ヤフオクの手数料が8.64%に上がると株主優待券の買取価格が下がってしまう理由

あなたにおすすめのサービス
価格相場|下がる|下落|下がり相場

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

ヤフーの公式サイトで発表があり、今ネット上でもニュースになっていますが、2016年2月16日(火)からヤフオクの落札システム利用料が8.64%に値上がりしてしまいます。

私もオークションは仕事でもプライベートでもよく利用しているので、来年の1月中はかなりバタバタしてしまうことになりそうです。

実は、ヤフオクの落札システム利用料が値上がりすると、かなりの種類の株主優待券の買取価格が下がってしまうのです。

今回はその理由についてお話していきます。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

あなたにおすすめの記事

ヤフオクの手数料が8.64%に上がると
株主優待券の買取価格が下がってしまう理由

金券ショップもオークションを利用している

オークション・ヤフオク

金券ショップでは店頭でも株主優待券を売っているのですが、実はオークションも結構な頻度で利用しています

利用の頻度はお店によっても変わってきますが、店頭でも売れる株主優待券はANAJALJRマクドナルドなど有名どころが多く、それ以外の株主優待券は店頭で売れるものもありますが、ほとんどのものがオークションで販売されています。

[blogcard url=”https://kinken.co/products/complimentary-ticket/airline/2017-may-ana-market-price”]

というのも、株主優待券には有効期限がありますから、金券ショップもなるべく有効期限が残っているうちに売ってしまおうとするためです。

もともと金券ショップは利益率の低い商売ですから、いかに現金を回転させて利益を得るかという考え方をする商売になっています。

そのため、店頭でなかなか売れない株主優待券などは、さっさと売却してしまってそのお金で新幹線回数券などを仕入した方が利益が出るようになっています。

こういった事情もあるので、多くの金券ショップは株主優待券をオークションで販売しています。

オークションで販売する株主優待券の
金券ショップの買取価格設定方法を紹介

価格相場|価格比較

今ではQUICKDOなどのオークション代行サービスも多く、金券ショップでの買取価格もそのオークション代行出品の手数料を参考にしています。

そのため、金券ショップの店頭であまり売れず、オークションで販売される株主優待券の買取価格相場も、このオークション代行出品の手数料が参考になります。

上のQUICKDOのオークション代行出品の手数料を参考にすると、株主優待券が該当する手数料は28%~35%が相場となります。(Aコース参照)

金券ショップは金券の専門店ですし、金券のオークションへの出品はそれほど手間がかかりませんから、買取価格の相場を手数料に換算すると、25%~30%程度となります。

現状はこの相場ですが、2016年2月16日から30%~35%程度に変わってきます。つまり、2016年2月16日からは、オークション落札相場の65%~70%程度が買取価格の相場となってくるということですね。

もちろん、店頭でもよく売れるような株主優待券は、上の相場よりも高く買取されることがほとんどなので、金券ショップの各店舗の買取価格を見比べてみるのをおすすめします。

オークション代行出品の手数料も値上がりする!?2016年2月16日以降の手数料相場を予測

値上がり|価格上昇|相場上昇|値上げ

ヤフオクの落札システム利用料が値上がりするとなると、当然オークション代行出品の手数料も上がってきます。

ちょっとここで2016年2月以降の手数料相場を予測してみたいと思います。

考察の参考にさせてもらうのは、前出のヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】です。

現状の手数料は下記のようになっています。(サイトより転載)

Aコースのお客様受取額(代行手数料)
落札価格(1出品につき) お客様の受取り額 代行手数料
300,000円〜 92% 8%
100,000円〜299,999円 90% 10%
50,000円〜99,999円 85% 15%
20,000円〜49,999円 80% 20%
5,000円〜19,999円 72% 28%
801円〜4,999円 65% 35%
1円〜800円 0% 100%

ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

現状の落札システム利用料は5.4%なので、8.64%と比べると3.24%の差があります。単純に考えても一律3.24%は手数料が上がってしまうことになります。

それを反映したのが下の表です。

2016年2月16日からの手数料相場予想

落札価格(1出品につき) お客様の受取り額 代行手数料
300,000円~ 88% 12%
100,000円~299,999円 86% 14%
50,000円~99,999円 82% 18%
20,000円~49,999円 76% 24%
5,000円~19,999円 68% 32%
801円~4,999円 60% 40%
1円~800円 0% 100%

なるべく偶数にして、きりがよくなるように調整しましたが、概ねこのような手数料相場になってくると思います。

金券ショップの買取金額が適正かどうか調べる方法を紹介

調べる|調査

さて、金券ショップでの株主優待券の買取価格は2016年2月16日には下がってしまうという情報を紹介していますが、オークションの価格相場をどうやって調べればいいのか分からないという人もいると思います。

そんな方のために、無料でも使えるサービスを紹介します。というより、私が店頭で金券を買取する時に、あらかじめ値段を決めていなかった商品やあまり見たことのない商品の価格相場を見る時に利用しているサービスです。
オークションの落札相場ならオークファン登録を使えば、誰でも簡単にオークションの落札価格相場を調べることができます。

このサイトは無料会員登録も可能で、無料会員のサービスだけでもオークションに頻繁に出品されている株主優待券の相場を調べる程度なら十分な機能があります。

私は別の仕事でも利用しているので、プレミアム会員登録をしていますが、プレミアム会員の登録でも月額513円(税込)格安なので、オークションの利用回数が多い人なら必須と言ってもいいサービスです。

下のリンクから登録できるので、オークションをよく利用する人や、金券ショップをよく利用する人、私のような金券ショップの店員などはぜひ登録して下さい。

ヤフオクの落札価格相場が簡単に分かる!?
オークションの落札価格相場はオークファンで検索

 オークファン会員登録

 初心者から上級者まで、
 オークションに興味のある方に朗報です
 格安での落札、不用品処分はもちろん、
 お小遣い稼ぎ、副収入、副業などに
 役立つノウハウとツールを一挙に提供!!

オススメ

金券ショップでの買取価格は落札相場の70%で見ておけば参考になると思います。PCの操作に慣れていて、取引の連絡や郵送などの対応もできる方は、自分で出品して売ってしまうのもありです。

その時にもオークファンは非常にいいツールになると思います。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン会員登録をしておくと便利です。

それでは、今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする