2018年5月31日期限|ANA株主優待券の価格相場情報とその予想

おすすめサービス
ANA株主優待券2018.5.31期限

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

必要な情報だけ知りたい方はこちらのショートカットをどうぞ

最新のANA株主優待券の配布が始まったようです。今回配布されるのは2017年6月1日~2018年5月31日が有効期限となる株主優待券です。

ここで、これまでのANA株主優待券の買取価格相場やヤフオクでの落札相場がどのように推移していたか振り返ってみるのと、今後のANA株主優待券の価格相場がどのように推移していくか予想しました。

最新のANA株主優待券相場情報もお伝えします。6月に入って、早くも東京の金券ショップでも買取価格相場が下がり始めました。店頭の在庫数がかなり多くなっているようです。今から7月中旬頃までの間は、ANA株主優待券の買取価格相場がやや低めに推移していきそうです。

買取価格相場の予想をメインとした記事である「2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場を予想」も公開しています。興味がある方はこちらの記事も参照ください。

さらに詳しい情報は2017年11月期限のANA株主優待券に関する記事で紹介する予定ですが、今回は私が独自にANA株主優待券の買取価格相場を予測した部分をピックアップして紹介します。株主の方はぜひ参考にして下さい。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

関連記事

2018年5月31日期限
ANA株主優待券の価格相場情報とその予想

現状の2017年11月30日期限
ANA株主優待券の買取価格相場

価格相場

現状ではほとんどの金券ショップでは、まだ2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格を掲載していません。今のところ最新の株主優待券となる2017年11月30日期限のANA株主優待券は金券ショップで下記の買取価格に設定されています。

2,600円~2,800円

なお、現時点では配布済みで利用もできるため、金券ショップにも流通している2017年5月31日期限のANA株主優待券は買取価格が概ね下記の設定になっています。

1,000円~1,500円

2017年5月31日期限のANA株主優待券は、GWを間近に控え、買取価格相場の下落が起こっています。一方、現状最新となる2017年11月30日期限のANA株主優待券は、最新のANA株主優待券が配布され始める5月中うにも利用できるため、現状でもそれなりの高値で買取を行うことが可能となっていて、どの金券ショップでも同程度の買取価格に設定されています。

10月から11月にかけて行われるANA株主優待券の入れ替えの際には、買取価格の決定要因として、年賀はがきの買取状況も影響してくるため、5月~6月の入れ替わりの時期に比べて、やや複雑な値動きをするのですが、今回の入れ替わりの場合は、単純に需給バランスとヤフオクの落札価格を基準に動きます。

そのため、前回予想した時より価格動向が読みやすくなっているとも言えるでしょう。

ちなみに、このページでは買取価格の紹介をメインに行っています。ANA株主優待券の販売価格に関しては、買取価格に比べて相場が上下しないため、あまり取り上げる必要性を感じていないためです。

それでは、ANA株主優待券の最新相場情報から見ていきましょう。

ANA株主優待券最新相場情報

2018年5月31日期限のANA株主優待券の最新の買取価格相場情報は下記の通りです。

ANA株主優待券 2018/5/31期限最新相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2017年
4月30日頃
掲載なし掲載なしなし
2017年
5月8日頃
掲載なし2,500 円なし
2017年
5月13日頃
2,600 円2,600 円出品中
2017年
5月14日頃
2,600 円2,700 円出品中
2017年
5月15日頃
2,700 円2,700 円出品中
2017年
5月20日頃
2,800 円2,800 円3,100 円
2017年
5月27日頃
2,900 円2,850 円3,500 円
2017年
6月1日頃
2,950 円2,700 円3,000 円
2017年
6月7日頃
2,900 円2,700 円3,100 円
2017年
6月16日頃
2,850 円2,700 円3,000 円
2017年
7月6日頃
2,800 円2,600 円3,000 円
2017年
8月18日頃
2,600 円2,500 円3,200 円

現状では、最新のANA株主優待券の買取価格相場について、どの金券ショップからも情報が提供されていません。既に水面下では情報線が繰り広げられているはずですが、私たちにも見える情報として提供されるのは、GW明けの5月7日~10日頃からとなる見込みです。

まずは東京の金券ショップBで掲載が開始されました。恐らくGW明けの5月7日から掲載されています。早くもANA株主優待券の価格相場が動いています。

掲載当初(5月8日頃)は2,500円だった2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格が、2017年5月14日の買取価格は最大2,700円となっています。本日2017年5月15日には2,700円が基準の買取相場となっていますね。

全国的にANA株主優待券の買取価格は2,500円が基本になると考えられます。現状からは、早い段階で3,000円ほどまで相場が上がってくることが予想されます。

ANA株主優待券の販売価格をあまり紹介しない理由について

最初の方でも触れていますが、ANA株主優待券の販売価格は、現状では5,000円を基本として増減するのですが、4,500円を下回ることは滅多にありません。ヤフオクでは4,000円程度であればいつでも売れてしまう人気の株主優待券ですから、金券ショップでは無理をして販売価格を下げるようなことはしないようにするのが普通です。

むしろ、ANA株主優待券の買取価格相場が3,000円程度から1,000円以上増減することがある原因は、先ほどの年賀はがきなどの別の商材が流通することや、株主優待券が年2回しか配布されないため、配布時期の市場流通量が需要を大きく上回ってしまうことが大きな要因となっています。

基本的には売れる商品のため、どの金券ショップでもさほど安売りはせず、北海道や九州などの航空券の需要が大きい地域では6,000円程度で販売されることもあるくらいです。

それでは、現状のANA株主優待券の買取価格相場や販売価格についての基本が分かったところで、現時点で利用できる2017年11月30日期限のANA株主優待券、2017年5月31日期限のANA株主優待券それぞれの買取価格相場の推移を振り返ってみます。

2017年5月31日期限・2017年11月31日期限
ANA株主優待券の買取価格相場・ヤフオク落札相場情報

値上がり|価格上昇|相場上昇|値上げ

現状利用できるANA株主優待券は、2016年6月1日から新しく、GWやお盆・年末年始の繁忙期に座席制限がかかってしまう可能性があるものになっています。

このニュースをきっかけに多くの金券ショップが買取価格を通常よりやや下げる動きを見せましたが、実際にお盆の時期に対して座席制限がされなかったようで、2016年ではお盆明けからしばらくした9月頃から価格相場が好転しています。

それでは実際のANA株主優待券の買取価格相場・ヤフオク落札相場を見てみましょう。

2017年5月31日期限のANA株主優待券
買取価格相場・ヤフオク落札相場の実際の推移

2017年5月31日期限のANA株主優待券
ANA5/31東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
ヤフーオークション
年月買取価格
(売却時の価格)
買取価格
(売却時の価格)
落札価格相場
2016年11月20日頃3,000 円3,000 円4,500 円
2016年11月26日頃3,500 円3,200 円3,650 円
2016年12月10日頃3,000 円2,800 円3,500 円
2016年12月20日頃3,050 円2,600 円3,300 円
2017年1月21日頃3,250 円2,800 円3,500 円
2017年3月11日頃2,700 円2,000 円3,200 円
2017年3月30日頃2,600 円2,000 円3,000 円
2017年4月18日頃2,100 円2,000 円2,600 円
2017年4月29日頃1,500 円1,000 円2,300 円

現状最新となる2017年11月30日期限のANA株主優待券が配布された頃から、現在までのANA株主優待券の買取価格相場です。

最新の株主優待券が配布されてすぐから2017年1月下旬ごろまでは、特に大きな変化もなく買取価格が推移していました。

このあたりで、あまりの変化のなさに価格のチェックを怠ってしまっていたため、実際に買取価格が変化した2017年3月11日頃に価格下落に気付いています。

大体2017年3月頃からGW明けの新券配布を見据えた買取価格設定となっていて、2017年4月18日頃までは、買取価格も2,000円~とヤフオクの落札相場と比べてもさほど遜色ない価格設定が維持されていました。

価格の下落が始まったのが2017年4月25日~29日頃の間です。4月27日からは新幹線回数券が利用できなくなるので、多くの金券ショップがGW期間を意識した段階になります。

価格の下落が始まると、各金券ショップでの買取価格設定に差が出やすくなります。現状でも500円ほどの価格差が見られますが、店舗によっては買取不可となっている場合もあるので注意が必要です。

2016年11月20日以前の買取価格相場の推移に関してはこちらの記事を参照ください。

2017年11月30日期限のANA株主優待券
買取価格相場・ヤフオク落札相場の実際の推移

2017年11月30日期限のANA株主優待券
ANA11/30東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
ヤフーオークション
年月買取価格
(売却時の価格)
買取価格
(売却時の価格)
落札価格相場
2016年11月20日頃3,000 円3,000 円なし
2016年11月26日頃3,500 円3,200 円3,750 円
2016年12月10日頃3,200 円2,900 円3,750 円
2016年12月20日頃3,350 円2,800 円3,500 円
2017年1月21日頃3,350 円3,000 円3,500 円
2017年3月11日頃3,000 円2,700 円3,250 円
2017年3月30日頃3,050 円2,700 円3,000 円
2017年4月18日頃3,050 円2,700 円3,000 円
2017年4月29日頃2,800 円2,600 円3,000 円

