合には、この全国百貨店共通商品券か、JCBギフトカードに代表されるクレジットカード系のギフトカードか、よく検討したうえで判断するとよさそうです。

金券ショップの販売価格はいくらぐらいなの?

価格相場|価格比較

全国百貨店共通商品券は全国500以上の百貨店で購入できる商品券、何しろ高島屋や三越といった有名百貨店で共通して使えるのですから利便性も高く、日用品からちょっと贅沢な買い物まで、または贈答品としても人気を得ています。

それだけに金券ショップでの人気も安定したレベルを維持しています。百貨店ですから倒産のリスクがほとんどないこと、さまざまな商品の買い物に利用できることなど、有効期限がないことなどから商品券として高い評価を得られる条件が整っているからです。

実際の金券ショップでの販売価格は額面の98.5~99.5%(985円~995円)程度。この数字を見てもいかに評価の高い商品券かがうかがえます。金券ショップで安く購入しようと考えている方はその点はあまり期待しないほうがよいかもしれません。

ただ、金券ショップの価格は需要と供給のバランスで決まりますから、近くに百貨店がない、使う機会がないといった需要が少ないエリアではもう少し安い販売価格になっていることもあります。

それでも98%(980円)を割り込むことはよほど状態がよくない限りはないでしょう。高額な商品を購入する際にまとめて商品券を使いたい、といった場合なら少しの割引でもメリットが得られるのではないでしょうか。

買えない商品はあるの?

ダメ|できない|違反

全国百貨店共通商品券は百貨店での支払いに使用できるだけあってさまざまな商品の買い物に利用できます。贈答品として人気なのも百貨店というブランドイメージと相手の趣味思考などに関わりなく喜んでもらえるといったメリットゆえでしょう。

ただそんな全国百貨店共通商品券にも購入できない商品があります。百貨店で扱われていない商品はもちろんですが、扱われている商品の中にも例外のような形で商品券の使用が不可のケースが多いのです。

まずギフトカードや商品券。つまり全国百貨店共通商品券で同じ全国百貨店共通商品券を購入することはできません。百貨店ではほかにもいくつかの商品券・ギフトカードが扱われていますが、それらの購入も不可です。

それから印紙と切手、ハガキ。商品の中でも公的な意味合いがあって特別な意味を持っているこれらも対象外となっています。

その他、各百貨店が指定している商品で使用できないこともあるので気になる場合は確認しておく必要がありそうです。

一般的にタバコや各種チケット、公共料金の支払いにも使用できないことが多く、また商品券・ギフトカードと同様に電子マネーやプリペイド式のカードへのチャージにも利用できないことがほとんどです。

こうした商品を百貨店で購入することは少ないかもしれませんが頭に入れておくとよさそうです。

有効期限が切れて使えなくなってしまうことはあるの?

カレンダー|予定

商品券を評価するときに重要なポイントとなるのが有効期限です。せっかく商品の購入に利用できるというのに、有効期限が過ぎてしまうとたちまち紙切れになってしまう…これでは魅力は半減と考えてしまうものです。

全国百貨店共通商品券に関しては有効期限は設けられていません。もともと少々高めの商品を購入する機会が多い上に、スーパーやショッピングモールに比べるとそれほど頻繁に訪れるというわけではない百貨店だけに、有効期限が設けられていないのは当然といえるでしょう。

すでに商品券としての歴史も長く、カード式への変更などのリスクも考えなくてよいので、入手しても3年、5年といった長い視野で使い道を検討することができるでしょう。また金券ショップに買い取ってもらいたいなんてときも、有効期限がネックになることもありません。

気になる点といえば、お店が倒産した場合に使えなくなるというリスクです。一応商品券の発売元が倒産した場合には2カ月程度の返金期間が設けられています。

ただ、いろいろな百貨店で使えるうえにそのほとんどが大規模な企業で、高島屋や伊勢丹が倒産するなんてことはまず考えられませんから、こちらの有効期限に関しては気になる必要はなさそうです。

金券ショップでの買取価格はいくら?

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

全国百貨店共通商品券は金券ショップで人気の商品券のひとつです。どんな小規模な金券ショップでもこの商品券を扱っていないところはないといってもよいでしょう。

しかも評価も高く、販売価格は額面の98.5~99%程度とほとんど現金と変わりない水準になっています。お歳暮やお中元など贈答品としても魅力があるだけに需要が多いのでしょう。

では買取価格はどれぐらいか?商品券の中には販売価格は高いものの買取価格はあまり高くないというものもあります。プリペイド式や有効期限が設けられているタイプなどです。

この点全国百貨店共通商品券は買取価格の点でも高い評価を得ており、額面の97.5%程度と非常に高い価格となっています。なのでこの商品券は金券ショップで買うよりも売るのに適しているといえるでしょう。

ただ、この買取価格は現行タイプで美品であることが条件です。デザインが古い、折れ曲がっているといった問題を抱えている場合には買取価格が下がるので注意しましょう。

また先ほど触れたように贈答品としてよく利用されるので、お中元・お歳暮シーズンでは金券ショップに大量に流れ込むことも多く、相場が下がって買取価格が安くなるケースもあるので買取を利用する際にはタイミングを見計らうことも大事です。

友の会との併用は出来る?
ポイントカードのポイントは付くの?

チェック・ポイント・注意

これは両方とも可能です。

百貨店には友の会というシステムもあって、基本的には毎月積立式でお金を貯めておき、ボーナスの付いた商品券や買い物カードに引き換えしてもらえるものですが、百貨店によっては3%~5%割引が受けられるようなところもあります。

その割引も受けつつ、全国百貨店共通商品券で支払いもできるということになり、2重に割引を受けることもできます。

それに、ほとんどの百貨店はポイントカードも発行していますが、そのポイントも普通に貯まります。ギフト券での購入の場合、ポイントが付かないので、扱いが優遇されていると言えますね。

また、百貨店には外商というシステムもあって、大口のお客様には優先的に商品を割安で売ってくれたりもします。金券ショップを利用するお客様には外商を利用している方も大勢いますよ。

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回は全国百貨店共通商品券の紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

金券ショップと聞くと、やはり商品券やギフト券をイメージされる方が多いですよね。お店でも人気がある商品なので、どうしても値段が高くなってしまいがちです。

なので、金券ショップを利用したことがない方には、利用頻度が多くてとっつきやすい切符や割引率の高い株主優待券を紹介するようにしていたのですが、お店でもよく今日の記事の内容を聞かれることがあるので、少しずつ紹介していくことにしました。

商品券を利用して購入しても、買えるものは同じです。同じものならやっぱり安いほうがいいですよね。私も賢く節約していきたいものです。

金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

全国百貨店共通商品券の利用できる場所一覧

豆知識|楽天ストアで全国百貨店共通商品券を
楽天ポイントを使って購入できる!?

楽天ストアでも全国百貨店共通商品券を購入することができます。

販売価格は定価より高くなっていますが、この理由は楽天ポイントを買い物以外でも利用できるようにするためです。楽天ポイントがあっても、楽天ストアで買い物をすることがなければポイントはいずれなくなってしまいます。

そうならないように、ポイントを全国百貨店共通商品券に交換しておくのです。

アフィリエイターの方だと、楽天アフィリエイトは楽天ポイントでの支払いになりますから、ポイントの現金化にも使えますね。

全国百貨店共通商品券/デパート券/1,000円【未使用,新券,新品,美品,商品券,金券】【銀行振込、郵便振込で購入可】

価格:1,120円
(2016/1/7 22:42時点)

↑↑↑↑画像をクリックで商品ページに移動できます。

この記事をご覧の方におすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカード8選|ポイントがザクザク貯まるカード

おすすめクレジットカード13選|海外旅行に最適なカード

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。