DCギフトカードの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

おすすめサービス

お店|店舗紹介|お店外観

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

DCギフトカードはDCブランドが発行している商品券・ギフトカードです。もともと株式会社ディーシーカードが発行していましたが、この会社が三菱UFJニコスに吸収合併されたことで三菱UFJニコスギフトカードという名称も使われています。

こうした事情から三菱UFJニコスのクレジットカードで購入できる、提携先の店舗で利用できるといった特徴を備えています。とくに百貨店、スーパー、主要ショッピングモールで利用できる点は大きなメリットでしょう。

お釣りが出ないというマイナス点から金券ショップでの買取価格が主要他社に比べと少しだけ低くなっていますが、それでも安定した評価を得ており、もらったけど自分では使い道がない場合に金券ショップを利用すると便利です。その一方販売価格も高めなので購入する場合には新品とどちらがいいかよく検討したほうがよいでしょう。

この記事をご覧の方には金券ショップを利用して節約|JCBギフトカード利用の8つのポイントもおすすめです。

昨日は全国百貨店共通商品券の紹介をしましたが、今日はJCBギフトカードの紹介をしたいと思います。どちらも金券ショップで人気の商品なので、使いやすい金券です。
金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

関連記事

DCギフトカードの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

DCギフトカードの基本事項

DCギフトカードの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

DCギフトカードの基本事項
基本事項 摘要
商品券名 DCギフトカード
発行会社 三菱UFJニコス株式会社
(吸収合併)
券種 500円・1,000円・5,000円
有効期限 なし
お釣り 出ない
使えるお店 DCギフトカード加盟店全店
(三菱UFJニコスギフトカード利用可能な店舗と同様)
購入場所(例) 全国の百貨店やショッピングモール、
大規模スーパーにあるサービスカウンター
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

DCギフトカードとはDCブランドが発行しているギフトカードですが、現在では三菱UFJニコスに吸収合併されているため、事実上三菱UFJニコスギフトカードの形で発行されています。

そのため商品券の内容も三菱UFJニコスギフトカードと同じという形になります。以前発行されていたDCカードを持っている方はこの点に注意しましょう。

額面は500円券、1,000円券、5,000円券の3種類。クレジットカード系のギフトカードで500円券が発行されているものはあまりないので貴重です。

注意したいのは購入はネットや電話、ファクスで可能なため、購入時に送料・手数料がかかってしまうので気をつけたいところです。

インターネットで購入する場合には「お買い物ネット」というサイトを利用する形になるので三菱UFJニコスの公式サイトなどであらかじめ購入方法を確認しておくと戸惑わずに済みます。

お中元・お歳暮などギフト用に適した商品券といえるでしょう。そのため自分で使いたいという場合や家族など身近な人にプレゼントしたい場合には金券ショップなどでの購入も検討するべきかもしれません。

JCBギフトカードなどの主要他社に比べるとややマイナーなイメージもありますが、利用できる店舗数も非常に多く、有名な百貨店やショッピングモールではだいたい使用が可能です。

お釣りがでない点がややマイナス点ですが、それ以外では使い勝手が非常によく、贈答品にしても喜ばれることでしょう。ゴルフコンペなどの景品としても適しています。500円券などはお子さんへのお祝いとして人気です。

DCギフトカードが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

DCギフトカードは加盟店ならどこでも利用することができます。

DCギフトカードの利用可能店舗
店舗種類 店舗名
DCギフトカード加盟店 ルミネ、マルイなど
三井アウトレットパーク、ららぽーと
大丸や伊勢丹などの百貨店
イオン、イトーヨーカドー、ダイエー、西友
サークルKサンクス
ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ
ニトリ、イエローハット、洋服の青山など

DCギフトカードのメリットはクレジットカード会社が発行していることもあって非常に使えるお店が幅広い点です。DCブランドだけでなく三菱UFJニコスも関わっている商品券なので全国各地で使用できるお店を見つけることができます。

贈答品として購入する場合も相手が住んでいるエリアに使えるお店があるかどうかを気にする必要もありません。

日常生活で利用する店舗が多いのもDCカードの特徴です。ルミネ、マルイといったショッピングモール、三井アウトレットパーク、ららぽーとなども含まれます。さらに大丸や伊勢丹をはじめとした百貨店でも利用が可能です。

もっとうれしいのはスーパーやコンビニでも幅広く利用できる点でしょう。ショッピングモールもあるイオン、イトーヨーカドー、ダイエー、西友といった大手スーパー、コンビニではサークルKサンクスで使えます。

ほかにはヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラといった家電量販店、ニトリ、イエローハット、洋服の青山といった家具や衣料品店、さらにちょっとゴージャスにヒルトンホテルやANAインターコンチネンタルホテルでも利用ができます。

使える店舗の多さに対してちょっと不満なのが原則としてお釣りが出ない点です。サービスとしてお釣りを出しているお店もあるかもしれませんが、基本的には額面よりも多い金額の支払いに使用することになるでしょう。5,000円券の場合はこの点にとくに注意したいところです。

有効期限はなくいつでも利用が可能です。大きな買い物をするときにとっておく、といった使い方もできるでしょう。

DCギフトカードはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

DCギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、DCギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

DCギフトカードの購入可能場所
DCギフトカード
購入可能場所
(一例)
  • 百貨店、ショッピングモール
    大規模スーパーなど
    店舗のサービスカウンター
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販

まず一番最初に紹介するのがDCギフトカード加盟店の店舗内にあるサービスカウンターで注文する方法です。ここでは熨斗も無料ですし、小箱に料金もかからないところが多いです。また、ラッピングなどもしてもらえます。

贈答用にDCギフトカードを購入する場合は、DCギフトカード加盟店の店舗内にあるサービスカウンターがおすすめです。なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。

DCギフトカードの金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

DCギフトカードは三菱UFJニコスギフトカードと事実上同じ内容になっているのが特徴です。

ネットで金券ショップの販売価格を調べる際には三菱UFJニコスギフトカードとDCギフトカードが別々に表記されていたり、一方の情報が入手できないこともあるので注意しましょう。

買取価格に比べて販売価格はどの商品券・ギフトカード間でもそれほど大きな差が生じることはありません。DCギフトカードでも同様で販売価格は額面の97~99%と高い水準となっています。有名百貨店やデパート、またクレジットカード会社が発行している商品券と同程度といえるでしょう。

ただ金券ショップで購入しようと思ったときにはいくつか注意しておくべき点があります。まず額面によって販売価格が異なる傾向が見られる点です。

1,000円券、5,000円券に比べて500円券はごくわずかですが割安に設定している店舗が見られます。この理由は500円券の販売金額を○○%で計算して出た端数を、切り捨てて計算することが多いために起こる現象です。

ですから、たとえば3,000円分の商品券が欲しい場合には1,000円券を3枚よりも500円券を6枚の方がお得に購入できることもあるわけです。販売価格が安い分買取価格も安くなっている点には注意が必要ですが、覚えておいて損はないはずです。

ただ、金券ショップによってはお釣りが出ない500円のギフトカードは高めの値段設定にしていることもあります。必ずどちらの価格が安いのか確認しておくようにしてください。

もうひとつ注意したいのは原則としてお釣りが出ない点です。額面の98~99%の金額で購入しても額面よりも少ない金額の支払いに使うと損をしてしまうのでその分使用する機会が限られます。

少しだけ割安で購入できるメリットと、お釣りが出ないデメリットを比較したうえで金券ショップでの購入が適しているかどうかを確認することも必要でしょう。

DCギフトカードの金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

DCギフトカードとは三菱UFJニコスとDCカードグループによって発行されている商品券です。そのため基本的には三菱UFJニコスギフトカードと同じ扱いということになります。

そのため、DCギフトカードを利用する場合であれば、三菱UFJニコスギフトカードが利用できる店舗で調べても、ほぼ問題なく情報を入手することができます。

このカードの最大の魅力は使える店舗が非常に幅広い点です。有名なデパートはもちろん、スーパー、コンビニでも利用できるので使い道が多く、贈答品としてはもちろん、自分で使用する用としても適しています。

ただその一方で原則としてお釣りがでないため、使い勝手の点でやや劣る面もあります。こうした部分は買取価格と密接に関わってくるだけに重要です。

しかし、金券ショップに売却する場合に三菱UFJニコスギフトカードの買取金額をあてにするのはやめておいた方がいいでしょう。

基本的に、DCギフトカードは古い商品券というくくりで判断されるようになっています。そのため、三菱UFJニコスギフトカードに比べれば、やや安い金額での買取になることがほとんどだと思います。

パーセンテージとしては、大体2%~4%程度安くなると思っておいた方が無難です。もちろん、DCギフトカードの買取価格が掲示してあれば、その買取率から買取金額を確認することが可能です。

三菱UFJニコスギフトカードの買取価格に関してはお釣りがでないデメリットを考えればかなり高い水準となっており、額面の96~98%程度になっています。

DCギフトカードの買取価格は96~98%から考えて-2%~-4%ぐらいになるため、大体92%~96%の間での買取率になるでしょう。

ただ額面が少ない500円券よりも1,000円券、5,000円券の方が全体的に買取価格が高くなっているので注意が必要です。これは需要の問題が関わっていると考えられますが、500円券を売りたい場合にはいくつかの金券ショップの買取価格を確認したうえで1,000円券、5,000円券との差を確認しておきましょう。

贈答品としてよく利用される面もあるため、お中元・お歳暮シーズンには金券ショップに大量に流れ込むこともあり、買取相場が一時的に下がることもあります。

こうしたタイミングも踏まえたうえでもっとも高くできる店舗、時期を見極めていくとよいでしょう。「2017年現在」

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回はDCギフトカードの紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

この記事をご覧の方におすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカード8選|ポイントがザクザク貯まるカード

おすすめクレジットカード13選|海外旅行に最適なカード

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。