北海道の格安航空券の値段を利用する空港毎に紹介します

あなたにおすすめのサービス
函館の市街地と飛行機

みなさんこんばんは。

なぜなに金券ショップ”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット商品券ギフトカード株主優待券などの金券についての利用方法や情報について解説しているブログです。

金券ショップをもっと気軽に利用していただけるように、金券の情報金券ショップに関わる記事を掲載しています。なお、管理人がツイッターで記事情報も配信しています。また、当ブログのお問い合わせフォームはこちらです。どうぞよろしくお願いします。

北海道への観光客は海外だけでなく日本から訪れる人が多いです。全国各地から訪れる観光地ということだけあって気になるのは各空港から利用する場合の航空機の値段です。

特に、交通費を安く抑えたいと考えている方にとってはこの搭乗する空港がどこであるのかが非常に重要となると言っても過言ではありません。鉄道と空港をうまく利用すれば交通費をかなり抑えることができるからというのが最大の理由となります。

それでは各空港ごとに料金はどのくらい差が出てくるのでしょうか。ここでは全国各地から北海道へ旅行する際の価格を比較していきます。また、格安航空券を利用した場合に価格にどのくらいの差が出るのか、併せてご紹介していきます。

この記事をご覧の方には金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法もおすすめです。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。
このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

あなたにおすすめの記事

北海道の格安航空券の値段を利用する空港毎に紹介します

羽田空港から旅割・先得株主優待LCC

羽田空港はアクセスの良さと施設の使いやすさ、乗り継ぎのしやすさでビジネスマンだけでなくファミリー層からも圧倒的な人気を獲得しています。では、羽田空港から札幌・新千歳空港へ向かう場合、どんなプランの航空券を選択するとお得に旅ができるのでしょうか。

旅割・先得

ANAを利用した場合の正規料金は片道37,500円に設定されており、ピーク時は39,900円です。JALもまったく同じ正規料金を設定しています。ANAの旅割75を利用した場合、片道の料金は正規料金から71%割引された10,790円です。

一方、JALもウルトラ先得を利用することで、片道の料金は10,790円となります。ただし、ピーク時の割引率は大幅に下がる、ということを覚えておきましょう。

どちらの航空会社も朝6:00から夜9:00まで、毎時間フライトを準備しているため、非常に利用しやすい路線の1つと言うことができるでしょう。

株主優待

羽田空港から新千歳空港へのフライトも株主優待を利用することが可能です。航空券の料金はANA・JALどちらも正規料金の半額で、18,750円になります。

お得な値段で搭乗できるだけでなく、GWや年末年始などのピーク時期であっても「株主優待枠」として一定の座席数が確保されている、というのも優待を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

LCC

羽田空港から札幌・新千歳空港への乗り入れを行っているLCCは、Air DoとSKYMARK AIRLINESの2社です。Air Doが提供するプランの中で最もお得なのは「スペシャル75」で、料金は片道8,750円からとなっています。

一方、SKYMARK AIRLINESの提供するプランのうち、最も低価格なのは「いま得」で、片道8,750円からの料金設定となっています。Jetstarなどと比較するとやや割高感はあるものの、ANAやJALよりはお得な料金設定であることや、便数がかなり多いという点はメリットと言えるでしょう。

(データは2017年現在)

関西国際空港から旅割・先得株主優待LCC

年間利用者数が2,500万人を超える関西国際空港は、乗り入れ路線の多さと使いやすさも際立っています。では、この空港から北海道へ出かけたいという人は、どんなタイプの航空券を選ぶとお得になるのでしょうか。タイプ別の特徴を分析してみましょう。

旅割・先得

関西国際空港から札幌・新千歳空港への片道普通運賃は、ANA・JALどちらも46,300円、ピーク時は48,800円です。ANAの旅割75を利用すると、片道当たりの最安値は片道当たり9,800円となり、約79%の割引という大変お得な料金になります。

JALも同様で、ウルトラ先得で予約をした場合、片道当たりの最安値は9,800円です。ただし、JALの最終便は午後3:40と比較的早い時間帯であるのに対し、ANAの最終便は午後8:15なので、「夕方以降に北海道へ向かいたい」という人はANAの旅割を利用すると良いでしょう。

株主優待

関西国際空港から新千歳空港へのフライトは、ANAもJALも片道当たり46,300円となっています。ですから、株主優待で予約した場合は50%OFFの23,150円となります。

事前予約による割引の航空券とは異なり、フライトの変更やキャンセル手続きが無料、というのも株主優待を利用するメリットとして挙げられます。

LCC

関西国際空港から札幌・新千歳空港への運行を行っているLCCは、現在のところPeachとJetstarの2社となっています。Peachの最安料金プランは「シンプルピーチ」で、片道当たりの料金は4,890円からとなっています。

一方、Jetstarを利用した場合、最も安いのは「Starter」プランです。片道当たりの料金は5,190円からとなっています。Peachは毎日6便運航しているのに対し、Jetstarは2便のみの運行となっています。ですから、LCCを利用すると決めたなら、まずはPeachの予約状況を確認してみましょう。

(データは2017年現在)

那覇空港から旅割・先得株主優待LCC

年間およそ2,000万人が利用する沖縄・那覇空港は、国内初のLCC専用ターミナルを設置するなど、利用者獲得に向けた積極的な戦略展開をすることで知られています。では、那覇空港から札幌・新千歳空港へ向かう場合のお得な航空券のプランをご紹介しましょう。

旅割・先得

沖縄・那覇空港から札幌・新千歳空港への直行便があるのはANAのみで、JALには直行便がありません。そのため、JALを利用しようと思う場合には2区間のフライトを予約する必要があります。ANAを利用する場合の普通運賃は70,100円です。

一方、旅割75を利用すると、直行便の最安値は20,300円、中部国際空港を利用した乗り継ぎ便の最安値は19,620円となります。JALを利用する場合には、那覇空港と羽田空港、および羽田空港から新千歳空港という2路線の利用料金を合算したものになります。

正規料金は片道当たり84,460円で、先得を利用した場合の最安料金は20,100円となっています。

株主優待

株主優待券を利用して那覇空港から札幌・新千歳空港へ向かう場合、ANAなら正規運賃70,100円の半額35,050円で予約することができます。

一方、JALの場合は42,230円が必要となります。また、ANAは優待券1枚で予約が可能であるのに対し、JALは2区間分として2枚が必要になることを覚えておきましょう。

LCC

沖縄・那覇空港から札幌・新千歳空港への運行を行っているLCCは、JetstarとVanilla Airの2社です。Jetstarを利用する場合、Starterプランの料金が最安値です。

片道当たりの料金は11,680円からとなっており、便数は1日3便です。一方、Vanilla Airでは「シンプルプラン」が最もお得な料金プランです。

片道当たりの料金は9,960円からとなっており、毎日2便運航しています。どちらの航空会社を利用する場合も、那覇から新千歳への直行便はありません。成田空港で別の便へ乗り換えることが必要となります。

(データは2017年現在)

中部国際空港(セントレア)から旅割・先得株主優待LCC

「ユニバーサルデザイン」をコンセプトとして設計されている中部国際空港は、「空への玄関口」としてだけでなく、「快適さを追求した空港」としても高く評価されています。では、セントレアから北海道・新千歳空港へ旅行する際の、お得な航空券をご紹介しましょう。

旅割・先得

中部国際空港から札幌・新千歳空港への片道普通運賃は、ANA・JALどちらも41,900円です。ただし、ANAの旅割75を利用した場合、最安値は片道当たり9,310円となります。

旅割55になると、片道当たりの料金は12,700円前後まで上がってしまうので、予定が確定している場合は早割75を利用しましょう。

JALも同様で、ウルトラ先得で予約をすると、片道料金の最安値は9,310円となっています。ただし、JALの最終便は午後6:40であるのに対し、ANAの最終便は午後7:45なので、「仕事を終えてから北海道へ向かう」という人にとってはANAの利用が便利と言えるでしょう。

株主優待

ANA・JALのどちらで予約をする場合でも、株主優待券を適用することにより、片道当たりの料金は41,900円の半額である20,950円となります。

GWや年末年始、シルバーウィークなど、利用者が非常に多く事前予約による割引があまり適用されない時期には、株主優待券を利用したフライト予約がおすすめです。

LCC

中部国際空港と札幌・新千歳空港の間で運行を実施しているLCCは、現在Jetstar1社のみとなっています。最安料金となるのはStarter料金を選択したケースで、片道当たり4,190円で予約が可能です。これは他の航空会社と比較すると圧倒的にお得な値段である、と言えるでしょう。

ただし、セントレアから新千歳のフライトは早朝7時発の1便のみとなっています。ですから、自分のスケジュールをよく確認した上で利用するかどうか決定すると良いでしょう。

(データは2017年現在)

格安航空券の購入なら
ANAやJALの株主優待券もいいけど
大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベル

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券の購入方法として有名なのは、ANA株主優待券JAL株主優待券を利用して定価の半額で国内線の格安航空券を購入する方法です。

ただ、この方法だとLCCの料金との比較や、早割などのサービスを利用することができません。そこで登場するのが旅行会社や旅行代理店が運営する格安航空券購入のポータルサイトです。

旅行会社や旅行代理店では会社の出張などの需要を一手に引き受け販売しているようなところもあるでしょう。大手の金券ショップであれば、直接企業とやり取りするような場合もありますし、大黒屋トラベルのようにグループ企業が格安航空券を販売しているようなケースもあります。

最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介していきます。

ANA・JALの株主優待割引や旅割・先得のような早割、LCCの料金の中から最もお得な料金を選べる大黒屋トラベルはおすすめの格安航空券購入サイトです。

このページをご覧の方には大黒屋トラベルの国内格安航空券もおすすめです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事

シェアする

フォローする