現状最新の株主優待券となる2017年11月30日期限のANA株主優待券の買取価格相場も、基本的な値動きは2017年5月31日期限のANA株主優待券と同じようになっています。

実際の買取価格は、予想より変化がなだらかになっていて、2017年3月上旬頃までは3,000~3,500円程度の買取価格、2017年3月下旬ごろから3,000円を切り始め、現状ではヤフオクの落札価格相場よりも低い買取価格となっています。

厳密には、ヤフオクの出品手数料である8.64%が落札価格から引かれることになるので、ヤフオクで販売した場合の受け取り金額は約2,740円といったところです。

現状、金券ショップの買取価格はヤフオクの落札価格と無縁ではいられなくなっています。金券ショップの買取価格が低すぎるとヤフオクで販売する方が増えてしまうので、実質の受取金額にほとんど差がでない金額には設定されていることが多いです。

ただし、こういった価格設定が可能なのは、販売数の多い東京などの首都圏や大都市圏の金券ショップだけで、地方や田舎の金券ショップの場合、店頭で売れなかった場合にヤフオクで処分することも多くなるので、ヤフオクの価格は事前にチェックしておいた方が無難です。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

2016年11月20日以前の買取価格相場の推移に関してはこちらの記事を参照ください。

思ったより影響が少なかったANA株主優待券の座席制限

先でも取りあげていますが、2016年6月1日からANA株主優待券を利用した格安航空券の購入にも制限が入るようになりました。制限される期間は帰省などで繁忙期となるGW・お盆・年末年始の一部期間となっていましたが、具体的にどの日付でどの程度の制限が入るかは事前に知ることができなかったため、リスクを感じた多くの金券ショップが買取価格を低めに設定していました。

蓋を開けてみると実際にはさほど制限がかかった様子はなく、むしろ2016年9月頃になるとビジネスや旅行などでの購入需要が例年の予想より多くなってきたため、在庫が少なくなってくるという事態に直面するようになってしまいました。

金券ショップでは同業者間の取引も頻繁に行われているので、ANA株主優待券のように全国規模で配布されるような金券の場合、100枚、200枚の取引などはざらで、場合によっては金券ショップの店員が実際に東京や大阪、名古屋に出向いて取引をするようなこともあります。

2016年9月に入ってからのANA株主優待券の価格相場が高騰した理由は、安めに設定していた買取価格のせいで取り逃がしてしまっていた株主優待券を需要が大きい都市の金券ショップが同業者からも集めるために設定したものではないかと考えられます。

2016年9月頃のANA株主優待券の買取価格を確認したい場合はこちらの記事をご覧ください。

ANA株主優待券の買取価格が配布直後は安い理由

チェック・ポイント

ANA株主優待券では、配布当初から価格が高騰するような例外や価格相場が大幅に下落してしまうこともあるのですが、基本的には配布開始直後よりも、配布から3ヶ月後ぐらいの方が金券ショップでの買取価格は高くなるように相場は動いています。

この原因は単純で、株主優待券の配布時期が年2回の決まった時期になっていることが理由です。つまり、配布開始直後は大量のANA株主優待券が市場に新たに出回ってしまうことになるので、「需要<供給」の図式が成立してしまいます。

ANA株主優待券で格安航空券を購入する方も6月や11月には旅行や出張の予定すら立っていない人も多く、株主優待券の配布のタイミングでは大きな需要が見込めません。

それが配布から3ヶ月ぐらい経ってくると、配布から3ヶ月の間にANA株主優待券も消費されてきますから、段々と「需要=供給」の図式が成立してくるようになります。

予想に反して価格が高騰してしまう場合は「需要>供給」となってしまっている場合で、予想に反して価格が暴落してしまう場合は「需要<供給」となってしまっていると考えればいいと思います。

これは今回の座席制限のようにサービス提供側が仕様を変更することも含まれますから、単純な需要予測は却って命取りにもなりかねませんから、金券ショップもANAのような大型の株主優待券が配布されるシーズンは緊張して迎えています。

こういった価格相場の匙加減は各々の金券ショップがどれだけ現金を持っているかに依存することなので、関係者以外にはなかなか分かりづらい部分でもあるのですが、ANA株主優待券を少しでも高く売りたいと考えている株主さんにとって、この情報はなかなか参考になるものではないか思います。

ただ、過去に価格が高騰するという例外もありましたし、5年~6年ほど前にはANA株主優待券の価格相場は10,000円程度だったこともあります。過去の相場情報に対しての過信は禁物ですのでご了承ください。

少し前までANAの株主優待券の相場はずっとさがっていたのですが、最近になってずいぶん高騰しているのにお気づきでしたか? 実はこれにも理由があるのです。今日はANA株主優待券の相場高騰についてお話したいと思います。

2018年5月31日期限のANA株主優待券
買取価格相場を予想してみました

価格相場|価格比較

ANA株主優待券の買取価格相場が今後どのように推移していくか、ざっくりではありますが予想をしてみました。

2018年5月31日期限、2017年11月30日期限の各株主優待券で同じような価格推移となっています。ただ、価格相場が変化するポイントとなる点として、2018年5月31日期限のANA株主優待券は利用できるようになるのが2017年6月1日からであることは考えています。

お盆休みには金券ショップも休んでしまうことが多いため、買取価格相場が上がるのは7月上旬から下旬にかけての可能性が最も高く、8月1日頃の買取価格が最も高くなると予想しています。

ANA株主優待券|今後の買取相場予測
年月ANA
2018年
5月31日期限
ANA
2017年
11月30日期限
2017年5月15日頃2,000 円2,500 円
2017年6月1日頃2,500 円2,500 円
2017年6月15日頃2,500 円2,500 円
2017年7月1日頃3,000 円3,000 円
2017年7月15日頃3,000 円3,000 円
2017年8月1日頃3,500 円3,500 円
2017年8月10日頃3,000 円3,000 円
2017年8月20日頃3,500 円3,500 円
2017年9月1日頃3,800 円3,800 円

最新の2018年5月31日期限のANA株主優待券を売却するポイントとなる時期は2017年7月中旬~下旬と2017年9月上旬頃と思っておけばそう外れることはないでしょう。

ただし、お盆休みの需要がひと段落した時点で、買取価格が一気に下落する可能性もあるため、高値での売却を狙っている方は7月頃に動いてしまうことをおすすめします。

9月以降の買取価格はあくまでも予想なので、思い通りに価格が上昇しない可能性も高くなります。あくまでも例年通りの動きで推移した場合を考えているので、不確定要素の多い現時点では、7月頃の売却がおすすめできます。

JAL株主優待券についても紹介

国内線の航空券が定価の約50%になるANA株主優待券ですが、国内線ではもう1社のJALも株主優待券を発行しています。

ANAもJALも株主優待券のサービス内容は国内線50%OFFと同様で、定価もANA・JALではほとんど違いが見られません。ほとんどの方は路線があるかどうかや時間の関係でANAかJALを使い分けるか、クレジットカードのマイルで利用する会社を決めている方ばかりだと思います。

JAL株主優待券の買取価格相場についてはこちらの記事をご覧ください。

株主優待券の利用以外にも格安航空券を購入する方法はありますが、旅割先得という名称の違いはあっても、実際のサービス内容はほとんど変わりありませんから、株主優待券の販売価格や金券ショップなどでの在庫状況を見て購入するのもアリです。

格安航空券をお探しの方はANA株主優待券だけでなく、JAL株主優待券の利用も視野に入れておくことをおすすめします。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

格安航空券の購入なら
ANAやJALの株主優待券もいいけど
大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

ここまでANA株主優待券の価格相場の予想にお付き合いいただきありがとうございました。価格相場の予想に特化した記事として「2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場を予想」も公開しているので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。

さらに詳しい情報は2017年11月期限のANA株主優待券に関する記事で紹介する予定ですが、今回は私が独自にANA株主優待券の買取価格相場を予測した部分をピックアップして紹介します。株主の方はぜひ参考にして下さい。

最後に格安航空券を購入する方法として、ANAやJALの株主優待券を利用する以外の方法について紹介したいと思います。

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

このような超大口の販路を持っている金券ショップであれば、航空券の年間需要をある程度把握できているのが普通ですから、買取価格相場は安めで推移していた方が都合がよく、戦略的に価格を低めに設定することで、周囲の金券ショップも巻き込みながら価格の上昇を抑えることも不可能ではないのではないかというのが私の最新の予想です。

金券ショップには組合があり、大手であればほとんどの金券ショップも加盟しています。といっても、価格に関して組合の強制力はほとんどなく、また回りと足並みを揃える金券ショップだけではありませんから、あまりにも安い買取価格を設定してしまうと、今度は売却の依頼がこなくなってしまいます。かなり難しい調整になりますが、やってできないことではありません。

この予想は私の完全な妄想ですし、実行できる金券ショップはたとえ大手であってもそうないため、間違っているかもしれないことだけご了承ください。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

ANA株主優待券は楽天ストアでも購入できます

↑の画像をクリック楽天ストアの
ANA株主優待券の購入ページに移動
できます。

楽天トラベルも便利ですが、宿泊先のホテルを探す、または予約するなら世界最大の宿泊予約サイト、Booking.comもおすすめです。

過去のANA株主優待券に関する記事は下記リストを参照ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。