ビール券の買取価格・換金率の全国相場ってどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
ビール|ビール券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。三が日も終わり、明日から仕事の方も多いと思いますが、みなさんは年末年始ゆっくり休めたでしょうか?

私はサービス業ですが、年始は新幹線回数券が1月6日まで利用できないので、もう少しお休みをいただきます。

また、年末も12月28日から新幹線回数券が利用できなくなるため、サービス業としては少し早めのお休みに入っていましたが、その間にサイトのリニューアルを行っていました。

ほとんどの方は検索エンジンから個別の記事にアクセスしているので気付いていないと思いますが、TOPページを大幅に変更し、ジャンルごとに記事を検索できるようにしてみました。

それと、昨年11月頃に作成した金券ショップ情報館というサイトと統合して、金券ショップの総合情報サイトとして運営していくことにしました。店舗情報も随時追加していく予定なので、楽しみにお待ち下さい。

このサイトをご利用のみなさまに少しでも利用しやすくなっていれば幸いです。

さて、年末のボーナスやお歳暮などでビール券をいただいた方もいらっしゃると思います。年末年始はビール券の販売・買取が金券ショップでは非常に多くなるので、よく質問も受けています。

  • 「どこで使えるの?」
  • 「お釣りは出るの?」
  • 「ビール券はビールにしか利用できないの?」
    などなど・・・

ただ、一番多い質問は「ビール券はいくらで買ってくれるの?」ですね。お酒をあまり飲まない人には不要のものですから、ビール券は売りに来る方も非常に多い金券です。

ビール券

ビール共通券・清酒券は、全国の酒屋さんで券面表記の商品とお引き換えいただける商品券です。
冠婚葬祭や贈り物にオススメです。

オススメ

今回はビール券の換金率や買取価格についてと、利用できるお店や利用時のお釣りについても説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

Contents

ビール券の買取価格・換金率の全国相場ってどのくらい?

ビール券とは|ビール券の種類について

ビール券

現在(2016年1月3日)発行されているビール券は下記の2種類になります。

  • 大瓶(633ml)2本分(724円分)
  • 缶(350ml)2本分(494円分)

上の画像にもありますが、↓の画像も参照ください。少し画像が小さいですがご容赦ください。

ビール券のサンプル|大瓶(633ml)2本分(724円分)

ビール券大瓶2本(724円分)

ビール券のサンプル|缶(350ml)2本分(494円分)

ビール券缶(350ml)2本(494円分)

ビール券の買取・換金率の相場について|金券ショップによってかなり価格が変わるのがビール券の特徴です

価格相場|価格比較

ビール券の買取・換金率の相場についての記事をなかなか書けなかった理由の1つに、ビール券の買取価格や換金率は金券ショップによってかなり違ってくるという点があります。

大都市圏と地方都市での買取価格がかなり違ってくるので、分けて記載しておきます。

東京や大阪などの大都市圏にある金券ショップのビール券買取価格相場

東京や大阪などの大都市圏にある金券ショップではビール券の買取価格をかなり高めに設定しています。

買取価格は↓の表のようになっています。

ビール券買取価格・換金率の相場早見表
大都市圏の金券ショップ
ビール券種類 東京の金券ショップ 大阪の金券ショップ
買取価格相場 換金率 買取価格相場 換金率
大瓶(633ml)2本
(724円分)
715円~721円 98.7%~99.5% 705円~714円 97.3%~98.6%
缶(350ml)2本分
(494円分)
485円~490円 98.1%~99.1% 470円~483円 95.1%~97.7%

大都市圏の金券ショップではビール券をかなり高く買い取っています額面から換算すると、大体10円引き~20円引きになっています。

地方都市など大都市圏以外にある金券ショップのビール券買取価格相場

地方都市などの大都市圏以外にある金券ショップではビール券の買取価格は少し安めの設定になっています。

また、地方都市でも地域によってかなり買取金額・買取率には幅があるので、便宜上「地方都市」と「田舎」で分類しました。

買取価格は↓の表のようになっています。

ビール券買取価格・換金率の相場早見表
地方都市などの金券ショップ
ビール券種類 地方都市の金券ショップ 田舎の金券ショップ
買取価格相場 換金率 買取価格相場 換金率
大瓶(633ml)2本
(724円分)
685円~700円 98.7%~99.5% 640円~660円 88.3%~91.1%
缶(350ml)2本分
(494円分)
460円~475円 98.1%~99.1% 395円~445円 79.9%~90.0%

地方都市の金券ショップでも、高いところではビール券をそれなりに高い金額で買い取っています。額面から換算すると、大体20円引き~40円引きになっています。

この程度なら換金率で見ても、大都市圏の金券ショップとそこまで変わりありませんが、田舎の方にいけばいくほど、金券ショップでの買取価格は下がってきます

地方都市でも小さい都市や、田舎の方にある金券ショップでは、買取価格というより、買取率で見た方がいいようになっています。

田舎の金券ショップの価格相場は大体80%~90%ぐらいでの買取となっていて、額面から換算すると、大体60円引き~80円引き、80%程度の換金率だった場合、100円もの差が出る場合もあります。

ビール券の額面と定価について
ビール券を購入する時は手数料をかなり取られている!?

