クレジットカードで金券が購入できる!?新規購入でQUOカード300円券プレゼント!即日発送、あんしんのクレジット決済なら金券ねっと!

食器洗い乾燥機の利用は普段から節約を意識している人にもおすすめ

食器洗い乾燥機・食洗器 生活の知恵
スポンサーリンク

独身の頃は自炊もほどほどで、お弁当や冷凍食品を購入したり、外食をすることも多かったのですが、結婚すると自宅で食事をするのがデフォルトになりました。

自炊が基本になると、悩ましいのが洗い物です。食事の度に毎回洗い物をするのは、ちょっとした時間ではあっても結構面倒に感じます。

ある時、1回あたりは15分そこらでも、食事の度に毎回この時間を取られ続けると、月間・年間ではかなりの時間になることに気付きました。

今どき洗濯板を使っている人がほとんどいないように、食器洗いも自動化して時間の”節約”をしようと考え、食器洗い乾燥機=食洗機を導入しようと決めました。

実際に使ってみるとかなり便利だったので、この機会に紹介したいと思います。

この記事をご覧の方には「食洗機の掃除方法|残渣フィルター下側のピンク汚れを綺麗にするには?」も参考になります。

食洗機の掃除方法|残渣フィルター下側のピンク汚れを綺麗にするには?
食洗機を利用する場合、毎回使用後に残渣フィルターにたまった残渣を取り除く必要があります。これを欠かさないだけで、食洗機の清潔さはある程度担保できるでしょう。 ただ、2~3ヶ月も利用していると、残渣フィルターの下側に、ピンク色~黄色っぽい汚れがこびりつくようになり、衛生状態にやや不安が出てくることがあるでしょう。 い...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パナソニックプチ食洗 NP-TCR4の使用感

食器洗い乾燥機「パナソニックプチ食洗 NP-TCR4」のざっくりした使用感をお伝えします。

私も食洗機の購入を検討している段階で、実際に使っている人に使用感を聞いてみたことがありました。

その時にいただいたアドバイスに「意外と汚れが落ちないから下洗いが面倒だ」というものもあり、導入にやや不安を覚えたこともありました。

ですが、朝昼晩と食器洗いと乾燥のために費やす時間が、1回15分としたら1日で45分にもなり、1ヶ月なら22.5時間、1年で270時間です。

「1回15分もかからないよ!」という方もいるかもしれませんが、仮に5分だとしても、1ヶ月で7.5時間、1年で90時間です。

食洗機を導入するだけで、これだけの時間が節約できるなら、浮いた時間をもっと有効に使えると感じたので、思い切って導入することにしたのです。

食洗機の導入を検討している方にとって、実際の使用感は非常に重要な情報だと考えています。参考にしていただければ幸いです。

大抵の汚れは綺麗に落ちる

先駆者には「下洗いが面倒」という使用感を持つ方もいましたが、「パナソニックプチ食洗 NP-TCR4」は予想以上に汚れが綺麗に落ちると感じました。

私が食洗機を購入したのは2017年のことなので、以前から利用している方のものより、技術的が進歩していたのかもしれません。

こういった改善、改良は日本人が得意とすることでもあると思うので、これから食洗機を購入する方は、汚れがしっかり落ちるかどうかを心配する必要はあまりないでしょう。

食洗機では落としにくい汚れとは?

大抵の汚れが綺麗に落ちるといっても、食洗機では落ちにくい汚れもあります。

1年半ほど「パナソニックプチ食洗 NP-TCR4」を使って、落ちにくいと感じた汚れは下記の通りです。

  • ご飯粒
  • カレー
  • シチュー
  • スープ

これらの「こびりつき」が落とせないことはよくありました。また、食器洗いから乾燥まで自動でやってしまうので、落とせなかった汚れが乾燥機能でこびりついたままになってしまうのも難点です。

もちろん、こびりついているといっても、手洗いをすれば難なく落とせますが、仕上がりが悪いとせっかく節約した時間を浪費してしまいますよね。

ただ、これらの汚れはちょっと下洗いを工夫するだけで、全く気にならないレベルで落とせるようになりました。

食洗機使用前の下洗いについて

「下洗いが必要なら食洗機を使っても時間が節約できない!」と考える方もいると思いますが、実際に洗う作業をするわけではありません。

ご飯粒が付着しやすい食器は、しゃもじと茶碗です。

しゃもじは何故か食洗機でごはんつぶを落とせないことが多かったので、手洗いにした方が無難かもしれません。ただ、どちらにせよ炊飯器のお釜は洗うので、一緒に洗ってしまえばさほど手間にはならないでしょう。

茶碗は食事の後すぐに食洗機を運転させれば、ご飯粒がこびりつくということはほとんどありません。気になる方は、食洗機に入れる前に水でゆすいでおくだけでも大分違います。

カレーやシチュー・スープは一度水でゆすぐか、布で汚れを拭いてから食洗機へ入れれば問題ありません。

炊飯器のお釜に水を溜めておいて、食洗機に入れる前にかるくゆすぐのが、私のおすすめの方法です。食洗機を起動したらお釜としゃもじだけ手洗いすれば、後は食洗機が止まるまで待つだけです。

水だけで汚れが落ちる布を利用すれば、仕上がりもバッチリになるでしょう。

洗剤は粉タイプより液タイプがおすすめ

食洗機に使う洗剤は、通常のものではなく、食洗機専用のものを利用しないといけません。

大きく分けて、「粉タイプ」と「液タイプ」がありますが、断然「液タイプ」がおすすめです。

食洗機の購入時に、「粉タイプ」と「液タイプ」の洗剤をお試し用にもらったのですが、「粉タイプ」は結構な確率で溶けずに残ってしまいました。

時間の節約のために食洗機を導入しているので、余計な手間がかかる可能性が高い「粉タイプ」の洗剤は利用をやめ、「液タイプ」の洗剤を使い続けています。

食器洗い乾燥機の利用に向いている人・向いていない人

ここまで食洗機のメリットやデメリットを紹介しましたが、食器洗い乾燥機の利用に向いている人がいれば、向いていない人だってもちろんいます。

実際に利用している私なりに考えた食洗機の利用に向いている人と向いていない人の違いは下記の通りです。

向いている人

  • 面倒くさがり
  • 食器洗いが好きじゃない
  • 細かいことを気にしない
  • 仕事が忙しいor共働き

私自身がそうなのですが、食器洗いがそもそも面倒で、やりたくないと考えている人には、食洗機の導入はおすすめです。

この後、食洗機導入のコストを計算しますが、どちらかと言えば、導入をパートナーに納得してもらうための方便と理解してもらった方がいいかもしれません。

また、食洗機を利用した仕上がりは、完璧とは言えないと感じています。特に、今までしっかり手洗いをしていたような人や、細かいことが気になるような方だと、食洗機の仕上がりに不満を覚え、満足度が購入前よりさらに下がる恐れさえあります。

ただ、仕上がりを含め、細かいことが気にならない人なら、食洗機はすぐにでも導入をおすすめします。

さらに、独身でも仕事が忙しい方や、夫婦共働きの方にも、食洗機はおすすめします。

日中仕事で、お互いに顔を合わせることもない場合、自宅にいる時ぐらいは夫婦や家族の時間を作りたいと感じる方も多いでしょう。また、仕事が忙しい方なら、可能な限り家事の時間を削減し、自由な時間を確保したいと考えている人も多いはずです。

食洗機を使えば、面倒な食器洗いはボタン一つで解決しますし、確実に自分の時間・家族や夫婦の時間を作ることができるようになります。

洗濯板から洗濯機に変化したように、食器洗いも手洗いから食洗機に移行していくと思っています。今はその過渡期なのでしょう。

向いていない人

  • 何事もきっちりしたい
  • 食器洗いが好き
  • 細かいことが気になる
  • 専業主婦(主夫)

一方、食洗機の利用に向いている方と真逆の性格の方は、食洗機の導入には慎重になった方がいいかもしれません。

今まで食器洗いを手洗いできっちりやってきた人にとっては、食洗機の仕上がりに不満を覚えることも多いでしょう。また、そもそも食器洗いだけでなく、家事が好きな人にとっては、食洗機の導入で自動化することが、必ずしもいい結果につながらない可能性すらあります。

そして、食洗機の仕上がりは、現時点でも細かいことが気になる方にとって、満足のいくものではない可能性が高くなります。

恐らく、私に「下洗いが面倒」というアドバイスをくれた方は、食洗機の仕上がりに対して、私以上に不満を感じやすい人だったのでしょう。価値観は人によって異なりますから、同じ食洗機を利用したとしても、満足度が同じになるとは限りません。

そして、家事に十分な時間を確保できる専業主婦(主夫)の方にも、食洗機の導入がいい結果につながらない可能性は指摘しておきたいところです。

専業主婦なら特に、家事の出来にプライドを持っている方も多いと思います。私自身、実家の母親には食洗機の利用を勧めようとはとても思えません。むしろ不満を高める結果になる可能性が高いからです。

食洗機の利便性は洗いよりむしろ乾燥にあり

これは妻の感想ですが、食洗機の利便性は、洗い物をやってくれることよりも、乾燥まで自動でやってくれることにあるようでした。

確かに、洗うまでなら手洗いでもそこまで負担ではないかもしれません。ですが、水気を拭くのは結構面倒な作業ですし、食器を割ってしまうリスクも多分に含まれます。

食洗機なら、食洗機利用OKの食器さえ使っていれば、食器を割ってしまうリスクもほぼありませんし、「洗い物が終わる=乾燥まで終わっている」ので、即座に片付けることが可能です。

なので、購入するなら、多少値段が高くなっても、食器洗い”乾燥機”をお勧めします。

食器洗い乾燥機の1回あたりの利用金額を計算してみる

食器洗い乾燥機の利用に向いている人が、導入を躊躇うとしたら、恐らく費用の高さが原因になるでしょう。洗濯機や冷蔵庫など、食洗機以外の家電と比べると、効果の割に値段が高いように感じるのは事実です。

費用がネックになって導入を迷っている方のために、購入費用と水道代・電気代、洗剤を全て1回あたりの利用金額に換算してみたいと思います。

食洗機本体と分岐水栓の価格を1回の利用料金に換算するといくら?

私の利用している「パナソニックプチ食洗 NP-TCR4」とその「分岐水栓」の値段を計算しやすいように「5万円+2万円=7万円」として、2年間利用する場合の1回あたりの利用料金を考えてみましょう。

まず利用頻度を考えます。外食の可能性も考えて、年300日の利用、平均稼働1日2回としましょう。

すると、年600回の利用、2年で1,200回の利用となります。

これを計算すれば70,000÷1,200=58.33

1回58円程度、実際には2年以上は使えるはずですから、今回の計算結果よりお得になると考えて問題ありません。

電気代と水道代を1回の利用料金に換算するといくら?

次に電気代と水道代を考えますが、食洗機は「ため洗い」を行う設計になっており、「パナソニックプチ食洗 NP-TCR4」は、手洗いに比べて約1/7の水道代になるという試算が出ています。
わが家の節約額シミュレーション!(Panasonic公式サイト)参照

そのため、一般的に食洗機を導入すれば水道代は減ると考え、1回あたりの費用からは除外します。※手洗いでも食洗機の利用でも、食器を洗わないという選択肢はないはずなので…

それから電気代も考えましょう。正確な費用を計算するのは難しいので、私が1人暮らしをしていた時の電気代と、夫婦2人で暮らしてからの電気代を比較することにします。

私が1人暮らしをしていた時は、電気代は月2,000円程度でした。夫婦2人で暮らし始めてからの電気代は月5,000円程度で推移しています。

なので、1人暮らしと夫婦2人暮らしの電気代の違いが、全て食洗機の利用だと考えても、1ヶ月あたり3,000円程度ということになります。

これを1ヶ月の利用回数60回で割ると、3,000÷60=50です。

食洗機用洗剤を1回の利用料金に換算するといくら?

洗剤のことも忘れてはいけませんね。

食洗機用の洗剤は、手洗いの洗剤とは別になります。とは言っても、金額にすれば大したことはありません。

1月に1本の洗剤を利用するとしても、手洗い用の洗剤が1本100円、食洗機用の洗剤は1本500円程度ですから、差額は400円程度になります。

これを1ヶ月の利用回数60回で割ると、400÷60=6.66…です。

1回あたりの利用料金はいくら?

大雑把な計算ですが、食洗機の利用は1回あたり114.99円⇒115円程度となりました。

やや高めに見積もっていますが、1回115円で15分程度の時間が節約できるとしたら、ほぼ全ての人にとって食洗機は導入した方がお得でしょう。

なぜなら、115円の4倍の460円は最低賃金にすら届いていないからです。食器洗いと拭きものを食洗機に代行させた方が経済的に合理的な行動であるということです。

1LDKや2LDKのキッチンに設置すると手狭になる可能性も

さて、食洗機の導入で迷っていた方も、多くの悩みが解決できた頃だと思います。が、最後に重要な情報をお伝えします。

食洗機を購入しても、設置場所をしっかり考えないと、1LDK・2LDKのキッチンでは手狭になる可能性があることです。

これは私が食洗機を設置してから気付いたので、購入を検討している方には是非知ってもらいたい情報です。

妻は全く問題なく料理していますが、妻が不在の時に料理をすると、食洗機が思った以上に場所を取っていて、キッチンが狭くなっていると感じました。

もしかしたら、食洗機の設置場所がないことが、導入の最も大きなネックになるかもしれません。

また、DIYが苦手な方にっとては、分岐栓の取り付けが面倒だと感じることもあるでしょう。

私の場合、分岐水栓を先にAmazonで購入し、家電量販店で食洗機を購入して、搬入時に無料で取り付けてもらいました。追加料金が不要だったのは救いでした。

夫婦2人暮らしにもおすすめの食器洗い乾燥機

私が利用している食洗機はパナソニックプチ食洗 NP-TCR4です。夫婦2人暮らしならこのサイズで十分でしょう。小さいお子さんがいる家庭でも使えると思います。

食器洗い乾燥機の利用には分岐水栓が必要になります。蛇口のタイプにもよりますが、私が利用していたのはこちらです。

SANEI シングル混合栓用分岐アダプター B98-AU1
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥ 16,650(2018/11/23 12:19時点)