イオンギフトカードの基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介

あなたにおすすめのサービス
イオン商品券

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

今回はイオンギフトカードの基本事項をはじめ、使えるお店や購入可能場所を紹介します。

この記事をご覧の方にはイオン商品券の基本事項|使えるお店や購入可能場所を紹介もおすすめです。

首都圏など主要都市ではそうでもないのですが、地方都市でのイオンの強さは目を見張るものがあります。休日にとりあえずイオンに行くというレジャー(?)が成立するのは地方都市ならではです。 今回はイオン商品券の基本事項をはじめ、使えるお店や購入可能場所を紹介します。
金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

あなたにおすすめの記事

イオンギフトカードの基本事項
使えるお店や購入可能場所を紹介

イオンギフトカードの基本事項

イオンギフトカードの基本事項は下記の通りです。商品券は基本的に発行している店舗でのみ利用できる金券となっています。

イオンギフトカードの基本事項
基本事項 摘要
商品券名 イオンギフトカード
発行会社 イオン株式会社
券種 1,000円~10万円まで
※プリペイド式入金タイプ
有効期限 なし
お釣り なし
ポイント 不明
使えるお店 イオン全店
及びイオングループ全店
購入場所(例) 全国のイオン店頭
金券ショップ
ヤフオクなどのインターネット販売

イオンギフトカードとはイオンで利用できるプリペイドカード式のギフトカードです。なお、これとは別にイオン商品券も発売されているので注意が必要です。

イオン商品券は一般的な商品券タイプ、1,000円券などあらかじめ額面が決められている商品券を、対象となる店舗でお金と同じ感覚で使用できるものですが、イオンギフトカードの場合はカードに入金してキャッシュレスの形で買い物に利用できるのが大きな特徴です。この2つの違いをまず把握しておきましょう。

こうしたプリペイドカード式のギフトカードが増えていますが、イオンギフトカードの特徴はチャージできる金額の幅が非常に広い点で、1,000円~10万円まで入金することができます。

何でも揃うといっていいほどの品揃えを誇っているイオンだけに購入する商品の価格も幅広いですし、日常の買い物で毎日のように利用する人も多いだけに、高額のチャージができるのは非常に便利ともいえます。

ギフトで10万円のチャージはちょっと高すぎる面もありますが、プレゼントしてもらった後に自分でチャージして使用するといった融通が利く点もこのカードの大きな魅力でしょう。

なお、支払いにイオンギフトカードを使用する場合には、あらかじめ店員に「イオンギフトカードで支払います」と申し出る必要があります。はじめて使用する場合には注意しておきましょう。

チャージして長く使い続けることができるわけですが、そうなると残高の確認が重要になってきます。

残高についてはカード裏面に記載されているカード番号やPIN番号を元に公式ホームページから照会できるほか、買い物に利用したときにはレシートに記載されます。日ごろからこうした方法でこまめに残高をチェックしておいた方がよいでしょう。

カードのデザインも複数用意されており、相手に合わせて選ぶこともできます。近くにイオンの店舗がある方に贈れば喜ばれること間違いなし、イオン商品券よりも使い勝手がよいという点でも魅力的なギフトカードといえるのではないでしょうか。

イオンギフトカードが使えるお店は?

お店|店舗紹介|お店外観

イオンギフトカードはイオン全店、及びイオングループ全店で利用することができます。イオンギフトカードのグループにはイオングループのウエルマート、マックバリュ、ピーコックなども含まれます。

イオンギフトカードの利用可能店舗
店舗種類 店舗名
イオングループ イオン
ウエルマート、マックバリュ、ピーコックなど

イオンギフトカードは使い勝手が非常によいギフトカードです。もらってうれしいだけでなく自分が日常の買い物で使用する場合にも非常に役立ってくれます。

イオンではもうひとつ、イオン商品券も発売されていますが、このイオンギフトカードはお金をチャージして利用できるプリペイドカードタイプというのが大きな特徴です。

使えるお店・お釣り・有効期限については、まずイオングループのお店での利用が可能です。そもそも大規模なショッピングモールが多いイオンだけに、さまざまな製品を購入する際に利用できるわけですが、加えてイオングループ内や提携先の店舗・企業での支払いにも利用ができます。

代表的なところではウエルマート、マックバリュ、ピーコックなど。近くにイオンの大規模な店舗がない方でも日ごろ利用する機会があるはずです。

お釣りに関してはプリペイドカードタイプなので、そもそもお釣りという概念が存在しません。もともとイオン商品券でもお釣りが出るなど使い勝手のよさが人気でしたが、プリペイドカードタイプなら1,000円の残高で800円の買い物をした場合には、200円が残高として残って次の買い物に使用できるという形になります。

その残高だけでは少なすぎて次の買い物に利用できないという場合には新たにチャージすればよいわけで、お釣りを気にすることなく利用することが可能です。この点こそプリペイドカードタイプのギフトカードの最大の魅力といってもよいでしょう。

さらにもうひとつ、有効期限が設定されていない点も大きなメリットです。こうしたプリペイドカードタイプだと一定期間利用しないと、あるいはチャージしないと残高が無効になってしまう設定になっているところも多いのですが、イオンギフトカードならそのような心配もありません。

日ごろあまりイオン系列のお店を使用しないという方でも安心して持ち続けることができますし、大きな買い物をするときだけ使用するといった場合にも便利です。

このように使い勝手のよさでは、プリペイドカード式のギフトカードの中でも1、2を争うといっても過言ではない魅力を備えています。プレゼントすれば喜んでもらえること間違いなしでしょう。

イオンギフトカードはどこで買える?
購入可能場所を紹介

紹介|案内|利用方法

イオンギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、イオンギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。
基本事項の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。

びゅう商品券の購入可能場所
ビックカメラ商品券
購入可能場所
(一例)
  • イオンのサービスカウンター
  • ヤフオクなどの
    一部インターネット通販

まず一番最初に紹介するのがイオングループ店舗にあるサービスカウンターで注文する方法です。ここでは熨斗も無料ですし、小箱に料金もかからないところが多いです。また、ラッピングなどもしてもらえます。

贈答用にイオンギフトカードを購入する場合は、イオングループ店舗にあるサービスカウンターがおすすめです。なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。

イオンギフトカードの金券ショップでの販売価格について

価格相場|価格比較

イオンギフトカードはお金をチャージして、イオン系列の店舗で買い物をする際にキャッシュレスで清算ができるギフトカードです。

通常の商品券とは異なり額面があらかじめ設定されておらず、いつでもチャージして現金を増やすことができるのが大きな特徴です。また商品券のように一度使っておしまいというわけではないので、お釣りを気にする必要がない点も大きな魅力となっています。

しかしそんな魅力的なイオンギフトカードですが、金券ショップでの取り扱いとなると事情がかなり異なってきます。

このイオンギフトカードを含めたチャージするタイプのカードはあまり金券ショップでは歓迎されておらず、扱っていない店舗も少なくありません。通常のタイプの商品券と比べて扱いにくい部分があるからです。

たとえばイオン商品券の場合、1,000円券など額面が決まっているので表示額の97~98%程度の販売価格で取り扱われています。イオン商品券はイオンギフトカードと同様、使える店舗が非常に幅広いので商品券として高く評価されています。

しかしチャージするタイプのイオンギフトカードの場合、カードによって額面が異なるため、表示額の○○%で販売という基準を設けにくいのです。

しかも使用済みのカードの場合は残高が非常に半端なことが多く、「残高が984円分あるギフトカードを950円で販売」という設定がなかなか難しい面もあります。

さらに、残高を確認するためにイオンギフトカードの公式ホームページにアクセスしなければならない点も大きなマイナスです。こうした確認や設定が難しいギフトカードは金券ショップでは敬遠されてしまうのです。

ですから、イオンギフトカードを安く購入しようと金券ショップを利用する場合には、まず取り扱っている店舗があるかどうか情報収集を行っていく必要があります。

近所の金券ショップでは見つからないことも多いので、ネットでの情報収集が欠かせないでしょう。また、扱っている金券ショップを見つけた場合には、残高と販売価格を比較して、どれぐらいお得なのかをよくチェックしたうえで判断することも大事です。

イオンギフトカードの金券ショップでの買取価格について

買取り|売る|料金|金額|支払い|お釣り|安い

イオンギフトカードは、あらかじめお金をチャージしたうえで使用するプリペイドカードタイプのギフトカードです。ですから、ギフトに利用する場合にはあらかじめいくら入金するのかを決めたうえでチャージし、贈呈する形になります。

この点は1,000円券や5,000円券など、あらかじめ決められた額面を選ぶ一般の商品券と異なる部分です。なおイオンギフトカードは1,000円~10万円までとチャージできる幅がかなり広いのも特徴です。

そんなイオンギフトカードですが、ギフトカードとしての評価の高さとは裏腹に金券ショップではあまり見かけません。

またショップの側でもあまり販売・買取ともに歓迎していない傾向が見られます。このタイプのカードは中古品として扱うのが難しく、販売価格・買取価格ともに設定しづらい部分があるからです。

商品券・ギフトカードの買取価格は通常額面の○%、の形で設定されています。500円券の95%買取なら475円というわけです。しかしチャージするタイプだと同じカードでも残高がまったく違う上に、細かい数字になっていることも多いので買取が難しいのです。

こうした事情から、イオンギフトカードの買取そのものを行っていない金券ショップも多く、店ごとに対応にかなりの差が出てきます。一般の商品券タイプとして発売されているイオン商品券がほぼすべての金券ショップで扱っていることを考えると、かなりの差があります。

イオンギフトカードを売りたいという場合にはまず買取を行っている金券ショップを探すか、あらかじめ問い合わせておく必要がありそうです。

買い取ってもらう場合には、できるだけ残高を端数ではなく区切りの良い金額に設定しておくと買い取ってもらえる可能性が高くなります。ただ、それでも買取価格は80%も行けば良い方だと言われており、普通の商品券に比べると決してよい条件とはいえません。

利用する上では非常に便利なイオンギフトカードですが、金券ショップでの利用ではあまりメリットは得られないので、そのことを踏まえた上で買取を利用するかどうかを判断しましょう。

クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介

【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

クレジットカードで商品券・ギフトカードを購入できるサイトはこちら
新規購入でQUOカード300円券プレゼント。
即日発送、あんしんのクレジット決済なら
金券ねっと!

オススメ

今回はイオンギフトカードの紹介をしました。金券は通常クレジットカードでの購入ができません。金券ショップを利用する場合もクレジットカードの利用はできないことがほとんどです。

店頭でよく聞かれる質問に「クレジットカードの利用は可能ですか?」というものがあります。今回は金券ショップでクレジットカードが使えない理由を解説します。

しかし、金券ネットではクレジットカードで金券を購入することができます。もちろん、金券ショップで購入するように安くなるわけではありませんし、配送料などの手数料もかかりますが、ギフト用のチケットを購入したい場合など、こちらの方が便利な場合もあるでしょう。

金券の購入なら【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済
もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする