郵便用の切手はコンビニでも買える!?購入時の注意点もまとめました

あなたにおすすめのサービス
コンビニ|クオカード・ビール券利用

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

切手が急に必要になった時、どこで売っているのかついつい探してしまうこともありますよね。多くのケースで切手が必要になった場合でも、慌てずコンビニエンスストアに行けば解決することも多いです。

この記事をご覧の方には定形郵便・定形外郵便の値段表|速達・特定記録・簡易書留の料金一覧(2017年6月1日以降の料金)もおすすめです。

2017年6月1日から郵便料金が変わりました。基本的に郵便料金は重さで決まりますから、キッチンスケールなどで重さを量って終わりのことが多いです。ただ、いつも面倒で困るのが特定記録や速達・簡易書留などのオプションを付けようとした時に、事前に調べようとしても料金表のようなものがネット上のどこにもないのです。
このページをご覧の方には切手買取 福ちゃんもおすすめです。

あなたにおすすめの記事

郵便用の切手はコンビニでも買える!?
購入時の注意点もまとめました

郵便用の切手はコンビニエンスストアでも販売しています

切手が今すぐ必要!となったとき、どこで購入するのが最も早く入手できるのでしょうか。結論から言えば、身近に大手のコンビニエンスストアがある場合はそちらでの購入が手早くスムーズです。

切手=郵便局という意識は根強く、それは間違いではないのですが、切手自体はコンビニエンスストアでも購入できます。さらに、切手だけではなく通常はがきや年賀はがきの取り扱いをおこなうところもあります。

近年は都会であっても身近なところに郵便局がないケースや、地方によっては最も近い郵便局までかなりの距離があるというケースもあります。

大手のコンビニエンスストアであれば全国展開していることがほとんどですし、何か買い物のついでにチラッと寄るという感覚で煩わしさもないでしょう。場合によっては屋外にポストが設置されていることもあり、その場ですぐに投函できる気軽さもあります。

一つ注意したいのは、コンビニエンスストアで取り扱っている切手やはがきのほとんどは”通常切手”や”通常はがき”と呼ばれる類のものであることです。

仮に今度発売される記念切手やグリーティング切手、シール切手が欲しいなどの場合は、素直に郵便局へ問い合わせをするほうが確実です。販売の2週間前からが原則ですが、予約による注文をおこなうことも可能です。

また、郵便局のオンラインショップというものもあるので、身近な場所に郵便局がないものの記念切手が欲しいなどの場合はそちらを利用するのも一つの方法です。

記念切手の類であれば、インターネットオークションなどでの取り引きもあります。記念切手は季節感あふれる絵柄や人気キャラクターの採用など、通常切手とは違った趣があります。

まとめると、通常の切手やはがきは身近なコンビニエンスストアで気軽に入手ができ、投函も済ませられる場合が多く、記念切手の類は郵便局での購入が確実ということです。

通常切手や通常はがきが必要な急ぎの用事ができた場合は、コンビニエンスストアの利用も考えてみましょう。

切手をコンビニで購入する時の注意点
在庫がない商品もある大量の購入は難しい

通常切手や通常はがきはコンビニエンスストアでの購入もできますが、その際にはいくつかの注意点があります。最初の注意点は、コンビニエンスストアであればどこでも購入できるわけではないところです。

大手のコンビニエンスストアであればたいていの場合は取り扱っていますが、一部店舗やマイナーな店舗であれば取り扱いそのものがないということもあります。心配な場合は、出かける前に電話で確認をとっておくのが良いでしょう。

次の注意点は、コンビニエンスストアでできるのはあくまでも切手やはがきの購入のみという点です。郵便局の窓口のような料金をはかってもらうなどのサービスを受けることはできません。そのため、はっきりと自分で郵便料金がわかる場合の利用にとどめるのがスムーズかもしれません。料金がわかっている場合はこの点はあまり問題がないと思います。

さらに注意したいのが、大量に切手を購入したい場合です。コンビニエンスストアの切手やはがきの在庫数はやはり郵便局には及びません。各種1シートずつ置いてあれば良いほうではないかと思います。

例外として、切手やはがきの需要が多い店舗であればそれなりの在庫を確保していることもありますが、そのようなケースはかなり稀だと思います。また、切手の額面によってもともと取り扱いがないものもあります。

通常はがきの料金である62円や、定形内郵便の82円、92円切手はたいていの場合で入手が可能でしょう。切手を大量に購入したい場合は、やはり郵便局の窓口へ出向くのが最も確実でスムーズな方法になります。

コンビニエンスストアでの購入はあくまでも緊急の事態に対応したい場合にするのがおすすめです。郵便局が休みである土日・祝日や閉まってしまう深夜帯でも切手やはがきを購入できる点は非常に便利なメリットでしょう。

都合に合わせて郵便局とコンビニエンスストアの使い分けを考えながら上手に活用することで、それぞれのメリット面を十分に活かすことができます。

切手を大量に購入する場合最も確実なのは
大きい郵便局に行くこと

確実に欲しい切手を入手するために郵便局へ出かける場合、その郵便局の在庫の管理状態を想像してみるのがおすすめです。

在庫の管理状態と言っても難しいことはなく、小規模の郵便局であれば在庫数は少なめだろう、大規模の郵便局であれば額面の品揃えが豊富だろう、といったイメージで構いません。

小さな郵便局によっては、切手の額面によっては在庫数を抑えて管理している場合があります。通常はがきの料金である62円や、定形内郵便の82円、92円であれば在庫を十分にしているとは思います。

また、旧料金の通常はがきに貼り足すのに便利な10円切手も比較的在庫を確保している場合が多いでしょう。ただし、何度も大量に購入することを考えれば、やはり大きな規模の郵便局に出かけるのが最も確実かつスムーズな方法です。

大きな規模の郵便局を選んだほうが良い理由は、切手の在庫状況だけではなく、荷物が配送される日数にも多少の差が出てくることが関係しています。

郵便局に預けた荷物はその場ですぐに配送に向かうわけではなく、決められた時間の都合によって配送ルートに乗せられるので、小さな規模の郵便局の場合は集荷状況によっては即日で配送ルートに乗らない場合もあるためです。

速達扱いにする、ゆうパックの利用に切り替えるなどで対応できることもありますが、通常の料金で最も早く配送ルートに乗せるためには大きな規模の郵便局で午前中に荷物を預けるのが良いでしょう。

もちろん、天候や事故の状況によっても違いますし、切手を大量に購入したいケースではその場で荷物を預けることも稀だとは思いますが、もし早めに荷物を送りたい事情があり、できるかぎり通常料金内に収めたい場合は頭に入れておいても良いでしょう。

基本的にどのようなサービスにおいても、大きな規模の郵便局のほうが対応スピードは早い傾向があります。どうしてもスムーズにサービスを受けたい理由がある場合は、できる限り大きな郵便局を選択するのがおすすめです。

金券ショップでも切手を販売しているので
確認しておくのもおすすめ

大量に切手が必要な事情ができた場合は、コンビニエンスストアよりも郵便局の窓口へ出向くのが最もスムーズな方法ですが、切手の取り扱いをしている金券ショップでも大量の切手を入手可能な場合があります。

金券ショップで切手を売っているの?という疑問を持つ人も多いのですが、切手やはがきなどの郵便系商品は金券ショップのスタンダードアイテムとして根付いています。

切手そのものは当たり前ですが郵便局で販売しているものと変わりません。郵便局の窓口ではなく金券ショップで切手を購入するメリットは、切手の実際の額面よりも安い値段で購入が可能なことが多いことが挙げられます。

数枚程度であればほとんどメリットは感じないかもしれませんが、大量購入であれば郵便局窓口での購入との差額は大きく響いてくるはずです。金券ショップの場合は大量購入を申し出ることでさらに割り引きが適用されるケースが多いことも注目点です。

ただし、金券ショップでの大量購入が可能な切手は「一般的な需要が高い額面の通常切手」がほとんどですから、記念切手や特殊な額面の切手の場合は在庫数の関係などで難しいことが多いでしょう。

逆に言えば、62円や82円、92円の切手を大量に購入したい場合には利用価値が高いということです。また、はがきに関しても大量購入することでお得になるケースが多いので、切手だけではなくはがきを購入する目的においてもメリットがあります。

コンビニエンスストアでは取り扱いがないことも多いかもめーるや年賀はがきなどの大量購入が可能なことも多いので、郵便系商品を利用する機会が多いのであれば、金券ショップの活用を考えておくのも賢い方法です。

また、全てではありませんが記念切手の類の品揃えを強化している金券ショップもあります。
郵便系商品が目的の場合は、切手屋を前身とする金券ショップをチェックスするのがおすすめです。思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。

切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!?
切手の買取は【福ちゃん】へ!

切手買取 福ちゃん

シート・バラ切手、高価買取お任せ下さい!
※ご自宅まで出張買取※
専門の査定員がアナタの切手をキチンと
査定・買取・現金化致します!
出張料・査定料は無料!
↓↓ぜひお問合せ下さい↓↓

オススメ

多くの金券ショップでは切手の買取は額面の○○%という形で行います。私のお店でもそうで、価格相場としてはバラの切手が70%~80%程度、100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。

ただ、切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていない、または切手に関する専門知識が乏しいため、機械的に額面の○○%で買取をするという査定方法が多くなっています。

また、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。

また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手の買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高く買い取ってもらえます。

ここのお店は郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。

このページをご覧の方は「初めて金券ショップに金券を売りに行く前に確認しておく6つのこと」も参考になると思います。

金券ショップに金券を売りに行く時、初めてだとどういうことを確認しておけばいいのかよく分かりませんよね。 金券を売る時にちょっとしたコツがあるのも事実です。今日は金券ショップに金券を売る前に確認しておくことをお伝えします。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする