ANA・JAL航空系株主優待券が手に入らなくても格安に航空券を購入する方法

おすすめサービス
飛行機・航空券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

お盆時期に飛行機を利用する方も数多くいると思います。以前の記事で航空系株主優待券の紹介をさせていただきましたが、お盆前の時期でなかなか金券ショップでも株主優待券が買えないことがあると思います。

さて、以前の記事「株主優待券が金券ショップに出回る時期になりました。」で株主優待券について紹介させて頂きました。今日はANAやJALに代表される航空系の株主優待券についてもっと詳しく解説します。

特にANA株主優待券の2016年6月期限のもの高騰したことがある関係から、金券ショップでも売り切れ続出になっている場合があります。

少し前までANAの株主優待券の相場はずっとさがっていたのですが、最近になってずいぶん高騰しているのにお気づきでしたか? 実はこれにも理由があるのです。今日はANA株主優待券の相場高騰についてお話したいと思います。

でも安心して下さい。まだまだ諦めるのは早いのです。

今日は株主優待券が手に入らなくても格安に航空券を購入する方法を紹介します。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

更新情報:2018年5月31日期限|ANA株主優待券の価格相場情報とその予想を投稿しました。

最新のANA株主優待券が2017年5月13日頃から配布されたようです。ここで、これまでのANA株主優待券の買取価格相場やヤフオクでの落札相場がどのように推移していたか振り返ってみるのと、今後のANA株主優待券の価格相場がどのように推移していくか予想しました。最新のANA株主優待券相場情報もお伝えします。

関連記事

ANA・JAL航空系株主優待券が手に入らなくても
格安に航空券を購入する方法

株主優待券がなければ旅行会社のサービスを使えばいい?

チェック・ポイント・注意

航空会社と言えば、JAL・ANAが有名ですが、それ以外にも航空券を扱っているところがあります。それが旅行会社です。実は金券ショップで株主優待券を購入するお客様の中には、旅行会社の方々もいます。お盆や年末年始、GW時期などの確実に売れる時期の予約を取っておき、株主優待券を利用して割引を受けられるようにしているのです。

または、宿泊やその他サービスとの組み合わせで総額での売上は確保し、航空券の値段を株主優待券を利用して安くする工夫を各旅行会社はやっている場合があります。

大手の旅行会社になってくると、それ以前に各航空会社と提携して、一定の席を売りさばくことを条件に、航空券を安く仕入れることもできたりします。

どこの企業もオリジナリティのある商品を用意しようと頑張っているのですね。今回はその中でも今回はおすすめの旅行会社を紹介します。

格安航空券なら大黒屋トラベルがおすすめ

紹介|案内|利用方法

格安航空券なら当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベルがおすすめです。大黒屋トラベルは航空大手10社と契約し、時間や行き先に合わせて様々な航空券を取り扱っています。

JALやANAなどの航空会社と違う強みは、自社便でなくても紹介できるということです。現業を持っている会社だとどうしてもそうなってしまうのですが、自社の商品を紹介するのが先で、他社の商品は最後の最後で仕方なく紹介するようになっています。

各航空会社の場合は、他社の便は紹介できませんから、旅行会社のような総合ポータルサイトの方が自分の予定に一番ぴったりの航空券を探せることもあります。

また、各航空会社の料金も比較できますから、まずはこちらのサイトを検討してみるのもいいと思います。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

株主優待券利用と比べて料金はどのくらい違うの?

価格相場|価格比較

実際に大黒屋トラベルの料金を見てみました。(8/5調べ)

8/12(水)の東京(羽田)→北海道(新千歳)の料金を調べてみましたが、下記のようになっていました。

JAL便:クラスJ(プレミアム席)

大黒屋トラベル:27,240円(株主優待割引・優待券料金含む)

JAL公式サイト:21,240円(株主優待割引・優待券料金含まず)

JAL株主優待券値段:6,000円

ANA便:普通席

大黒屋トラベル:26,940円(株主優待割引・優待券料金含む)

ANA公式サイト:20,240円(株主優待割引・優待券料金含まず)

ANA株主優待券値段:6,700円

8/5時点での航空系株主優待券相場情報

JAL:約6,000円

ANA:約5,000円

ANAだとまだ金券ショップで株主優待券を購入して、自分で予約を取った方が安いのですが、JAL便なら、わざわざ金券ショップで株主優待券を探さなくても、大黒屋トラベルを利用するのと総額は同じになりますね。

むしろ、株主優待券を探さなくていい分大黒屋トラベルの方がお得かもしれませんよ。

予約はまだ取れる?空き状況の確認方法

ポイント|理由|おすすめ|チェック

お盆時期の格安航空券は人気があるので、私が8/5時点で調べた時にも、埋まってしまっている席がありました。気になる方は購入時に空席があるかしっかり確認しておく必要があります。こちらの航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!リンクからすぐに空席が調べられるので、まずはチェックしてみて下さい。

終わりに

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

私は金券ショップの店員ではありますが、公式サイトのチェックはよくしていて、料金がどの程度安くなるのかをしっかり把握していたのですが、こういった旅行会社のチェックはあまりしていませんでした。

ANAはまだ株主優待券を金券ショップで探した方が安上がりでしたが、JALは株主さん以外は旅行会社で買った方が楽に格安航空券が買えるというのは正直びっくりです。
大黒屋トラベルにちゃんと利益が出ているのか心配になってしまうぐらいです。

とはいっても、公式サイトで提示している金額ですから利用しないのも損ですよね。

お盆の時期はなかなか交通費が安くできなくてみなさん大変な思いもしていると思います。

いろいろなところにチケットを安く買える方法があるものですね。

大黒トラベルのメリット

どうしても格安航空券をキャンセルしなければいけなくなった場合はこちらの記事をご覧ください。

今回は、ANAの旅割やJALの先得で購入した格安航空券をはじめ、航空系株主優待券やLCC、格安航空券比較サイトで購入した格安航空券をキャンセルした場合に手数料や返金がどうなるか?条件はどのようなものになるか?などをまとめています。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。