チェック・ポイント・注意

ビール券は百貨店や大手ショッピングモール、酒屋などで購入することができますが、ビール券を正規の販売所で購入する時に、手数料がかかっていることはあまり知られていません。

最初に紹介したように、大瓶(633ml)2本分(724円分)・缶(350ml)2本分(494円分)の2種類ですが、それぞれの購入時には1枚あたり数十円の手数料がかかるようになっています。

ビール券の通常価格(正規店購入)
大瓶(633ml)2本分(724円分)

購入価格:784円(1枚あたり60円の手数料)

ビール券の通常価格(正規店購入)
缶(350ml)2本分(494円分)

購入価格:539円(1枚あたり45円の手数料)

このように、1枚あたりでもかなり高い金額の手数料がかかっています。利用時には大瓶(633ml)2本分は724円、缶(350ml)2本分は494円の金券として利用できるだけなので、ビール券の発券にはかなりの手数料がかかってしまうことになります。

そのため、金券ショップでも額面価格よりビール券が高く販売されているお店も多く、大都市圏での買取価格が高い理由の1つでもあります。

逆に田舎の金券ショップで買取価格が低くなってしまうのは、大都市圏に比べて販売の機会が少ないことと、額面と同等の価格もしくは額面より若干安く販売するためでもあります。

金券ショップにビール券を売るなら大都市圏、金券ショップでビール券を買うなら田舎のが狙い目ということになります。

ビール券が利用できるお店について
ビール券はコンビニでも利用できる!?

コンビニ|クオカード・ビール券利用

ビール券が利用できる場所がよく分からないと言って金券ショップに売りに来る方もいるのですが、ビール券はお酒を販売しているお店なら基本的に全国どこでも利用できます。

お酒の販売には酒販の免許を取得する必要があり、その際にビール券の発券元である「全国酒販協同組合連合会」とビール券の利用について契約を結ぶようにしているため、お酒を販売しているお店ならどこでもビール券を利用することができます

これはコンビニやドラッグストアなども例外ではありません

ビール券ではビールしか買えないのか?
酒類ならOKとしているお店もあります

百貨店や大手スーパーなどの場合はビール券で購入できるのはビールのみとしているところが多いのですが、アルコール類を1つでも購入すれば、その他のつまみなどの支払いにも利用できるお店もあります

これは、ビール券の利用についてはっきりとした決まりがないためで、お店によってルールを自由に設定できてしまうことが原因です。

全国チェーン店の事例
コンビニエンスストアでのビール券利用について

参考までに大手チェーン店での事例を挙げます。コンビニエンスストアでは、アルコール類を1つでも購入すればビール券の利用を可能としているため、ビール券をビールのみではなく、発泡酒やワイン、焼酎などにも利用できるようです。

これは、ほとんどのドラッグストアでも同様の扱いになっています。

全国チェーン店の事例
ドン・キホーテでのビール券利用について

ドン・キホーテグループで生鮮食品などを取り扱っているMEGAドン・キホーテでは、全ての商品の購入にビール券の利用を可能としているようです。

これがいいのかは分かりませんが、ドン・キホーテグループは大手量販店の中ではかなり大雑把なグループなので、お酒を購入していなくてもビール券を利用できるようです。(2016年1月3日時点での一部店舗での実績になります)

その他にも、お米券なども(お米を購入していなくても)利用できるようになっています。

ビール券を利用した時のお釣りについて
お釣りは出る?出ない?
実は決まっていない!?

料金|金額|支払い|お釣り|安い

ビール券が利用しにくい1番の理由だと思いますが、お釣りが出るか出ないかが分からないという非常に変わった商品券になっています。

ビール券自体にはお釣りの出る出ないに関しての決まりがなく、「ビール券の利用の際にはできる限りお釣りを出すようにしてほしい」となっているだけです。

そのため、お店によってはお釣りを出さないようにしているところもあるので、ビール券をビール以外に利用できたとしても、上手く利用しないと必要以上のビール券を消費してしまうことにもなりかねません。

こういう対応が一番多くあるのが意外と酒屋で、個人経営の酒屋だとお釣りを出さない場合もあるようです。ただ、前出のコンビニエンスストアや大手スーパーでは、お釣りを出すところがほとんどです。

ビール券を利用する場合は酒屋より、コンビニやスーパーの方が良心的な対応をしてくれることが多いはずです。

最後にクレジットカードで商品券
ギフトカードを購入できるサイトを紹介します。

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちらです。

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

ビール券はAmazonでも購入できます

Amazonでもビール券を販売しているようです。せっかくですからここで紹介しておきます。

ビール券

ビール共通券・清酒券は、全国の酒屋さんで券面表記の商品とお引き換えいただける商品券です。
冠婚葬祭や贈り物にオススメです。

オススメ

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加