回数券ってなに??金券ショップで販売されている切符の回数券について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
切符|新幹線|在来線|都区内|市内

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップは金券ショップで見かける新幹線格安チケットや商品券・ギフト券・株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報や金券ショップに関わる記事を掲載しています。

取り上げてほしい題材などございましたら、お問い合わせフォームツイッターでお伝えいただければ記事にしていくつもりです。それでは今回もよろしくお願いします。

関連する投稿「金券ショップってどんな店??」や「金券ショップで販売している新幹線格安チケットの中に2つ以上の区間で区切られている切符がある理由」でも何度か出てきましたが、新幹線自由席回数券だけでなく、回数券という言葉をご存じない方もいると思います。

新幹線の回数券を簡単に説明すると、まとまった数を買うと安くなるお得な切符がJRで売っているということになります。今日はこの回数券について説明したいと思います。

新幹線回数券に関する基本情報はこちらが参考になります。

金券ショップで販売している新幹線回数券の使い方や利用条件について
新幹線回数券はJRで販売されているものだと基本6枚綴り(それ以外の綴りもあります)で行き帰りの区別がない切符となっています。片道なら6回(人)分、往復なら3回(人)分の利用が可能です。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

スポンサードリンク

回数券ってなに??
金券ショップで販売されている
切符の回数券について

そもそも回数券とは?
回数券はなぜ販売されるのか?

切符|新幹線|在来線|都区内|市内

今回はJRで販売している切符の回数券についてお話をしますが、切符に限らず回数券というのはよくあるサービスとなっています。

「温泉の入浴回数券」や「遊園地やプールなどの入場回数券」、「コーヒーショップなどのドリンク回数券」のように、最初に何回分かの料金を先払いして、通常価格よりお得にサービスを受けることができたりしますよね。

こういった回数券をお店などが販売する理由は、基本的にキャッシュフローがよくなるからです。月末などはお店も店員に給与を払ったり、家賃支払いや仕入れ代金の支払いなど、お金が出ていく時期になります。

その時に回数券などを販売すれば、先に売上を回収することができるので、現金に余裕ができます。

サービスを提供する前にお金がもらえるわけですから、手元の現金状況は良くなりますね。月末を乗り切れば、月の上旬から中旬には支払いなどはさほどないので、月末にお金が出来るように工夫したサービスということになります。

その他にも理由はあると思いますが、大きな理由はキャッシュフロー(現金)だと考えていいと思います。

新幹線回数券と在来線回数券の違い

チェック・ポイント・注意

それでは切符の回数券の話に戻します。切符の回数券には大きく2種類あります。新幹線回数券と在来線回数券です。

先に単純な在来線回数券について説明していきます。

在来線回数券について

在来線の回数券は、在来線乗車券の10枚分の値段で、11枚行き帰りの区別のない切符が購入できるシステムです。在来線回数券の有効期限は購入日から3ヶ月となっており、通年利用できます。

例えば、片道400円の在来線区間の回数券を買った場合、4000円で11回分買えることになります。1枚あたりが約364円となるので、約1割引きになります。

ただし、3ヶ月以内に使わないといけないので、習い事など定期的に行く用事がないと購入しづらいものだと思います。

新幹線回数券について

新幹線回数券は基本1セット6枚のもので、行き帰りの区別はありません。種類には、自由席券、指定席券、グリーン席券の3種類があります(1部販売終了のものあり)。値段に決まった計算式はないようで、詳しくはJRのホームページ等で料金を調べることになります。

また、特殊なものとして、こだま専用グリーン回数券があります。これは4枚1冊の回数券でこだま号のグリーン席またはひかり号指定席券として利用ができるものもあります。

新幹線回数券の有効期限は在来線と同様、購入から3ヶ月(利用不可期間を除く)となっています。また、利用できない期間があり、毎年4/27~5/6(GW期間)、8/11~8/20(お盆期間)、12/28~1/6(年末年始期間)が利用できません。この利用不可期間は曜日などに左右されることがないので、毎年必ず同じ日程で使えなくなります。

これらの期間は金券ショップの定休日とほぼ重なるようになっています。金券ショップも商品が使えない時期はほとんど営業していません。

ざっくりとした情報ですが、概ねこのようになっています。

もちろん回数券は金券ショップだけでなく、企業や、一般の方でも購入できます。

回数券を使ってお得にするのは自分で購入するのが1番??

疑問|質問|分からない|なぜ

値段のことだけを考えるなら、自分で回数券を購入して利用してもらうのが1番安くなります。ただいくつか注意しないといけないことがあります。

・必ず使い切らないといけない

3ヶ月の有効期限があるといっても、在来線なら5往復分+1、新幹線なら3往復分になります。習い事や定期的にある仕事など、ある程度使いきれる見込みがないと購入できません。1枚以上利用した場合、回数券は返品できませんから、予定をしっかり立てられる人に向いています

・有効期限と在庫数の管理をする必要がある

購入日から3ヶ月の有効期限になっているので、手持ちの回数券の有効期限と枚数を管理しないといけません。新幹線回数券は6枚なので、行き帰りのペアで考えやすいですが、在来線は11枚です。往復分として使っていると、残り1枚になることがあるので、その時に回数券か切符を買い足す必要があります。

・金券ショップの価格もそこまで高くない

だいたい回数券を自分で購入して利用すると、新幹線なら800円程度安くできるようになります。ただし、金券ショップでの販売価格も、せいぜい+50円程度、高めに見積もっても+100円程度になります。

つまり、回数券を利用した場合に800円安くなる区間の場合、800円安いか、700円安いかという選択になります。もっといえば、100円のために使いきれるよう予定を管理したり、在庫数、有効期限の管理をするかということです。

私は正直なところ面倒くさがりなので、「金券ショップで買えばとりあえず定価より安いからいいかなと思ってしまう方です。今でも切符の回数券などを自分で購入することはありません。お店の商品を買っています。

JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。


終わりに

クレジットカード・ゴールド

最後に1点気をつける事とすれば、金券ショップはクレジットカードが使えないということです。

金券ショップはなぜクレジットカードが使えないのか?
店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

切符の料金などは1万2万とかなり高くつくので、遊びに行く場合など、行った先での現金がないということも起こり得ます。ちょうど給料日前で苦しい時などは切実な問題だと思います。

なので、手元に現金を残しておきたい場合はJRで定価で買ってしまってもいいかと思います。それ以外の場合は「出来る限り金券ショップを利用して安くしよう」ぐらいの気持ちでいいのかなと思います。

金券ショップを利用するより安く新幹線格安チケットを購入する方法はこちら

金券ショップの回数券だけじゃない!?新幹線格安チケットを購入する方法
単純に移動をするためだけなら金券ショップで新幹線格安チケットを購入するだけでいいのでお手軽ですが、1泊以上する場合はホテルの料金も関係してきますから、それぞれの料金をどうやって安くすればいいのか迷うことがありますよね。 そんな時はJR・新幹線+宿泊セットプランというお得なサービスがあります。
JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合は金券ショップの新幹線チケットよりJR・新幹線+宿泊プランでお得になるサービスもあります。

下の地図からJR+宿泊セットプランの検索ができます

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ツイッターのフォローはこちら
なぜなに金券ショップをツイッターでフォロー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加