沖縄の格安航空券の値段を利用する空港毎に紹介します

あなたにおすすめのサービス
沖縄・空港

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

夏になると旅行する人が多くなる沖縄県。沖縄県へ旅行するときに、格安航空券を利用したい、値段を安く抑えたいという方に知っておいてほしいポイントとして、利用する空港があります。

航空会社によってはコストを抑えるために発着しない空港を設けているところもあったり、発着する空港によって料金に差額を出している航空会社もあります。

そのため、格安航空券を購入しようと思っても、自分の家の最寄りの空港ではどの航空会社を利用すれば最安値の運賃で移動することができるのか、分からなくて困っているという方も多くいるようです。

最寄りの空港から格安航空券を利用するといくらで沖縄に行くことができるのか、ここでは格安航空券の値段を各空港ごとに比較、沖縄へ最短で行ける方法とその価格をご紹介していきます。

この記事をご覧の方には金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法もおすすめです。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

あなたにおすすめの記事

沖縄の格安航空券の値段を利用する空港毎に紹介します

羽田空港から旅割・先得株主優待LCC

まずは羽田空港を利用した際に、格安で航空券をゲットするためにはどの会社で何を利用するべきかをご紹介します。

旅割・先得

まずはANAを利用する場合です。ANAを利用する場合に最も安く利用する方法は、旅割を利用するのがお勧めです。

特にタイムセールなどを活用すれば片道1万円で利用することができ、株主優待を利用するよりも、断然お得になります。

タイムセールが活用できない、行く日にちを決めているという場合は旅割を利用した方が、株主優待を利用して普通の航空券を買うよりも安く買うことができます。

次にJALです。JALは先得を利用する方法が最も安く、先得が利用できれば安い時間帯で1万3,000円前後の運賃となります。

株主優待

ANAは直前の予約であれば株主優待券を利用して予約するとお得に航空券を入手できます。

JALは株主優待券を利用できる便や時間帯が決まっていてすべてに適用できず、しかも株主優待券が利用できる普通乗車券が3~4万円前後となることが多いので、株主優待券を使用したとしても先得を利用した方がかなりお得であると考えられます。

LCC

次はLCCの航空について調べました。LCCは空港着陸料が高めに設定されている空港には発着陸しないことで低価格の乗車料金を提供している会社があるため、全ての航空会社が羽田空港に止まるとは限りません。

現在LCCの航空機で羽田空港から沖縄に行くことのできる便はジェットスターとスカイライン、バニラエアのみとなっているようです。

どの航空会社も運賃は片道1万円~2万円代とANAやJALと比べれば半額以下となります。この中でもさらにスカイラインは便の数がANAやJALと肩を並べるほど多いので、利用しやすいものと考えられます。

値段が1番安いのはバニラエアですが、便の数は少なくなります。数千円の違いなので、その差に目をつぶることができれば、多くの便が発着して希望の日に格安航空券が手に入るスカイラインを利用することが圧倒的にお得感があるものと思います。

関西国際空港から旅割・先得株主優待LCC

関西国際空港はLCCの乗り入れを積極的に受け入れることにより、近年利用者数を大幅に伸ばしています。ではこの空港からお得に沖縄旅行を楽しむには、どんなタイプの航空券を活用したら良いのかをご紹介します。

旅割・先得

関西国際空港から沖縄・那覇空港への片道普通運賃は38,400円で、これはANAもJALもほぼ同様です。ただし、ANAの旅割75を利用すると、最安値は片道11,000円前後となります。

旅割55になると、片道当たりの最もお得な料金は12,000円前後です。一方、JALの先得で予約をする場合も、最安値は11,000円前後となっています。

ただし、フライトの時期によっては9,900円まで下がることもあるので、常時チェックしておくと良いでしょう。

株主優待

株主優待券を利用すると、正規運賃の半額で座席を予約することができます。関西国際空港と沖縄・那覇空港間の片道正規運賃は38,400円ですから、株主優待券を利用すると19,200円で搭乗することが可能となります。

お盆や正月などのピーク時は普通料金が割り増しされて40,800円となり、事前予約による割引額も小さくなることがほとんどです。一方、株主優待券を利用する場合、常に50%割引が適用されるため、片道20,400円で利用することが可能です。

LCC

関西国際空港と沖縄・那覇空港間は、PeachとJetstarのLCC2社が定期運航を行っています。Peachを利用する場合、航空券の最安値は「シングルピーチプラン」で、片道当たり4,890円です。一方、Jetstarの最安運賃は4,790円です。

