ナイスショップの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

あなたにおすすめのサービス
JTBロゴ

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

ナイスショップの商品券はJTBが発行しているのが特徴です。その分ブランドイメージも高く、さまざまな店舗で利用できるため金券ショップなどでも高く評価を得ています。

ユニークなのはJTBが発行しているにもかかわらずJTBでは利用できない点で、購入する際や贈答品にする際には注意が必要です。

基本的にはJTBギフトカードと内容は共通しており、一部使用できる店舗を除けば同じ商品券と考えてもよいでしょう。額面は500円券、1,000円券、5,000円券の3種類が用意されており、さまざまな用途・目的に応じて選択することができます。

全国に有名デパートはもちろん、スーパーマーケットでも使用できるので毎日のちょっとしたショッピングの支払いにも利用できます。

JTBギフトカードに比べるとナイスショップの商品券は知名度の点で一歩劣る面もありますが、内容に関してはひけをとらない便利な商品券といえるでしょう。

この記事をご覧の方には金券ショップを利用して節約|JCBギフトカード利用の8つのポイントもおすすめです。

昨日は全国百貨店共通商品券の紹介をしましたが、今日はJCBギフトカードの紹介をしたいと思います。どちらも金券ショップで人気の商品なので、使いやすい金券です。
金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

あなたにおすすめの記事

ナイスショップの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

ナイスショップの基本事項

ナイスショップの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

ナイスショップの基本事項
基本事項摘要
商品券名ナイスショップ
発行会社株式会社ジェイティービー
券種500円・1,000円・5,000円
有効期限なし
お釣り出ない
使えるお店ナイスショップ加盟店全店
(JTBギフトカードとほぼ同じ)
購入場所(例)全国の各店にあるサービスカウンター
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

ナイスショップの商品券はJTBが発行している商品券です。JTBナイスギフトと呼ばれることもあり、JTBのギフトシリーズの1枚、という位置づけになっています。

そのためナイスショップの商品券の内容は基本的にはJTBギフトカードと共通しており、さまざまな店舗で利用できるのが大きなメリットとなっています。JTB発行ということで安心感やブランドイメージが高い、という点も大きな特徴です。

ナイスショップといわれてもピンと来ない方も多いかもしれませんが、商品券の市場ではかなり流通しており、お中元・お歳暮シーズンの贈答品としても広く活用されています。

額面は500円、1,000円、5,000円と3種類用意されているので選びやすく、ちょっとした贈り物なら500円券、改まった機会での贈答品なら5,000円券と使い分けができるのも大きな魅力でしょう。

なお、このナイスショップの商品券で商品券を購入することができないほか、印紙、切手、時金類、たばこ、外商部での購入、優待割引販売なども使用の対象外となっているので気をつけましょう。

また、商品券にはミシン線がありますが、使用前にこの部分を切り取ってしまうと無効になってしまうので少し注意して扱ったほうがよいかもしれません。

流通している量も多いだけあって金券ショップでも比較的購入しやすく、安く購入してお得に使いたい、または贈答品としてもらったはいいものの使う機会がないから買い取ってもらいたい、といった場合にも便利です。

なお、カードが利用できる店舗の一部にはこのカードの使用が対象外になっていることもあります。デパートやスーパーのチェーン店で使用する場合には注意しましょう。

ナイスショップが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

ナイスショップは全国の百貨店、スーパー、ショッピングモールなどで利用することができます。

ナイスショップの利用可能店舗
店舗種類店舗名
松屋や東急ハンズ、ルミネ、丸井、
リヴィン、小田急、伊勢丹、京王、高島屋
百貨店、スーパーなど各店
カメラのキタムラ、紳士服のアオキ、
ロフト(一部の店舗)など

ナイスショップの商品券、JTBナイスギフトはJTBが発行しているだけあってさまざまな店舗でのショッピング、サービスでの支払いにあてることができます。

JTBが発行しているカードにもかかわらずJTBの支払いには使用できないのが大きな特徴で、この点は注意しておくべきでしょう。

さまざまなデパートやスーパーで使用できるのが大きな魅力で、松屋や東急ハンズ、ルミネ、丸井、リヴィン、小田急、伊勢丹、京王、高島屋などが代表格として挙げることができます。

百貨店、デパートでの買い物からスーパーで日用品を購入する際にも使用できるので非常に便利です。そのほかにはカメラのキタムラ、紳士服のアオキ、ロフト(一部の店舗)などが挙げられます。

ネットで使用可能な店舗の一覧をチェックできるので地元周辺の店舗が含まれているかあらかじめ確認しておくとよいでしょう。使用可能な店舗数は全国で100万店以上に及びます。

注意したいのはお釣りがでないことです。これがナイスショップの商品券の最大のデメリットとなるでしょう。額面よりも少ない金額の支払いに使用すると損をしてしまうので必ず額面以上の金額の支払いで使用するようにしましょう。5,000円券の場合はとくに注意が必要です。

有効期限は設けられておらず、いつでも使用することができる点は大きなメリットです。近くに使用できる店舗がない、あるいはせっかく贈答品でもらったのでまとまった買い物をするときに使用したい、という場合にはその機会まで長く保管しておくこともできます。

なお贈答品として購入する場合には包装、熨斗紙、掛け紙を使用することもできるので検討しておきましょう。

ナイスショップはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

ナイスショップの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、ナイスショップの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

ナイスショップの購入可能場所
ナイスショップ
購入可能場所
(一例)
  • JTBのサービスカウンター
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販

まず一番最初に紹介するのがJTB内にあるサービスカウンターで注文する方法です。ここでは熨斗も無料ですし、小箱に料金もかからないところが多いです。また、ラッピングなどもしてもらえます。

贈答用にナイスショップを購入する場合は、JTB内内にあるサービスカウンターがおすすめです。なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。

ナイスショップの金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

ナイスショップ、JCBギフトカードとほぼ同様の扱いになるJTBナイスギフトは、JTBが発行しているギフトカードです。そのためJTBギフトカード取扱店で広く使用でき、その範囲は100万店以上に及びます。現在でも加盟店が増加しており、使える範囲の広さではトップクラスの存在といってもよいでしょう。

ただその一方でお釣りがでないという大きな難点も抱えています。必ず使用の際には額面よりも多い支払いに使用しなければならないため、使い勝手の点ではややマイナスといえます。

商品券としての評価はどれだけ現金と変わらない感覚で使うことができるかどうかにあります。そのためたくさんの店舗で使用できるのはメリットですが、お釣りが出ないのはややマイナスといえるでしょう。

そのこともあってか金券ショップでの取り扱いでも百貨店や有名デパートが発行しているものに比べてやや低めとなっています。

販売価格では額面の96~98%程度、高い水準を維持している一方、もっとも高い評価を得ているところに比べると少しだけですが低くなっています。

ですからお釣りが出ないのは気にならない、贈答品や景品として使うのでまとめて購入したいという場合には金券ショップで購入するとお得に購入することができます。

有効期限が設けられていないのも大きな魅力で、自分で購入したうえで長い目でタイミングを見計らいながら使っていくという方法も可能です。

評価の高い商品券は買い取ってもらうのはいいものの購入するのは額面とあまり変わらないのであまりメリットがない部分もあります。

それに対してナイスショップの商品券の金券ショップでの扱いは買取価格がそれほど高くないので購入する方がメリットが多い面を備えているともいえます。

ナイスショップの金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

商品券を金券ショップで購入するよりは買い取ってもらう機会の方が一般的には多いものです。お中元・お歳暮などの機会にもらったものの使う機会がないという場合に金券ショップで現金化してもらうわけです。

ナイスショップの商品券もギフトとしてよく利用されているため、ほとんどの店舗で販売されています。こうした事情から買い取ってもらいやすい商品券といえるのですが、その一方で買取価格そのものはそれほど高い水準ではありません。

具体的な買取価格に関してはもちろん各店舗によって異なるのですが、一般的な平均としては額面の93~95%、有名デパートやグループ、百貨店の商品券が96~98%程度で買い取られていることを考えると低めといえるでしょう。JTBが発行している商品券ということを考えると意外にも思えます。

その理由としては先に触れたように金券ショップに買い取ってもらう人が多く需要よりも供給の方が多くなりがちな点がひとつ。それからお釣りがでないため、お釣りが出るものに比べると評価が一歩下がってしまう点も考えられます。

こうした事情からお中元・お歳暮シーズンになると買取価格が下落する、または500円券、1,000円券よりも5,000円券の方が買取価格が低くなる傾向も見られます。

多くのナイスショップ商品券が金券ショップに流れ込むと当然市場価値が下がりますし、お釣りが出ないので5,000円券の方は500円、1,000円に比べて使い勝手が落ちるので評価が下がるからです。

金券ショップでナイスショップ商品券を買い取ってもらおうと考えている場合にはこうした点に注意しましょう。「2017年現在」

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回はナイスショップの紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする