北海道の格安航空券を購入する4つの方法

あなたにおすすめのサービス
北海道・雪と時計台

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

日本の観光地として日本人からも、外国人観光客からも人気のある北海道。広大な土地は1日もしくは1度の旅行で全ての観光地を巡ることは難しいとされていて、何度も北海道を訪れてその魅力に触れているという人も多いのではないでしょうか。

海鮮や乳製品を利用した食べ物もおいしく、観光地としての見どころもたくさんある北海道。訪れるならば航空券をお得に入手して、その分旅行でお金をたくさん使いたいものですよね。

北海道を格安に訪れるためには格安航空券を購入することが1番の方法となります。格安航空券はどのようにしてゲットすることができるのでしょうか。

ここでは北海道へ向かうための格安航空券を入手する方法をいくつかの会社で比較してご紹介します。

この記事をご覧の方には金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法もおすすめです。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

あなたにおすすめの記事

北海道の格安航空券を購入する4つの方法

ANAやJALの旅割・先得を利用した場合の価格

格安航空券を探す最も一般的な方法は、ANAの「旅割」およびJALの「先得」を利用することです。これは、フライト日よりも前に予約することで、航空券料金の大幅な割引を受けることができるサービスです。

旅割には「何日前に予約するか」に応じて「75」「55」「45」など5つのタイプがあり、最大で85%の割引を受けることができます。

先得も同様に「ウルトラ」「スーパー」など4タイプがあり、最大81%の割引を受けることができます。どちらのサービスも、「何日前に予約するか」によって割引率が変動します。

一例として、羽田空港から新千歳空港への料金を考えてみましょう。この区間の基本運賃はANA・JALともに46,300円ですが、旅割75もしくはウルトラ先得を利用して予約すると、最安値は10,500円となります。

ただし、週末および休日のフライトに関しては最安値にならないことがほとんどです。旅割55もしくはスーパー先得になると、最安値はやや上がって11,500円になります。

28日前までの予約に適用される旅割28もしくは先得割引タイプAの場合、最安値は13,100円まで上がります。ですから、北海道へ行く日付が前もって分かっている場合には、できるだけ早く予約をするようおすすめします。

ただし、旅割や先得を利用して予約した場合、フライトから55日以内でフライトの変更やキャンセルをすると手数料が発生します。当日キャンセルをすると100%の手数料がかかる、ということも覚えておきましょう。

ANAやJALの株主優待券を利用した場合の価格

「フライトまであまり日数がない」という人には、株主優待券を利用した格安航空券がおすすめです。北海道へのフライトを予約する際に株主優待券を利用するメリットは「正規運賃の半額で利用することができる」「フライトの直前まで予約内容の変更・キャンセルが無料」の2点が挙げられます。

GWや夏休み期間中など、飛行機の利用者が格段に多くなる「ピーク期間」のフライトは、正規価格そのものが割り増しになります。

例えば、羽田から新千歳までのフライト料金は、片道通常37,500円のところ、ピーク期間は39,900円となります。また、この期間中は事前予約が適用される座席数が大きく減らされることもあります。

一方、株主優待券の座席数はどのフライトでも基本的に同数確保されており、また常に「正規料金の半額」というルールが適用されます。例えば、羽田から新千歳は通常時なら18,750円、ピーク時は19,950円で利用することができます。

関西国際空港からは通常時23,150円、ピーク時は24,400円となります。ですから、「旅割や先得による北海道行きのお得なチケットがもう見つからない」という場合には、株主優待券の利用をおすすめします。

株主優待券を利用するもう1つのメリットは「予約の変更やキャンセルが無料」という点です。先得や旅割では基本的にフライトの変更やキャンセルには手数料がかかります。

一方、株主優待券を利用して予約した場合はフライトの直前まで無料で変更を受け付けてもらうことができます。ですから「急に北海道へ行けなくなってしまった」という場合でも安心です。

LCCを利用した場合の価格

北海道行きの格安航空券を手に入れたいなら、LCCもおすすめです。札幌・新千歳空港には数多くのLCCが乗り入れを行っています。

Peachは仙台空港と関西国際空港から、Jetstarは成田空港、中部国際空港および関西国際空港から運行しています。

Vanilla Airは成田空港と那覇空港、そして春秋航空は成田空港のみです。最も多いのはAir Doで、羽田・仙台・名古屋・神戸・岡山・広島の6空港から乗り入れを行っています。

Peachを利用する場合、仙台空港からの料金は4,290円、関西国際空港からは4,890円が最安値となっています。Jetstarは成田空港・中部国際空港を利用する場合、最安値は片道4,490円となっています。

一方、関西国際空港からのフライトは片道5,190円が最安値です。Vanilla Airは、成田空港からの料金が4,080円、那覇空港からは9,960円が最安価格です。春秋航空は成田からの早朝フライトのみで、最安値は3,590円です。

これは数あるLCCの中でも際立ってお得な料金設定となっています。Air Doは仙台発が片道7,000円と最も安く、それ以外の空港から利用する場合は8,000円前後が最安値となっています。

LCCは座席数が少なくなればなるほど値段が上昇して行きます。残席数が残り僅かになると、片道料金が2万円を超えて、ANAやJALの運賃よりも高くなってしまう、ということも少なくありません。ですから、北海道へ行く予定が決まったなら、すぐに予約手続きをするようにしましょう。

大黒トラベルを利用した場合の価格

「北海道に向かうフライトの期日までほとんど日数がなく、早割や先得などの割引がない」という人におすすめなのが、「大黒屋トラベル」の販売する航空券チケットです。正規料金よりも常に安い価格で購入することが可能、というのが大黒屋トラベルの魅力と言えるでしょう。

北海道行きのチケットが大黒屋トラベルで安く購入できる理由は「株主優待券の利用」です。これにより、北海道行き航空券の販売価格は正規料金の60%から70%前後となっています。

一例として、7月中の羽田空港から新千歳空港までのチケットは、ピーク時として指定されている期間に該当するため、正規料金39,900円となっています。一方、大黒屋トラベルでは、33%OFFの26,940円で販売されています。

株主優待券に関する手続きはすべて大黒屋トラベルが行いますから、「株主優待券を金券ショップで購入して、それを航空会社のサイト上で登録する」という手間がありません。

フライトの前日あるいは当日であっても、お得な割引価格ですぐに航空券を手に入れることが可能です。加えて、大黒屋トラベルでは支払い方法として銀行振り込みを使うと、チケット1枚ごとに500円の割引を行っています。

大黒屋トラベルのオフィシャルサイトでは、札幌・新千歳空港へ乗り入れをしている航空会社6社すべてのフライトスケジュールとチケット料金が表示され、クリック1つで購入手続きができるようになっています。

各社の割引状況などがリアルタイムで表示されるので、もっともお得な料金チケットがどれなのか一目で分かる、というのも大黒屋トラベルの魅力です。

格安航空券の購入なら
ANAやJALの株主優待券もいいけど
大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

ANA・JALの株主優待割引や旅割・先得のような早割、LCCの料金の中から最もお得な料金を選べる大黒屋トラベルはおすすめの格安航空券購入サイトです。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする