初心者でも簡単に国内線の格安航空券を予約する方法

おすすめサービス
飛行機・航空券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

以前の記事「金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法」で格安航空券を購入する方法を紹介していますが、定価より安いチケットには様々な条件が付いてきます。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。 今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

最も値段の安くなるLCCでは、搭乗時間を1分でも過ぎてしまうと、飛行機が出航してしまうといったリスクがありますし、ANAの旅割JALの先得などの早割チケットでは、出発便の予約変更ができないなど、定価より安くなっている代わりに条件が厳しいものになっています。

北海道や沖縄など、少し遠出をしようと思ったら飛行機の利用をするような地域に住んでいる方なら、飛行機便の予約もお手の物かもしれません。

ですが、私のように、普段飛行機を利用することがなく、安くなる代わりにどの程度条件が厳しくなっているのか分からない人にとっては、格安航空券を購入することに対する不安の方が大きくなってしまうと思います。

そんな方には以前の記事「国内で利用する格安航空券の購入にANA株主優待券の利用をおすすめする理由」で述べている、ANA株主優待券を利用して定価の半額で格安航空券を購入する方法もおすすめです。

格安航空券の利用に関しては以前の記事で紹介していますが、私は国内線の格安航空券を購入するならANA株主優待券を利用するのが一番簡単だと考えています。 LCCだったり、同じANAでも旅割やJALの先得の利用は初心者の方にはあまりおすすめできるものではありません。

今回は、以前の記事とは違う視点から、初心者向けの格安航空券の購入方法についてお伝えします。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

関連記事

初心者でも簡単に
国内線の格安航空券を予約する方法

格安航空券にはどのような種類があるか

種類|カテゴリー

まず紹介するのは、最近では新幹線の料金と比較しても優位に立てる場合もあるLCCです。ANAが出資するピーチやJALが出資するジェットスターが代表的なLCCとして知られています。

LCCとはローコストキャリア(Low-cost carrier)の略で、直訳すると安い運送会社となります。なので、LCCは格安航空券の販売を目的として作られたものであることが分かります。

格安で航空券を販売するのがLCCの目的なので、通常の航空券と比べてもサービスの質がかなり制限されています。

荷物の大きさや重さに制限があったり、座席がかなり小さいものであったりと、人を運ぶというよりは荷物を運ぶといった表現に近くなっています。これらの制限も格安価格を実現するために必要なことです。

次に、ANAの旅割やJALの先得のように、早期の予約で割引が受けられるようになる格安航空券です。旅割75やウルトラ先得のように、最大で75日前に航空券を予約することで、70%程度もの割引率を実現するものです。

電車やバス、船など飛行機に限らず全ての旅客を目的とした乗り物が直面する問題は、空席が多くても利用者がいる限り運行させる必要が出てくる点です。

安価であることを優先している夜行バスなどでは、一定の客数にならないと発送しなかったりすることもあるようですが、飛行機の場合、便数が少なくなるにしても、客数が少ないから出航しないといったことはできません。

空席率が高くても運行しなければならなくなっしまう問題を避けるために、早期の予約に対して割引を行って、乗車率を上げているのです。

初心者にもおすすめなのが株主優待券を利用した購入方法

ANAロゴ JALロゴ

LCCや早期割引が国内線の格安航空券を予約する際にまず候補として挙がってくる予約方法になります。これら以外に、ANAやJALの公式サイトから誰でも簡単に購入できる株主優待券を利用した格安航空券の購入方法もあります。

航空系株主優待券のカテゴリーでもまとめていますが、国内線の運行をしている航空会社の株主優待券は、ほとんどが定価の半額で航空券の予約ができるものになっています。

ANA株主優待券を利用して格安航空券を予約する7つの方法

JALの株主優待券を利用して格安航空券を予約する5つの方法

上記の記事でも触れていますが、株主優待券を利用して格安航空券の予約をするのは、初心者でも簡単にできますし、予約の変更もウェブサイト上で手続きできるので、急な出張でも対応ができます。

LCCを利用した格安航空券の購入では別ですが、早期割引を利用して航空券を購入するのはビジネス利用ではかなり無理のある方法になります。2ヶ月以上も前に出張の予定を立てるのはさすがに難しいですよね。

株主優待券を利用すれば数日前などの直前の予約でも定価の半額になります。

LCCや旅割・先得などの早割は上級者向け

チェック・ポイント・注意

先に紹介したLCCの利用や早期割引を利用するのが最も格安航空券の予約時に価格を安くすることができる方法です。

ただ、これらの格安航空券は払い戻しや予約の変更に対応できない場合も多く、LCCに至っては悪天候などで欠航になってしまった場合でも払い戻しを受けられない可能性まであります。

安いということはそれだけ補償やサービスが削られていることになるので、何らかのトラブルに遭遇した時に、初心者で不慣れな方は大体の移動手段を手配できずに、立ち往生してしまうような事態も考えられます。

また、株主優待券を利用した格安航空券の予約方法の紹介でも触れたように、早期割引を利用した予約方法はビジネス利用にも不向きです。私なら、レジャーの予定であっても75日前に航空券の予約をするのは怖くてできません。

なので、LCCや早期割引を利用した格安航空券の予約は、飛行機での移動に慣れている上級者向けであるとも言えるのです。

格安航空券を購入する時に大変なこと

比較|比べる

また、LCCを利用した格安航空券の予約では、各社の料金比較がかなり大変な作業になってきます。国内線を運航しているLCCを軽く調べても5社程度の企業が出てきます。

LCCの航空料金は飛行機の出航日時だけでなく、予約する際の空席率などでも価格が変化するため、実際にLCC各社のサイトで価格も比較しながら予約する必要が出てきます。

また、出発する空港がLCCによっては違うことも多く、空港までの交通費も考慮に入れて比較しなければならないので、格安航空券の価格比較は非常に大変な作業になってきます。

初心者にもおすすめなのは
大黒屋トラベルを利用した格安航空券の購入

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券を始めて購入する方や、飛行機での移動に慣れていない方は格安航空券比較サイトを利用するのも一つの方法だと思います。

私がおすすめするのは金券ショップを運営していることでも知られている大黒屋グループが運営している大黒屋トラベルです。

この格安航空券比較サイトをおすすめする理由は、LCCや早割、株主優待券利用といった、国内線の格安航空券の予約方法全てに対応しているためです。

また、株主優待券を利用した場合には、株主優待券の購入費用も航空券の価格に含まれることになります。大黒屋トラベルが提示する株主優待券利用の格安航空券は、自分で株主優待券を購入して格安航空券を予約した場合の合計金額と、そう変わらない価格が設定されているのもポイントです。

大黒屋トラベルを利用すれば、あなたが格安航空券を予約しようと思っている時の条件で、最も安い航空券の予約方法が簡単に分かり、かつ予約まで完了できるようになっているのです。

これなら初心者の方も安心して格安航空券の予約をすることができます。
※利用する格安航空券の条件だけしっかり確認しておくようお願いします。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。