ただし、機内持ち込み以外に預け入れの荷物があると追加料金が発生します。また、空席状況によって料金はすぐに変動します。加えて、フライトの需要が大きくなる夏休みやGW前後には、料金が大きく上がることが多い、ということも覚えておきましょう。

(データは2017年現在)

新千歳空港から旅割・先得株主優待LCC

新千歳空港は国際線・国内線合わせておよそ40の路線が乗り入れを行っていることから、「北海道における空の玄関口」として知られています。ではこの空港から沖縄へ出かける際には、どんなタイプの航空券がお得なのかを分析しましょう。

旅割・先得

札幌・新千歳空港から沖縄・那覇空港へANAのフライトを利用して移動する場合、片道普通運賃はANAが70,100円です。旅割75を利用すると、直行便の最安値は20,300円、中部国際空港を利用した乗り継ぎ便の最安値は19,620円となります。

一方、JALにはこの区間に関する正規料金が定められておらず、新千歳空港と羽田空港、および羽田空港から那覇空港という2つの路線の利用料金を合算したものになります。片道当たりの普通料金は84,460円で、先得を利用した場合の最安料金は20,100円です。

株主優待

運賃が正規料金から50%OFFになる株主優待券を利用する場合、ANAのフライトは正規料金が70,100円なので、株主優待券で予約をすると料金は35,050円になります。一方、JALの場合は2区間あわせた料金が84,460円なので、株主優待利用で42,230円となります。

ただし、JALの場合は直行便がないため、2区間扱いになってしまいます。ですから、株主優待券も2枚必要になる、ということを覚えておきましょう。

LCC

札幌・新千歳空港から沖縄・那覇空港へはJetstarとVanilla AirのLCC2社が定期的に運行を行っています。Jetstarを利用する場合、Starter料金が最安値で、片道当たり11,680円となっています。

一方、Vanilla Airの場合は「シンプルプラン」が最もお得な料金で、片道当たり9,960円となります。どちらの航空会社を利用する場合も、新千歳から那覇への直行便ではなく、成田空港での乗り換えが必要となります。成田空港での待機時間は最短で2時間程度、最長で8時間前後となっています。

(データは2017年現在)

中部国際空港(セントレア)から旅割・先得株主優待LCC

中部国際空港は電車や車でのアクセスが非常に良いことで、世界的に高い評価を獲得している空港の1つです。では、この空港から沖縄・那覇空港へ出かけようと思う場合、どんなタイプの航空券を利用すればお得に旅ができるのか、調べてみましょう。

旅割・先得

中部国際空港から沖縄・那覇空港へのフライトを予約する場合、片道当たりの正規運賃はANA・JALどちらも43,300円です。もしANAの旅割75を利用して予約する場合、片道当たりの最安値は9,310円となります。

JALも同様で、ウルトラ先得を利用して予約をすると、片道料金の最安値は9,310円となります。ただし、JALは運行している便数がANAよりも1便多いというメリットがあります。

また、ANAの最終便は午後2:50であるのに対し、JALの最終便は午後7:00です。ですから、「夕方以降にセントレアから沖縄へ出発したい」という人は、早めにJALのウルトラ先得で予約をしておきましょう。

株主優待

中部国際空港から那覇空港へのフライトは、ANA・JALどちらを利用する場合でも、正規料金は片道43,300円です。ですから、50%OFFになる株主優待券で予約すると、料金は21,650円となります。

株主優待券のメリットは「直前の予約でも適用可能」という点です。ですから「事前予約ができなかった」というケースでは、ぜひ株主優待券を活用しましょう。

LCC

中部国際空港から沖縄・那覇空港への乗り入れを行っているLCCはJetstar1社のみとなっています。最安料金はStarter料金を選択した場合で、片道当たり4,190円で利用することができます。ただし、1日当たり1便しか運行がありません。

そのため、短期間で価格が変動することがあります。また、気候条件などが原因でフライトがキャンセルになった場合には、翌日以降にしか振替ができない、ということを銘記しておきましょう。

(データは2017年現在)

格安航空券の購入なら
ANAやJALの株主優待券もいいけど
大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

ANA・JALの株主優待割引や旅割・先得のような早割、LCCの料金の中から最もお得な料金を選べる大黒屋トラベルはおすすめの格安航空券購入サイトです。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする