はがき・封筒・レターパックのサイズはいくつ?

あなたにおすすめのサービス
サイズ・大きさ

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

今回は、はがき・封筒・レターパックの郵便物のサイズがそれぞれいくつになっているのかについてお伝えします。

この記事をご覧の方には定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧(2017年6月1日以降の料金)もおすすめです。

2017年6月1日から郵便料金が変わりました。基本的に郵便料金は重さで決まりますから、キッチンスケールなどで重さを量って終わりのことが多いです。ただ、いつも面倒で困るのが特定記録や速達・簡易書留などのオプションを付けようとした時に、事前に調べようとしても料金表のようなものがネット上のどこにもないのです。
このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

あなたにおすすめの記事

はがき・封筒・レターパックのサイズはいくつ?

はがき・往復はがきのサイズ

郵便で送ることのできるはがきには通常はがきと往復はがきがあります。はがきの最小のサイズは縦14cm、横9cm、重さは切手を含めて6g以内となっています。この大きさが私たちがもっとも身近に目にするはがきの大きさで、定形内郵便の最小サイズと同じになっています。

これよりも二回りほど大きな縦15.4cm、横10.7cmまでは「はがき」として扱われます。こちらははがきの最大サイズですが、郵便局の窓口で購入することはできません。主に私製はがきなどの場合においてはがきとして扱われる最大のサイズとおぼえておくと良いでしょう。

はがきとして扱われる最大のサイズを越えた大きさのものははがきの郵便料金である62円で送ることはできません。形が四角ではないなどのデザイン性に富んだポストカードもありますが、実際に送る際にははがきとしてではなく定形外郵便として扱われることになっています。

往復はがきは送る側がはがき2枚にかかる料金を一方的に負担し、貰った相手が切手などの料金を気にすることなく返事を送ることができるはがきです。通常はがき2枚分の大きさがあり、当然ですが送る際には片方にのみ記入をします。

往復はがきが届いた相手は何も記入されていないもう片方を使い、返事をしたためて送るという仕組みです。懸賞やコンサートなどの抽選において「往復はがきで応募してください」など言われることがありますが、一般的には日常生活でそこまで利用されているはがきではないでしょう。

存在は知っていても一度も利用したことがない、または見たことがないという人もいます。
サイズに関しては、通常のはがき2枚分と考えてかまいません。重さは4g~12gまでとなっています。

シールやマスキングテープをたくさん貼ったり、盛り上がるペンでデコレーションしたりする場合は注意しましょう。投函する際は2枚のはがきの真中からまっすぐに折り、折った後の状態が通常はがき1枚分の大きさになるようにします。

封筒のサイズで定形郵便と定形外郵便が変わる?

定形内郵便の料金は封筒の大きさや最終的な重さで変わってきます。封筒にはさまざまな大きさがあり、手紙用の小さなものからA4サイズを送れる大きなものなど使用目的に合わせて選ぶことができます。

注意したいのは封筒の大きさが変わると郵便料金が変わってくる点です。定形内郵便として認められる最大のサイズは縦23.5cm、横12cm、重さが50g以内です。

このサイズや重さを越えると、定形内郵便の料金である82円~92円以上の料金が必要となります。サイズの最大は変わりませんが、重さ25gまでが82円、50gまでが92円となります。

定形内郵便の最大サイズに収まるのであれば、3つ折りにしたA4サイズ用紙を送ることも可能です。折りたたんでも良い書類などを送る場合にはこちらの方法をとることで費用を抑えられます。

定形内郵便の最大サイズを越えた封筒を利用する場合は定形外郵便の扱いになり、大きさと重さにより決められた郵便料金を支払う必要があります。

2017年からは定形外郵便にも規格内と規格外の2つの基準が設けられてややこしい面がありますが、自分では郵便料金がよくわからず、必要な切手が用意しづらいなどの場合はポスト投函ではなく、郵便局の窓口に直接持っていって料金を調べてもらうのが確実です。

料金不足で戻ってくることもありませんし、戻ってくることで手間や時間がかかってしまうのを防ぐことができます。

市販のレターセットに入っている封筒のほとんどは定形内郵便の料金で送れるように大きさが設定されているため、こちらはあまり意識しなくても料金が足りないなどのトラブルはまずないと思います。

ただ、子供用のミニレターセットなどの小さな封筒やはがきは紛失の可能性も高くなるので、出来る限り通常郵便物として出すのは控えたほうが良いでしょう。

どうしてもミニ封筒を使いたいなどの場合は、ミニ封筒を通常の大きさの封筒に入れて送るなどの工夫もできます。

レターパックのサイズ

はがきや定型内郵便の料金やサイズについては多くの人が日常生活で身近に意識する部分かもしれません。その他にも送るもののサイズや重さが関係してくる郵便局のサービスにはさまざまなものがあります。

その中で近年注目度が上がっているのがレターパックというサービスです。このレターパックにはライトとプラスの2種類があり、それぞれに特徴があります。まず、レターパックライトは全国一律360円で利用できるサービスで、最終的な荷物のサイズを厚み3cm以内に収めることが必須です。

対してレターパックプラスは全国一律510円の料金で利用でき、専用封筒そのものの大きさはライトと変わらないものの、きちんと封筒を閉じられるのであれば最終的な厚みが3cmを越えても良いことになっています。

どちらもA4サイズ、追跡サービスもついているのでネットオークションや細かいもののネット販売での荷物送付方法として人気があります。

料金はレターパック専用封筒を購入する際に支払うので、荷物を入れて封を閉じればあとはポストに投函するのみという手軽さも受けています。もちろん、郵便局の窓口に持ち込むことも可能です。

従来の定形外郵便では満足に送ることができなかった厚みのある品物なども対象となっているうえ、送りたいものの重さによっては定形外郵便よりも費用が安く済む場合があります。

ネットオークションで販売する機会が多い、または趣味のハンドメイド品をサイトで販売する機会が多いなどの場合は、あらかじめレターパックの専用封筒を購入してストックしておくことで荷物を迅速に送ることができるので便利に利用できます。

最終的な重さに関しては、ライトもプラスも4kgまで、厚みの扱いに違いがあり、ライトは3cmまで、プラスは封を閉じることが前提で制限なしというのが特徴です。また、信書を入れて送ることができるのも大きな特徴でしょう。請求書、証明書、免許証や認定書などの許可書を封入することができます。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする