クレジットカードで金券が購入できる!?新規購入でQUOカード300円券プレゼント!即日発送、あんしんのクレジット決済なら金券ねっと!

2019年5月31日期限|最新のANA株主優待券の価格相場情報とその予想

離陸前の飛行機・ANA 格安航空券
スポンサーリンク

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

最新のANA株主優待券の価格相場情報はこちら

5月15日頃を目途に2019年5月31日期限となるANA株主優待券の株主への配布が始まります。

既に2019年5月31日期限のANA株主優待券の配布が始まったようです。東京の金券ショップでも、一部の店舗が買取価格を公開し始めました。現在の買取価格は4,000円が最高相場です。

以前の記事「2018年11月30日期限|ANA株主優待券の価格相場情報とその予想」などで、今までのANA株主優待券の買取価格における過去情報をご覧いただけます。また、JAL株主優待券の価格相場についてはこちらです。

2018年11月30日期限|ANA株主優待券の価格相場情報とその予想
2018年11月30日期限のANA株主優待券の配布が始まっています。東京の金券ショップなど、一部の店舗では買取価格の公開もしています。現在の買取価格は3,100円程度のようです。これまでのANA株主優待券の買取価格相場やヤフオクでの落札相場がどのように推移していたか振り返ってみるのと、今後のANA株主優待券の価格相場がどのように推移していくか予想しています。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年11月30日期限ANA株主優待券 現状の買取価格相場情報

価格相場・買取・販売

2019年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場を予想する前に、既に配布されていて利用できる2018年11月30日期限のANA株主優待券の買取価格相場を知っておきましょう。

2018年11月30日期限のANA株主優待券 現状の買取価格相場

現状(2018年5月13日時点)の買取価格相場は下記の通りです。

3,000円~3,300円

2018年5月31日期限のANA株主優待券 現状の買取価格相場

また、現時点ではまだ利用できる2018年5月31日期限のANA株主優待券の現状(2018年5月13日時点)の買取価格相場は下記の通りです。

1,000円~2,000円

配布開始時である5月15日頃では、2019年5月31日期限のANA株主優待券は利用することができないので、買取価格の変化に影響するのは、市場に出回るANA株主優待券の数が主要因となります。

2018年5月13日ごろに最新のANA株主優待券が配布され始めたようです。2018年5月13日現在の買取価格相場は3,300円が最高額のようです。

最新(2019年5月31日期限)ANA株主優待券の買取価格相場情報

おすすめ・ポイント・案内・紹介・詳細はこちら

2019年5月31日期限のANA株主優待券の最新の買取価格相場情報は下記の通りです。

ANA株主優待券 2019/5/31期限最新相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2018年
5月12日
掲載なし3,300円なし
2018年
5月13日
3,300円3,300円なし
2018年
5月18日
3,100円3,400円なし
2018年
5月26日
3,300円3,500円3,800円
2018年
5月31日
3,400円3,600円3,500円
2018年
6月9日
3,700円3,750円4,100円
2018年
6月14日
3,750円3,800円4,300円
2018年
6月20日
3,900円4,000円4,300円

東京にある金券ショップの一部の店舗で、2019年5月31日期限・ANA株主優待券の買取価格を公開しました。買取価格は3,300円となっています。

現状では2018年11月30日期限のANA株主優待券とほぼ同額の買取価格となっているようです。

地方都市の金券ショップでの買取価格は2,500円~2,800円程度といったところでしょう。

5月31日期限ANA株主優待券の買取価格相場に影響する要因について

5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場に影響を与える要因は下記の通りです。

6月1日から利用開始になることの買取価格への影響

まずは最新の株主優待券は利用が6月1日からになることです。

つまり、2018年5月末までは、2018年5月31日期限か2018年11月30日期限の株主優待券を使わざるを得ないため、買取価格は2018年11月30日期限のものが基準になることです。

一部の金券ショップでは2018年11月30日期限の株主優待券は買取価格を下げていますが、お盆時期ぐらいまでに利用する場合、さほど有効期限の長短に影響を受けないのが利用者の視点でしょう。

2019年5月31日期限と2018年11月30日期限のANA株主優待券を、共に3,300円の買取金額を提示している金券ショップもあります。

ただ、一般的には200円~500円程度の価格差が発生するでしょう。6月になれば2019年5月31日まで利用できる株主優待券の方が、相対的に有利になるためです。

8月10日~20日の利用がメインターゲットとなる

2019年5月31日期限のANA株主優待券が最も多く利用されるのは、2018年8月10日~20日のお盆時期が最初です。その後9月の連休や11月の連休、年末年始がありますが、多くの株主優待券はお盆時期に利用されることでしょう。

なので、買取価格も8月10日のお盆時期に合わせて上昇していきます。

ただし、11月30日期限の株主優待券も利用できるため、在庫状況によっては思うように価格が上がらないこともあるでしょう。なお、11月30日期限の株主優待券はお盆時期を過ぎると相場が急落する可能性もあります。

ANA株主優待券の利用は、旅割21より安くなるパターンが多いです。なので、8月10日の20日前ぐらいから10日前ぐらいの間、座席が空いている限りは価格相場が崩れないと考えられます。

例年、7月下旬までは価格相場が崩れにくいので、概ねこの考えで間違いないでしょう。

金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法
最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は金券ショップを利用せずに半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介します。

11月15日頃に新たな株主優待券が発行される

11月15日頃になると2019年11月30日期限の株主優待券が新たに発行されます。この時の在庫状況によっては、2019年5月31日期限のANA株主優待券の価格相場が暴落する可能性もあります。

2019年5月31日期限のANA株主優待券を高値で売却したい場合は、6月下旬~7月下旬の間が狙い目でしょう。

ただ、2018年5月13日時点で大量の株主優待券が出回っているので、金券ショップの在庫状況によっては6月時点で価格相場が下がることも考えられます。

今の価格相場である3,000円~3,300円も決して安い買取価格相場ではないので、さっさと売ってしまうのも選択肢の1つでしょう。

東京の金券ショップの値動きが全国に影響している

また、全国の金券ショップの買取価格に最も大きな影響を与えているのは東京の金券ショップです。客数が最も多い東京の金券ショップの買取価格が、そのまま全国相場になっている商品は多く、東京の価格相場の-2%~4%が地方の買取価格相場だと考えて問題ないレベル程度の影響力はあります。

東京の金券ショップで買取価格が低い場合、たとえヤフオクやメルカリの価格相場が高くても金券ショップの買取価格相場は低いままになることが多いです。

ただ、ヤフオクを利用して金券ショップが仕入れをしていることも多いので、ヤフオクの価格相場も金券ショップの買取価格相場に大きく影響を受けます。見かけ上の価格が高く見える場合は、オークションの出品手数料である8.64%が上乗せされているかもしれません。

ただし、1,000円程度の差が出ている場合もあるので、ANA株主優待券の売却を考えている方は、下のリンクからヤフオクの買取価格相場もチェックしておくといいでしょう。

ヤフオクの落札価格が知りたい方はオークファン無料会員登録をしておくと便利です。

関連情報

【実績/資料】

確認・チェック・注意

2018年11月30日期限 ANA株主優待券の買取・ヤフオク落札価格相場実績

2018年11月30日期限のANA株主優待券の買取価格相場実績は下記の通りです。

ANA株主優待券 2018年11月30日期限相場実績
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2017年
11月12日頃
記載なし2,800 円配布なし
2017年
11月16日頃
2,800 円2,800 円2,800 円
2017年
11月24日頃
2,800 円2,800 円2,850 円
2017年
12月1日頃
2,800 円2,800 円2,950 円
2017年
12月15日頃
2,700 円2,750 円3,200 円
2018年
1月8日頃
2,600 円2,700 円3,200 円
2018年
1月14日頃
2,700 円2,700 円3,300 円
2018年
1月22日頃
2,700 円2,700 円3,000 円
2018年
1月30日頃
2,750 円2,750 円3,000 円
2018年
2月15日頃
2,900 円2,950 円3,200 円
2018年
2月21日頃
3,000 円2,950 円3,200 円
2018年
3月7日頃
3,050 円3,050 円3,400 円
2018年
3月16日頃
3,100 円3,050 円3,500 円

2018年5月31日期限 ANA株主優待券の買取・ヤフオク落札価格相場実績

2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場実績は下記の通りです。

ANA株主優待券 2018年5月31日期限相場実績
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2017年
11月12日頃
2,800 円2,800 円3,200 円
2017年
11月16日頃
2,800 円2,800 円2,800 円
2017年
11月24日頃
2,800 円2,800 円2,750 円
2017年
12月1日頃
2,600 円2,800 円2,700 円
2017年
12月15日頃
2,600 円2,700 円3,150 円
2018年
1月8日頃
2,500 円2,650 円3,100 円
2018年
1月14日頃
2,650 円2,650 円3,300 円
2018年
1月22日頃
2,650 円2,650 円3,000 円
2018年
1月30日頃
2,700 円2,700 円3,000 円
2018年
2月15日頃
2,850 円2,950 円3,000 円
2018年
2月21日頃
2,950 円2,900 円3,000 円
2018年
3月7日頃
3,000 円3,000 円3,350 円
2018年
3月16日頃
3,000 円3,000 円3,500 円

格安航空券の購入なら株主優待券より大黒屋トラベルがおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。

大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法
最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は金券ショップを利用せずに半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介します。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

ANA株主優待券は楽天ストアでも購入できます

↑の画像をクリック楽天ストアの
ANA株主優待券の購入ページに移動
できます。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

この記事をご覧の方には「購入した格安航空券をキャンセルしたい!?キャンセル方法や料金のまとめ」も参考になります。

購入した格安航空券をキャンセルしたい!?キャンセル方法や料金のまとめ
今回は、ANAの旅割やJALの先得で購入した格安航空券をはじめ、航空系株主優待券やLCC、格安航空券比較サイトで購入した格安航空券をキャンセルした場合に手数料や返金がどうなるか?条件はどのようなものになるか?などをまとめています。格安航空券を購入する際のリスクとして認識していただければ幸いです。