2020年5月31日期限|最新のANA株主優待券の買取価格相場・落札価格相場

楽天ポイントギフトカードの使い方・使えるお店・購入方法・買取/換金率

楽天ポイントギフトカード クレジット・信販系
https://pointgift.rakuten.co.jp/より
この記事は約9分で読めます。
なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット在来線青春18きっぷ商品券・ギフトカード株主優待券など、金券の利用方法や情報を提供しています。記事一覧はこちら

運営者情報はこちらです。金券ショップ取扱商品の確認や金券ショップ店舗検索も可能です。

今回は楽天ポイントギフトカードの基本情報をはじめ、使い方や使えるお店、購入方法、購入可能場所、金券ショップでの買取価格や換金率を紹介します。

ギフト券タイプの楽天KCギフトカードの使い方・使えるお店・購入方法・買取/換金率はこちら

楽天KCギフトカードの使い方・使えるお店・購入方法・買取/換金率
楽天KCギフトカードは2017年3月20日をもって公式販売所での販売が終了しました。 今回は楽天KCギフトカードの基本情報をはじめ、使い方や使えるお店、購入方法、購入可能場所、金券ショップでの買取価格や換金率を紹介します。 楽天KCギフトカードは額面が1,000円・5,000円の2種類で、利用時にお釣りが出ませんが、有効期限はありません
金券ショップでの販売価格は額面の97%~98.5%程度換金率は92%~95%程度です。現在発行されていないギフトカードなので、金券ショップでの購入は難しいですが、買取・換金は比較的簡単にできます。換金率は都心の金券ショップほど高くなるでしょう。

楽天ポイントギフトカードは額面が3,000円・5,000円・1万円の3種類で、1,500円~5万円までの自由な金額が選べる楽天ポイントギフトカードバリアブルも購入可能です。

自分の楽天アカウントでポイントを受け取るだけなので、利用時にお釣りが出ません。また、有効期限は購入から6ヶ月に設定されています。

金券ショップでの販売価格は額面の95%程度買取は不可となる店舗が多いです。金券ショップで購入するのもやや難しい金券になるでしょう。

クレジットカード会社が発行しているギフトカードにはJCBVJA(VISA)三菱UFJニコスUCなどがあります。また、全国百貨店共通商品券などの商品券も人気です。

この記事をご覧の方には「【ギフトカード】を金券ショップで購入|チケットショップの販売価格相場」も参考になります。

【ギフトカード】を金券ショップで購入|チケットショップの販売価格相場
全国百貨店共通商品券のように、金券ショップでも人気の商品券には、特定の店舗でしか使えない商品券も多いです。その点、クレジットカード会社が発行する信販系ギフトカードは、様々な店舗で使えるため、多くの方に人気があります。 今回は、金券ショップでも購入しやすい、複数の店舗で使える便利なギフトカードをはじめ、ギフトカードについて金券ショップでの販売価格相場と一緒に紹介します。
この記事をご覧の方には商品券をカードで購入!【金券ねっと】
当日発送・クレジット手数料0円!ていねい&充実サポートであんしん通販
もおすすめです。

スポンサーリンク

楽天ポイントギフトカードの基本情報

楽天ポイントギフトカード
楽天ポイントギフトカード公式サイトより

楽天ポイントギフトカードの基本情報は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。楽天ポイントギフトカードは楽天市場でのみ使える楽天ポイントが受け取れるギフトカードです。

楽天ポイントギフトカードの基本情報まとめ

楽天ポイントギフトカードの基本情報
基本情報摘要
商品券名楽天ポイントギフトカード
発行会社楽天株式会社
券種3,000円、5,000円、1万円
1,500円~5万円までの入金タイプもあり
有効期限半年
お釣り出ない
ポイント不明
使えるお店楽天市場
Edy(エディ)やANAマイルに変換も可能
購入場所(例)全国のコンビニやスーパー・ドラッグストアなど
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

楽天ポイントギフトカードの概要

楽天ポイントギフトカードとは楽天のスーパーポイントを楽天市場の様々な店舗で利用できるカードのことです。その名前の通り贈り物として適しているほか、自分で使用する際にも便利です。

このポイントは現金と同じ感覚で使用することができるわけですが、それをそのままギフトにしてしまおう、ということで発売されたのが楽天ポイントギフトカードです。いわば「楽天ポイントのプレゼント」といった形です。

有効期限は6ヶ月で利用時にお釣りが出ない

楽天ポイントギフトカードはコンビニエンスストアなどでの購入時から6ヶ月の有効期限があります。また、ポイント受取になるのでお釣りは出ません。

なお、獲得した楽天ポイントの有効期限が、ポイントの受取から6ヶ月ではなく、楽天ポイントギフトカードの購入から6ヶ月なので注意してください。

例えば、1月1日に購入した楽天ポイントギフトカードを2月1日にポイントに交換した場合、楽天ポイントの有効期限は7月1日になるということです。

額面は3,000円、5,000円、1万円と1,500円~5万円のバリアブルタイプ

この楽天ポイントギフトカードには2つのタイプがあります。まず金額があらかじめ固定されているタイプです。これは3,000円、5,000円、1万円の3種類が用意されています。

金額がやや高めなのが特徴ですが、こちらはギフト用に適しています。

もうひとつは購入する際に金額を指定できるタイプです。レジで1,500円~5万円まで好きな金額を指定することで、その額面のカードを作成することができます。

こちらの方が利便性が高い分便利ですが、金額固定タイプに比べると取り扱っている店舗がやや少ないマイナス点があります。こちらはギフトだけでなく個人での使用にも適しています。

ギフト利用はもちろんですが、ネット決済の際、いろいろな理由でクレジットカード決済はしたくない、あるいは銀行振り込みなどは面倒くさいといったケースもよくあるものです。そんな時にこの楽天ポイントギフトカードはとても重宝します。

スポンサーリンク

楽天ポイントギフトカードが使えるお店

楽天ポイントギフトカードは楽天市場で利用することができます。楽天市場には様々な店舗が出店していますが、ここでは2018年にショップ・オブ・ザ・イヤーとなった店舗を紹介します。

総合賞|楽天2018ショップ・オブ・ザ・イヤー

ラ・クーポン賞

新人賞

他にも楽天市場には様々な店舗が出店しています。2018年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーもご覧ください。

Edy(エディ)やANAマイルに変換も可能

楽天ポイントクラブに案内がありますが、楽天ポイントを楽天Edy、ANAマイルに交換することもできるようです。

Edyの場合は1ポイント1円、ANAマイルの場合は2ポイント1マイルのようです。この方法なら、楽天市場以外での利用も可能でしょう。

スポンサーリンク

楽天ポイントギフトカードの購入可能場所

案内・紹介・詳細はこちら

楽天ポイントギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、楽天ポイントギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。

基本情報の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

楽天ポイントギフトカードの購入可能場所
楽天ギフトカード
購入可能場所(一例)

コンビニエンスストア

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • NEWDAYS
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • ポプラなど

ドラッグストア

  • ツルハドラッグ
  • ハックドラッグ
  • マツモトキヨシグループ
  • サンドラッググループ
  • サッポロドラッグストアー
  • 杏林堂薬局
  • ウエルシア
  • ココカラファイン
  • クリエイトSDなど

その他(スーパーなど)

  • ゲオ
  • 快活CLUB
  • 平和堂
  • Odakyu MART
  • 東急ストア
  • サンエー
  • チケットポート
  • TSUTAYA
  • ヨークベニマル
  • フジ
  • ダイエー
  • 関西スーパー
  • ドン・キホーテ
  • ヨークマートなど

より詳しい情報は楽天ポイントギフトカード公式サイトをご覧ください。

楽天ポイントギフトカードを贈答用で購入したい場合

楽天ポイントギフトカードを贈答用で購入したい方は、コンビニエンスストアかスーパー、ドン・キホーテがおすすめです。

コンビニではもらえないかもしれませんが、スーパーやドン・キホーテのサービスカウンターであれば熨斗も無料ですし、小箱に料金もかからないところが多いです。また、ラッピングなどもしてもらえます。なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。

スポンサーリンク

金券ショップでの販売価格や買取・換金率について

換金・買取・現金化・払い戻し・売却

楽天ポイントギフトカードを安く手に入れるために、金券ショップで購入しようと考える方は多いでしょう。また、楽天ポイントギフトカードをもらっても、利用の予定がない方は、金券ショップで換金しようと思うかもしれません。

楽天ポイントギフトカードは、金券ショップで購入するのも可能ですが、入手はやや難しくなるでしょう。また、売却・換金は不可となる店舗が多く難しいと思われます。

金券ショップでの販売価格について(購入・利用)

楽天ポイントギフトカードは金券ショップで額面の95%程度で販売されています。

ただ、買取を受付していない分、専門の業者等からの仕入れとなるため、金券ショップにもそこまで在庫が多く入荷することはないでしょう。

私のお店でも一時期入荷していましたが、そこまで頻繁に売れる商品ではなく、6ヶ月の有効期限がネックとなってしまったので、定番の商品としては扱わなくなってしまいました。

首都圏や大都市圏の金券ショップなら扱っている可能性が高くなるでしょう。

金券ショップでの買取価格について(売却・換金)

金券ショップでは楽天ポイントギフトカードの買取・換金が不可となることが多いです。また、買取可能だったとしても、換金率は90%程度で、低いお店だと80%~85%になることも考えられます。

楽天ポイントギフトカードを買取不可とする金券ショップが多いのは、楽天ポイント受取から簡単にポイントを移行できてしまうことが原因です。裏面のID番号など目隠し部分が剥がれている場合、写メなどで簡単にポイントの移行ができてしまいます。

また、楽天ポイントギフトカードが、コンビニなどのレジを通すことで初めて利用可能となる、POSAカードであることも大きな原因です。

そもそも、カードにポイントが入っているかどうか確定していないので、確認などに手間がかかることが多く、さらに有効期限も6ヶ月しかないので、金券ショップ泣かせの商品であることは間違いありません。

一部の金券ショップでは買取しているようですが、最寄りに店舗がない可能性も高いので、自分で利用する方法を考えた方がいいかもしれません。

関連記事「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと

初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと
金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだと分からないことも多いですよね。金券を売る時にはちょっとしたコツがあるのも事実です。今回は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。
スポンサーリンク

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回は楽天ポイントギフトカードを紹介しました。楽天ポイントギフトカードなどの金券は、通常クレジットカードでの購入ができません。

金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

金券ショップでクレジットカードが使えない理由
店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。

もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

この記事をご覧の方には商品券をカードで購入!【金券ねっと】
当日発送・クレジット手数料0円!ていねい&充実サポートであんしん通販
もおすすめです。

この記事をご覧の方には「【商品券・ギフトカード他】換金率が高い金券の買取価格相場|金券ショップで売るといくら?」も参考になります。

【商品券・ギフトカード他】換金率が高い金券の買取価格相場|金券ショップで売るといくら?
誰かにプレゼントする商品券やギフトカード、仮に貰った人が使えなくても、換金性の高い商品であれば、最悪金券ショップに売って現金化してもらうこともできます。褒められた考え方ではないかもしれませんが、換金率の高い商品券やギフトカードを選ぶと、自然に利用できる店舗が多い金券をプレゼントすることにもなります。今回は、換金率の高い商品券・ギフトカード一覧を紹介します。
あなたにおすすめの記事
クレジット・信販系プリペイドカード
ブログがお役に立ったらぜひSNSでもシェアしてください。
なぜなに金券ショップ管理人をフォローする
この記事を書いた人
なぜなに金券ショップ管理人

地方都市の金券ショップで働く店員

金券ショップでは、格安チケットの販売はもちろん、お客様の不要なチケットの買取も受け付けております。

主な取扱商品は下記の通りです。

新幹線回数券(新幹線格安チケット)
在来線チケット(電車の切符)
青春18きっぷ(春・夏・冬)
高速バス
ANA株主優待券・JAL株主優待券
格安航空券(主要都市のみ)

商品券・ギフトカード
ビール券・お米券
ジェフグルメカード

図書カード・クオカード
各種プリペイドカード

切手・はがき・印紙・レターパック
年賀はがき・かもめーる

ディズニー1dayパスポート
その他レジャー施設入場券
リフト券(主に東海地方以東)

各種株主優待券
(航空・鉄道・グルメ・レジャー・買い物など)

ざっと挙げるだけで、これだけの種類の金券がお店で売られています。
これらの商品について、金券ショップ店員以外のお客様が詳細を把握するのは難しいでしょう。

なぜなに金券ショップでは、金券の情報や金券ショップの特徴について、可能な限り分かりやすくお伝えします。

ブログはワードプレス、テーマはCocoonで作成しています。

なぜなに金券ショップ管理人をフォローする
なぜなに金券ショップ
タイトルとURLをコピーしました