沖縄の格安航空券を購入する4つの方法

おすすめサービス

沖縄・シーサー・ビーチ

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

国内での夏のレジャー先として多くの人が思いつくのは沖縄県ではないでしょうか。透き通った海にたくさんの自然、マリンスポーツや琉球王国時代からの建造物、おいしい食べ物や地酒など大人も子どもも楽しめる観光地となっています。

しかし、沖縄県のレジャーのネックとなるのがその移動費用、すなわち交通費です。沖縄までは飛行機で移動するという方が多いかと思いますが、その費用はなかなか高額です。

格安航空券などを使用して交通費を安く抑えて、旅行でたくさんお金を使いたいと思われる方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは沖縄への交通費を各航空会社ごとに比較、また航空会社ごとに格安航空券を購入する方法をご紹介します。

この記事をご覧の方には金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法もおすすめです。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。 今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

関連記事

沖縄の格安航空券を購入する4つの方法

ANAやJALの旅割・先得を利用した場合の価格

まずは、日本の航空会社の最大手、ANAとJALを利用した場合の航空券の価格をご紹介します。ANAでは航空券を格安航空券にする方法として旅割という制度を紹介しています。

旅割とは搭乗日の75日前~21日前までに予約することで、おトクに購入できる運賃のことを言います。航空券購入から搭乗する55日前までならキャンセル料もかからないのが特徴です。

また、この他にも旅割75といって限定された地域や期間で割引がきく航空券があります。ANAを利用して東京から沖縄へ向かう場合、シニア料金やU25の制度を除くと通常安くても片道4万円、高くて4万6千円ほどかかります。

しかし旅割を使用すると片道高くて2万8千円、安くて1万2千円で利用できます。また、旅割のタイムセールを利用すれば、決められた期間や時間ではあるものの片道1万円で利用することができます。

次にJALです。JALでは格安航空券を手に入れる方法として先得というプランを紹介しています。先得では、旅割と違って期間が細かく分かれていて、75日前、55日前、45日前、28日前でそれぞれ料金が異なります。

通常料金で利用した場合、片道高くて4万7千円、前日割引を利用しても3万8千円ほどですが、先得を利用すると東京から沖縄まで75日前であった場合は片道高くても3万2千円、安くてなんと8600円で利用することができます。

先得、旅割という各社のプランを効率よく使用することで沖縄までの格安航空券を入手することができます。

ANAやJALの株主優待券を利用した場合の価格

ANAやJALで格安航空券をゲットしたいが仕事の関係で旅の予定は直前まで決めることができないという方もいらっしゃるかと思います。先得や旅割が使用できない方で格安航空券をゲットする方法として株主優待券を利用するという方法があります。

こちらも株主となる正規のルートでゲットする場合とオークションなどでゲットする場合の2つで料金を比較していきます。

まず正規のルートであるJALやANAの株を購入して株主優待券を入手した場合の料金です。ANAの場合、1000株以上を所有することで片道普通運賃より50%割引してくれる1年間有効の国内線搭乗優待券がついてきます。

この優待券は1000株以上所有することで1枚ずつ増えていきます。6月現在の最安値で1株392円となるため、392000円分の株を所有することで入手することができます。オークションなどを利用した場合の平均相場は9千円台とされています。

しかし、金券ショップやオークションによっては1500円で売られている場合があります。ゴールデンウィークなどみんなが休日で、旅行に出かける期間では高額で売られる傾向にあるものの、この期間を過ぎると値は下がってくるそうです。

次にJALの株主優待券についてチェックしていきます。JALでは100株から1回使いきりで普通運賃から50%割引される株主優待割引券を1枚発行しています。

200株以上より1枚ずつ追加されていきます。6月現在1株当たり3419円となるため、株主優待券をゲットするためには341900円分の購入が必要となります。

またオークションなどではだいたい5000円前後が相場となるようですが、高くて1万円ほどとなるようです。こちらも連休などになると価格が高くなり、それ以外では減額されている傾向にあります。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

LCCを利用した場合の価格

次に、LCCを利用した場合の料金をご紹介します。LCCとはLow cost Carrierの略で、低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社のことを言います。

低価格の運賃が実現できた秘密は機内設備の簡素化や無料サービスの配置、使用機種の統一などがあります。また、航空会社によっては人気の駅への発着を避けているところもあるため、自分の行きたい所に航空機が発着しないという場合もあります。なので、近くの空港で降りて電車など路線を利用しなければならない場合も出てきます。

日本国内でLCCを展開している中で、今回はピーチ、ジェットスター、バニラエア、スカイマークの4社の運賃を同日の運賃から比較していきます。

まずはジェットスターです。ジェットスターでは東京から沖縄まで片道高くて2万2千円、安くて6720円となります。

次にバニラエアは高くて1万5千円、安くて1万3980円となります。

スカイマークは高くて24190円、安くて14590円となります。

ピーチは沖縄県への発着便が運航していません。

どの航空会社も時期によっては6000円台の航空券が用意されています。ANAやJALと比較してもその価格差は5~10倍ほどあるため、自分の利用する空港からの便があればLCCを利用するのも、安く沖縄県へ旅する1つの方法となります。

LCCだとよく聞かれるのが安全面ですが、現在LCCは安全面を非常に重視しています。そのため、安心して乗車することができるでしょう。

大黒トラベルを利用した場合の価格

最後に大黒屋トラベルを利用した場合の航空運賃をご紹介します。大黒屋トラベルとは国内線の航空会社13社(JALやANA、スターフライヤーをはじめ、AIRDOやソラシドエア、FDA、またHACやIBEX、AMX、さらにスカイマークやピーチ、ジェットスター、そしてバニラエア)の空席を一括検索、予約できるサービスです。

大黒屋はもともと金券ショップ、ブランド買取・販売などを行ってきた会社で現在はグループ会社としてかなり規模の大きい会社となっています。

大黒屋トラベルを利用した場合の航空運賃はいくらになるのでしょうか。大黒屋トラベルは、前述した13社の航空運賃を一括比較、予約や販売を請け負う会社となるため、料金はそれぞれの航空会社に準じた値段となります。

いろいろと確認してみるとANAやJALの場合は普通に購入するよりも安価で購入することができます。LCCもそれほど大きく値段に大差ないものの、安く購入することが可能です。大黒屋トラベルを利用するメリットは2つあり、1つはやはり値段が安いということです。

大黒屋トラベルでは各航空会社の株主優待の航空券を買うことができます。これが値段を安く押さえている秘密となるようです。なので、例えばチケットを前日に購入したとしても先得や旅割と同等程度の値段で購入できます。

メリットその2は予約時の割引です。銀行振り込みにすると購入した値段よりさらに500円割引の制度となっています。少しでも節約したいという方には嬉しい節約制度となっています。

前述したように大きな会社が運営していることから安心して利用することができ、格安で先得や旅割と同じくらいの値段でチケットが帰ると今ひそかに人気を集めているようです。

格安航空券の購入なら
ANAやJALの株主優待券もいいけど
大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。 今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

ANA・JALの株主優待割引や旅割・先得のような早割、LCCの料金の中から最もお得な料金を選べる大黒屋トラベルはおすすめの格安航空券購入サイトです。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。